<   2013年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 06月 24日

うたの日

アルバム皆さんのお手元に続々と届いているようで
少しずつ感想もいただいてます。
とても好評なようで嬉しいです。

昨晩はうたの日。
東京うたの日はBYGが主となって毎年この時期に行われます。
もう5回目くらいになるんだろうか、このイベントに参加するのは。
今年はスケジュールの都合上、サンタラとして参加できず私個人で。
渋谷クアトロでBYG BLUES BANDとともに数曲歌いました。
年を追うごとにただのゲストボーカルから、毎年恒例のゲストボーカルに変化していってると
勝手に思う。
それはサウンドがどうこうではなく「お、今年もまだ音楽やってますね!」「あんたもね!」
というお互いの因果を確認しあうことの蓄積。
愛着というか、仲間意識がようやく芽生えたような気がする。
そうしようと努力することなく。極自然に。
数年の蓄積は無駄ではないのだ。
b0113844_17194096.jpg

ちょうどPORTRAITが出て、10年について色んなところでお話する機会が多い。
サンタラが超マイペースに10年やっている間に
たくさんの方々が音楽そのもの、音楽業界から離れていった。
長くやりゃいいってもんでもない。
短くとも濃いものはいくらだってある。
美意識としてはそっちの方が好きなくらいだ。
でも長く続けると、色々いいことあるんだなぁと
思わせてもらった夜だった。

前半、合唱団の子供達が出演した。
BYG BLUES BANDとゴスペルの競演。
控え室に響く子供の声。
本番10分前にケンカして泣く。
本番はちょっと緊張して、かたくなる。
さっきまでののびのび感はなんだったんだ?
客席でぴょんぴょん跳ねながら聴いている姿。
ステージからいじられた時の反応。
心の動きをコントロールしない彼らの姿は本当に素敵だった。
大人はかっこつけてやだねー。
でも大人の役割はかっこつけることだったりねー。

さて、大人の私は今週末東北ツアーです。
かっこつけるために頑張るよ。
今日もちょっと打ち合わせして軽くリハーサル。
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-24 22:18 | その他 | Comments(1)
2013年 06月 19日

本日発売にて

サンタラNEWアルバム「PORTRAIT」本日発売です。
すでにツアーが始まっているのですっかり発売してた気持ちになっちゃってるけど
今日です。
聴かれた方は感想などお寄せいただけると嬉しいなぁと思ってます。

アルバムを作ろう!と気負って始めたレコーディングではないし、
機会に恵まれ、人とのつながりに恵まれ、
それに甘えてついつい本気になっちゃった。
で、17曲も録音してしまった。

過去を振り返ったり、思い出に浸ることに関して罪悪感がある。
セルフカバーなんてのは美意識的に、私に合わないと思っていた。
しかしいざ録音してみると、それはまったく違った。
過去の作品に驚いたり感心したり翻弄されたり困らされたりした。
つまり過去の我々は今の我々にとって新鮮だったのです。
過去の私は今の私にとって、思ったより他人ということなんでしょう。
もしかして経験が蓄積されていってないんでしょうか。
だとしたら人間として大問題です。
まぁいいや。それは後で個人的に考えるとします。

サウンド的にはとってもとっても生々しいのが録れてます。
ヘッドフォンで聴いていただくともっとパーソナルな関係を楽しんでもらえる気がします。
一曲一曲が
友達のように、恋人のように、もう一人の自分のように。
息をしてるし、喉がなっている。手を動かしている。服がすれる音がする。カップを置く音がする。
笑っている。泣いている。怒っている。諦めている。上を向いている。
b0113844_12472566.jpg

サンタラとしてデビューして10年。
センチメンタルな気持ちも感慨も特になく
とてもドライに「10年か。」と思います。
いつまでやるんだろう?と思います。
まさか10年後も「いつまでやるんだろう?」と言っているんじゃないでしょうね?
怖い。背中がうすら寒くなってきました。
でもセルフカバーを出して終わりでは美意識に合わないので
少なくとも新作を一枚は出さねばならない。
とか言ってるから、全然辞めれないのよ…。

ぜひ聴いてね。
自信あるよ。
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-19 12:48 | お知らせ | Comments(2)
2013年 06月 18日

名古屋・金沢

今回のアルバムが過去10年を振りかえって作ったものであるからして、
デビュー直前から出演させてもらっている名古屋TOKUZOとも
やはり10年来のお付き合いということになる。
考えてみれば、現在のホームである東京にも、サンタラ生まれ故郷の京都にも
コンスタントに10年出続けているハコはないのだった。
毎度ありがとうございます。TOKUZOさん。
b0113844_15142745.jpg

そんなTOKUZOさんのステージ。私のセッティング。
すっごくブルースハープが吹ける人みたいだ。そうでもないんだけど。

終演後、手羽先で数杯。ステキなバーで数杯。
泊ったホテルはミュージシャンだらけだった。
ミュージシャンというのはひと目でばれる。
業が深い顔をしている。外道ばっかりだからな。
なーんてね。おまえもな。おまえもね。
とエレベータの中で思い合う。


翌日、岐阜を通過して金沢へ。
金沢はもっきりや。
ちなみにブルースハープのセッティングはTOKUZOと変えてみた。
すっごく吹ける人みたいな発言だが、そうでもない。

終演後、もっきりやの姉妹店PAPER MOONで一杯、ではなく数杯。
人間だけでなく、猫も飲みに来る店。
b0113844_15151810.jpg

b0113844_15155240.jpg

金沢と猫はよく似合う。

さて、名古屋、金沢各会場へお越しの皆さん。
愛をどうもありがとう!また会いましょうね。
明日はいよいよNEWアルバム発売日。
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-18 15:18 | | Comments(1)
2013年 06月 11日

男の子のガレージ&オアシス

NEWアルバム「PORTRAIT」の録音をしたホームグラウンドBSTスタジオ。
音関連で何かあれば相談に行く。
昨日はたまたまエンジニアむとーさんも来ていて
私のマイクシールドを作ってもらった。
マイクシールドといってもボーカル用ではない。ギター用でもない。
ブルースハープ用のシールドだ。
そんなに器用に吹けるわけでもないのに大袈裟だが、これには理由があるのだ。
今週末の名古屋、金沢公演ではよりストレスなくプレイできるように。
ツアー初日や、前半の緊張感はもう絶対後半にないけれど、
後半には後半のアップグレードがある。
b0113844_22391084.jpg

しかしどうだ。
れっきとした仕事場ではあるが、男子諸君は萌える写真であろう。
これぞ男の子の部屋。

あ、そうだ。金沢公演は学割設定もあります。
こないだキャンペーン時、近江町市場で牡蠣飲んでゴキゲンで設定しました。
b0113844_22394822.jpg

学生証持ってこい!

さて、明日は
東京演者兄弟会 旗揚げ公演 『オアシス~僕らのいるべき場所~』
初日でございます。
サンタラの曲が数曲使われています。
予告編が公開されたばかり。

劇団というものを初めて垣間見させていただいた。
脚本、演出、出演、キャスティング、転換、宣伝、大道具小道具衣裳にいたるまで、
劇団員、最小人数のスタッフでこなすという、
まさにバンドみたいな感じ。
なのになんだか音楽と全然違う。
面白い。


そして「PORTRAIT」試聴続々更新されています。
私の解説付。
新譜だと言い訳っぽくてやったことないけど、セルフカバーならありでしょ。
こちらでチェック!
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-11 22:43 | お知らせ | Comments(1)
2013年 06月 09日

近況

すごいいい加減なタイトルで嫌になるが近況としかいいようがないので近況。

まずは前回書ききれなかったツアー以外の活動。
旅のついでに各地キャンペーンしてまわっていました。
デビュー当時から大変お世話になっている各地のFM局へ。
大阪、広島、山口、福岡、名古屋、富山、金沢といっぱい喋った。
収録物も録ってきたのでオフィシャルサイトでチェックしてみてね。

ファンの方がこんな風にかわいくしてくれていたサンタラバンダナ。
b0113844_21586.jpg

また福山公演もあるので広島の皆さん、ぜひいらっしゃい。
あ、グッズ関連。Tシャツ好評です!サイズ感、前回と変わっておしゃれ度UPしてます。


山口県柳井の町の金魚ちょうちん。大好き。可愛すぎる。
b0113844_2155158.jpg

小学生の頃、夏休みの宿題でこれを作った。
竹ひごがうまく曲がらなくて特大金魚ちょうちんになってしまって
大変恥ずかしかった記憶あり。
山口でも歌うんよ。「Home」を地元で歌う。あぁなんか恥ずかしいな。
恥ずかしがってばかり。
FM山口で出た話題。「押しピン」が方言だったとは!
画びょうのことなんですけどね。
後、「すいばり」って言葉があって、すいばりは変換する言葉がないんよね。
困るわー。


大阪の楽屋に届いたファンの方の貢物。京都の生チョコ。うまいです。
b0113844_2161013.jpg

毎年恒例、京都磔磔やりますよ。今年も。
今回は大阪で飲めなかったので、京都で飲むぞ。

ツアーの合間にメールでやりとりしていたのは
東京うたの日、BYG BLUES BANDのバンマス山本隆太さん。
スケジュールの関係でサンタラとしては参加できなくて大変残念ですが、
私はBYG BLUES BANDで歌います。6/23ね。渋谷クアトロです。
ツアー先のホテルの部屋でメールやデータのやりとりでかなり事前準備が進むなんて、便利になったなぁ。
訳詞もひとつ歌うよ。この詞は成長しそうな気がする。
そのうちサンタラのステージにフィードバックできそうな気がする。


東京に戻ってすぐに
東京演者兄弟会、通称tABuの舞台通し稽古に立ちあい。
我々の「PORTRAIT」から数曲が大事な場面で使用されます。
出演者の皆さんの気迫に押されっぱなしの数十分でした。
本番が楽しみです。

翌日Webのインタビュー。
サンタラ特集ページだそうです。うれしいなぁ。
ステキな女性ライターさんだった。
「PORTRAIT」の収録曲「スマートボールブルース」の生まれ故郷、豊橋のご出身だそうで
話が盛り上がる。
その後、御茶ノ水。いつもお世話になっている谷口楽器さんでマイクを試す。
谷口楽器はリード楽器の専門フロアがある。
ブルースハープはリード楽器なのよ。
名古屋、金沢でパワーアップできるように頑張るよ!
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-09 21:13 | その他 | Comments(1)
2013年 06月 04日

旅の報告

旅です。旅。
NEWアルバムは西日本から順々にご贔屓様の手に渡っております。
合間合間にラジオ局などにお邪魔して、色々喋ってます。
このブログを更新してなかった間、西を駆け巡ってます。

とりあえず、ステージのことだけ報告します。
まずは広島。
19というライブハウスは19階にありまして、ステージの後ろがガラス張りでして、
開演から終演まで刻々と、空の色もビルの様子も変わっていって、
しかも西日本は日暮れが遅く、月はちょうど満月で
なんという力強い共演者でしょうか。
あの夜でしかできないライブでした。
ちなみにその夜カープは負けたのでした…。
広島ではお客さんがみんな身内に見える。
嬉しくもありちょっと照れくさいもあり。広島は特別な街です。
よその街の皆さんもぜひ広島公演にいっぺんきんさい。なんか違うよきっと。

翌日は博多。
あったかいお客さんに囲まれ楽しく過ごし、
終演後には西新という街の商店街に関係する皆様と楽しく過ごし、
あまりに楽しかったので次回のライブを西新でやることになりました。
西新は東京で例えるなら、中野のような下北沢のようなところだそうです。
今からライブが楽しみ。博多がもっと身近な街になった気分です。
翌朝、ずっと行きたいと思っていた陶器屋さんで
ずっと欲しかった器を激安でまとめ買いした。すっごいテンションあがった。

しばし中国地方で滞在して、高松。
高松では、まず真昼間から超久々のインストア。
長い商店街の一部が複合施設になっているような不思議なつくりの丸亀グリーンという場所で。
昼間の往来で歌っていい数少ない曲を選び歌いました。
その後、商店街を歩いていると
後ろから自転車にまたがったおじいさんに呼び止められ、
「あんたさっき歌ってた人でしょ?ありがとうねぇ。楽しかったよ。」
と言ってもらいました。
嬉しかったです。出会いあり、再会ありで楽しかった高松。

翌日大阪。
大阪、いや関西地区というべきか、本当に長く熱く応援してくださる皆さんが多い場所です。
やはりサンタラは関西の文化を吸収して生まれた音楽なんだなぁ。
ジャニスのびしっとした照明のおかげで
去年の大阪カフェシリーズとは全然違うムードが生まれたんではないかと思います。
集中力の使い方を楽しみました。

ライブ以外でもキャンペーンで色んな街へ寄ってます。
その話はまた次に。
PORTRAIT一般発売まであと15日!
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-04 22:57 | お知らせ | Comments(2)