サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 01日

ひとことお礼とお知らせ

昨日は雨の中、パルコ劇場へご来場ありがとう。
blogちゃんと書く時間がない。
今からレコーディングへ行ってくる!
深夜はbayFMに喋りに行く予定。
そして明日博多へ行くぜー。
なんでこんなスケジュールなんだろう・・・。

しかし博多密会マニアで待っててくれ!楽しみにしてます。
[PR]

# by santarablog1 | 2007-10-01 11:05 | お知らせ | Comments(2)
2007年 09月 29日

にくいぜ、のぞみさん

DREAM DIVER聴いてくれているかな?
今回のキャンペーンは生番組出演より収録ものの方が多いかも。
サンタラがもうすでにお邪魔した街の方々も
放送はまだ先だってこともありますので
オフィシャルHPでチェックしてねー。

新幹線には大変お世話になっています。
広島東京間が4時間弱ですよ、のぞみさんのおかげで。すごいよねぇ。
でも正直言って疲れる。
のぞみさんはかなり揺れるし狭い。
通過するのぞみさんを見ているとこの世のものでないみたい。
轟音で駆け抜けるアレに人間が乗ってるなんてちょっと信じられない。


昨日の広島帰りののぞみさんはほぼ満席。
となりに座ったおじさんは身なりもこぎれいで、感じのよいナイスミドルでしたが
ものすごく「すいません」を連発する人でした。
何も迷惑かけていないのに、動作のひとつひとつにもれなく「すいません」が付いてくる。
おじさんは3列シートの通路寄りの席、私は真ん中の席なので、
私の前を横切って動作が行われる訳ではない。
にも関わらず。
携帯持って席を立つ時、弁当を広げる時
ワゴンからコーヒーを買う時、鞄から新聞を取り出す時
いちいち「すいません」と小声でことわるわけである。
最初は「いいえ」「大丈夫です」とかなんとか答えていたけど
おそらく私に向かって言っているというよりは単なる口癖じゃないかと判断し、
途中から「すいません攻撃」と名付け勝手に言わせておいた。
眠かったからね。
しかしそれは逆効果だったね。

私の沈黙をご自分の落ち着きのなさに対する怒りの表現だと受け取ったらしく
彼はますます落ち着きをなくし、
こちらをチラ見している気配が伝わる。(っつーか窓に映っている)
そして「すいません」の数はますます増えて、何故か罪悪感にかられる。
私は「すいません攻撃」対策の方針を軟化させ、
大阪から東京まで
「いいえ」という返答を持ってしておじさんに付き合うハメになったわけ。
眠いのに。

すべてのぞみさんの席の狭さが悪いのである。
飛行機だってそうだ。
他人同士があんな密着して座るなんて無理!
文句があるならグリーンに乗りたまえ。
いやその通りだけどね・・・。
[PR]

# by santarablog1 | 2007-09-29 01:40 | その他 | Comments(3)
2007年 09月 25日

深夜のつぶやき

ここ数日はレコーディング。
面白いと思うよー、次のも。
キャンペーンしながらライブありながらレコーディングもやる。
やるったらやる。
DREAM DIVER発売当日は関西、翌日は広島。
名古屋で収録してきたインタビューとかも放送予定だったような。
お近くの方はぜひラジオ系チェックしてみてね!

昨日のこと。
レコーディング終わって深夜帰ってきて、風呂に入り髪を洗う。
使い捨てコンタクトレンズが眼球に張り付く感じでごろごろする。
あれってやーですね。
(眼科でいつも「使用時間が長過ぎ。」と注意されるので
最近では「8時間くらいっす」と虚偽の申告をしてしまう。本当は軽く14時間くらい。)

帰宅後すぐにばりっと剥がして
悪態の一つもつきながら、ゴミ箱に放り込みたいところだが
そうすると風呂の中で何も見えないから、ぐっとこらえる。
そしてもう風呂から出てすぐ外す。
この開放感ったらないね。
しかし髪をタオルでわしゃわしゃしたいのだよ。洗ったから。
眼鏡を付けていては思いっきりわしゃわしゃできない。
裸眼では鏡が見えないし、顔部分のスキンケアとか諦めたくなる。
視力が弱いとはなんと不便なことか!
たまに飲み過ぎて、夜中に喉が渇いて目が覚めて、
ベッドから起き上がってキッチンまで行くのに手探りで眼鏡を探す時とか
なかなか眼鏡にいき当たらなくて泣きそうになるわけ。
眼鏡と思ったらだいたい髪留め。
私の髪留めと眼鏡、色や大きさが似てんだよなー。

だから私の実力というのは、本来眼鏡と髪留めの区別がつかないくらいの役立たずレベルです。
普段歩いたり、電車乗り換えたりできているけど
あれはコンタクトレンズ様によって大幅に底上げされているだけである。


視力が弱い人はたいてい一つや二つ、伝説を持っている。
高校生の頃、寝転がる妹だと思って座布団のかたまりに
声をかけたことがあるけどね。
もちろん返事をしなかったから気付いた。
誰も見てなかったが思わず赤面したのを覚えている。
知り合いのKさんは
公園で猫がひなたぼっこしてたので「可愛いー!」と思って触ったら
猫の死体だったそうだ。
爆笑したけど、それはなんか視力の問題ではないかも~。
[PR]

# by santarablog1 | 2007-09-25 00:58 | その他 | Comments(8)