サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 08日

Letters~Folk and Blues~への個人的見解

この場ではご無沙汰してました。
おかげさまでオールタイムベスト盤、Letters~Folk and Blues~は無事発売決定となりました。
皆さん、ご愛顧まことにありがとう!
特設ページがオープンしました。
メルマガでは進捗状況をちょこっと報告していたのですが
商品化決定前から諸々作業進んでいました。
(やんないと発売間に合わないもの!)
商品化されなければすべては水の泡ですから
他人様の財布問題ではあるけれどちょっとどきどきしてましたよ。

できたものをざっと聴いてみて。
長く続いてきた漫画ってあるでしょ?
1巻を見てみると後半との絵のタッチの差にちょっと驚くことが
よくあるよね。時にはキャラも違ったりするね。
私は私自身のことだからより気付きやすい。
皆さんが聴いてもそうは思わないかもしれない。
でもちょっとその感覚に似た驚きがあった。
曲が時系列で並べられているのでわかりやすい。

デビューした頃の私には理想の発声があったんだろうなあと思う。
(今の私に設計図はあっても理想はない。)
私が発声において私以外を目指すことは無理だし意味のないことだと
どうやらファーストアルバムの途中くらいで気付いてる。
その後も少し迷った形跡はあるけれど
基本的には我が道を進んでいる。
2時間前後のステージを連日やるってことに慣れると
自分にとって負担の少ない方法を編み出さざるを得ない。


たくさんの人々に支えられてきた。
忘れていたことを思い出した。
ミュージシャンとしてはもちろんのこと
ひとりの人間として
皆さんへの感謝を改めて思い出させてもらった。
そういう意味でもありがたいチャンスです。

では皆さん、世間はいよいよバカンスシーズン突入。
9月には西日本ツアー開始しますから
楽しい休日が終わってもサンタラのことを忘れないで情報チェックしてみてね!





[PR]

# by santarablog1 | 2017-08-08 22:51 | お知らせ | Comments(1)
2017年 07月 10日

稲沢、近江八幡

稲沢、近江八幡と歌ってきました。

ご一緒させていただいた高橋研さんとはFirst Meetingのイベントタイトル通り
初対面だったのです。
初対面の場にセッションがあるとお互い寄りそえる口実ができていいな、と思う。
初対面の割にだいぶ盛り上がりました。
研さんはシャイで優しい方でした。
ありがとうございました。
ご来場の皆さん、カフェサルーテ、酒游舘、ありがとう!
9月からのツアーでまた皆さんとお会いできたら。
b0113844_22183607.jpg
稲沢にある国府宮のお守り。なんかかわいい。

さて
もうご存知かと思いますが
オールタイムベスト"Letters Folk & Blues"の予約が開始になってます。
もう諸々作業が進んでいるんですよ。
でも規定枚数に達しないと製品化されないんですって。
こちらをチェックしてみてねー。



昨年の秋、小石原焼の産地、福岡県東峰村に行ったのです。
とてもいいとこだったよ。
また行きたいと思ってる。


一日も早く復旧しますように。
そう言えば昨年のちょうど今頃、九州ツアーで雨がすごかったんだったなぁ。



[PR]

# by santarablog1 | 2017-07-10 22:21 | | Comments(2)
2017年 06月 06日

幸せの微ーチサンダル

梅雨前のこんな時期は
一年の中で一番いいんじゃないかな。
特に木陰と夜は最高。
こういう空気を身体いっぱい吸い込んで
梅雨を乗り切りたい。

さて
メルマガ100号記念プレゼント企画、
当選者の皆さんの微ーチサンダルできました!げんべい製。
b0113844_14130140.jpg
このビーサンならぬ微ーサンは
それぞれいただいたお題に沿って私が台と鼻緒の配色を決めたもの。
皆さんと私の共作、というわけ。
向かって一番左のお題は「五山の送り火」。
台は黒、または紺でもよかったんだけど
京都らしさを出したかったので敢えて抹茶。
真ん中のお題は「ネットゲーム」。
ネットゲーム!
難しい!
RPGなのかパズルなのか、それとも…。
考えた末に「光と通信」をテーマにしました…。
右のお題は「不良中年」。
これもちょっと悩みました。
本当は白×ゴールドがよかったんだけど
げんべいにゴールドの鼻緒はない。
結果、ジロ―ラモ氏というよりは火野 正平氏っぽくなったので
ご了承ください…。

こういう遊び楽しい!
またやろうね。



[PR]

# by santarablog1 | 2017-06-06 14:15 | 微熱の窓辺 | Comments(1)