サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2013年 04月 30日

お知らせと焼いも

GW真っ只中。
皆さんどうお過ごしですか?
我々はCDリリースしてツアーするってのはこんなにも大変なもんかい?
と思う忙しさだ。
少ないスタッフと我々と協力会社様とだけでやっているからこそ
贅沢な作品ができるというからくりでございます。
できればもうちょっと儲けたい。
そして関係者各位に儲けを配分させていただきたい。
あ、アラフォーとしての本音が・・・。

しかし下準備をじめじめと進めてきた甲斐があり
それらが入稿され、できあがる日は一気にくるわけで
まさに今怒涛のように入稿→結果みたいな時です。
ここ数日はツアーグッズやポスターが出来上がってきて、
とてもいい感じで嬉しい。

さて、だからして皆さんにお届けするNEWSが続々あるんです。
これからも続々あります。
ツアースタートもあとひと月切ったこのタイミングで。
まずは世の中なにがなんでもSNSらしいです。
私自身はまだ手をつけていないfacebook限定企画
かっこいいポスターができたので色んな所に飾るキャンペーン。
あと、ちょうど10年前に「High&Low」を出して、その収録曲でもある
「サイモンの季節」をこの度もリレコーディングしたので、
これを記念して
今までのアー写を一気に公開しています。
だいたいオトナ女子にとってここ10年の写真を並べるというのは
ほんと拷問に近いですけど、まぁ慣れました。
これが自らを晒す仕事の真骨頂です。

で、一番皆さんに見てもらいたいのはコチラです。
アルバムのダイジェスト音源
ダイジェストは続編もある予定なのでお見逃しなく!

お知らせだけだと寂しいので、さっき思い出した素敵な話を。

あれはまだ寒い2月のことでした。
近所を散歩するイクメンとその子供(よちよち)。
パパ「見てごらーん。これ霜柱だよ。」
子供「・・・焼いも?」
パパ「・・・焼いもじゃないよ・・・霜柱。」
子供「これ焼いもになる?」
パパ「・・・・・・ならないよ・・・。」

わかる。わかるよ、子供の気持ち。
霜柱ってあんまり見たことないけど、
でもあの小さな尖った柱がいくつも立ち上がった感じは
焼いもを両手で持って真ん中で割った時の、あの断面に似てるよね!
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-30 00:18 | その他 | Comments(1)
2013年 04月 21日

アートワーク

今回アー写やジャケを撮ってくれたのはのりのり、
といつも呼んでいる猪瀬紀子さん。
b0113844_2145666.jpg

考えてみればのりのりと知り合ったのは10年前のHigh&Lowというアルバムを出した時。
アー写を撮ってくれたのだった。
完全なる西人間だった私が「大人になっても友達ってできるんだろうか??」と
妙な心配をしていた時、
仕事を通して知り合って、仕事ぬきで会いたいと思った珍しい人だった。
あれから10年、仕事時々、プライベートちょくちょくで
ずっと側にいた人だった。
そんな彼女に撮ってもらいたいと思う節目だった。
よかった。
メイクは加藤リーヌ。
カトリーヌといつも呼んでいる。
カトリーヌの師匠はやはりHigh&Lowでメイクしてくれた小野さんで、それが縁で
改めてのりのりが紹介してくれたとても素敵な女性です。
私が男だったらどうにかして彼女と結婚する。
「三番目の恋人」のPVからこっちずっと彼女のお世話になっています。
今回のアートワークはカトリーヌのメイクありきで考えた。
b0113844_215382.jpg


デザインとイラストはRuiちゃん。
彼女は若くて、こちらのリクエストに柔軟に対応してくれる。
さらに私達が描く頭の中のイメージを具体的に形にしてくれる。
それ以上に膨らむことも多い。
だからえらいデザイナーと一緒にやるよりも面白いことが色々あるんだ。
彼女はまさにこのプロジェクトの途中、瀬戸内の離島に移住した。
私は後輩を可愛がる気質が全然ないようで、いつも先輩がたに甘えてばかりだけど、
Ruiちゃんを見ていると、愛しい。
後輩が運んでくれる幸せってあるなぁ。
独立してすぐに一緒にやるようになったけど
どちらもすごく成長したのがよくわかる。
私達も若いRuiちゃんと同じく成長したぜ。

こだわりのアートワークです。
ぜひ皆さんにデータでなく、商品として楽しんでもらいたい。

で、さらにライブに来てくれる皆さんには、より楽しんでもらえる特典を考えましたよ!
CDとライブ、セットならばCD未収録音源をプレゼントだ。
詳しくはコチラ
もちろん先行発売の会場ではその場で購入すればもらえます。
これがまたすごいお蔵音源。
勇気がいったよ・・・。
でも面白いと思う。
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-21 21:08 | その他 | Comments(1)
2013年 04月 18日

マスター音源完成!

NEWアルバムマスター音源がとうとうできた。
本日マスタリングが終って、工場へ持ってく準備ができたのです。
長かったぁーーーー!
昨年秋からぼちぼち録り始めておよそ半年。
その間に
私のポリープ騒動があったのでその間ひと月弱お休みして、小さいツアーもやり、
山あり谷ありで・・・あ、山はそんなになかったわ、谷の方が多かった。
でも歌う瞬間、アレンジを推敲する瞬間、
一瞬一瞬で今の自分と過去の自分が向き合えたと思う。
今までのどの作品より、素です。
背伸びまったくしてない。できてない。
けど、あぁこんな表情ができるんだな、やっぱり一枚目のアルバムから数えて10年やったんだな、
と納得する結果もたくさんあった。
単なるベスト盤、リテイク集ではないと自信を持って言えます。
きっと砂田くんもおんなじ気持ちでしょう。

エンジニアむとーさんは相変わらずサンタラの一部であり続けてくれた。
スタジオオーナーでありエンジニアでもあるジョージさんには根気強く付き合ってもらった。
今までずっと関わってきてくれた森さん、朝倉さん、御供くん、
そしてスーパーゲストの大御所ドラマーA氏(これはまだお楽しみにしとこうか。)、
とてもいいプレイをもらった。
そうそう、歌う人間の職業病、ポリープをきちんと切ってくれたこまちゃん先生。
朗らかな先生のお陰でブルーになることが全然なかった。

ミュージシャンとして幸せです。本当にありがとう。
みんなに早く聴かせたいなぁ。

あ、お知らせです。
今回の「PORTRAIT」から数曲が東京演者兄弟会『オアシス~僕らのいるべき場所~』
で使用されることとなりました。東京演者兄弟会、通称「tABu」です。
本日チケット発売だそうです。
どんな芝居になるのやら!
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-18 21:07 | その他 | Comments(1)
2013年 04月 12日

物欲

欲。
食欲、性欲、睡眠欲。
三大欲は人間の基本で、これがなくなると病人、もしくは死人とされる。
三大欲以外にも欲はいっぱいあり、
生きながらにしてこれらを断ち切ればすなわちこれ解脱。
早くその域に達したいものですなぁ。さぞかし楽でしょうなぁ。

さて、私は根っからの俗人間らしい。
自分のエネルギーがなくなると物欲もなくなる。
ささやかなものでも、あれこれ欲しいと思っている今がいいみたい。

去年山口県萩を訪れた際購入した萩ガラスのグラスが非常によい!
一年弱経ってじわじわきている。
b0113844_21471021.jpg

萩ガラスはカリガラスで、普通のソーダガラスより硬いんだそうです。
だから傷がつきにくい。よってくもりにくい。
一年弱がんがん使ってみて、実感。
他のグラスと比べて明らかにくもらない。
飲み口も薄くて、がさつな私でもまだ割ってません。
ビールを飲むのに最適。
淡いグリーンはデフォルトです。萩の笠山の玄武岩でできている。

朝は必ずコーヒーを飲む。
それなのに私の道具ときたら
蓋が割れてしまったティーポットにどっかで間に合わせに買ったままのドリッパー。
しかももう3年くらい馴れ合いで使ってきた。
馴れ合い・・・。詞的には美しいと思えないでもないが、
女子力的には大変よくない。
というわけで、京都にてイノダのコーヒーポットとドリッパーを買った。
b0113844_21472822.jpg

美濃焼だそうです。
この濃い飴色がとてもいいと、前から思ってたんだ。
イノダオフィシャルのネーミングが「土瓶」と「ロカ器」であるところがまたいい。
使ってみて驚いたが、どんなコーヒー豆でもイノダっぽい味になる。
ドリッパーの穴がひとつだからかな。濃い目。


綿毛布が欲しかった。
綿毛布は一年中使う。毛布ってたいがい実家に余ってるよね。
お歳暮とかお祝いのお返しなんかで、箱に入ったまま押入れにしまってある。
だけどもうそれちょうだい、とか言って
チューリップとかバラとか猫とか変な柄のヤツをかけて寝るのはイヤなのよ!
買った。
b0113844_2153412.jpg

超長綿でできていて、ほこりがでにくく、日本製。
綿なの?ほんとに?っていうぐらい肌触りがいい。
すごく暖かい。冬の間に買い換えなかったのが悔やまれる。
夏用に超長綿でできたタオルケットもあるんだってさ。絶対買う。

今探しているのはトースト用の皿。
山型食パンのトーストが一枚のっかればそれでいい。
縁があんまり持ち上がっていたりするとよくない。
ほどほどの持ち上がりで、シンクで邪魔にならない大きさ。
去年から探しているけど、どれも大きすぎたり小さすぎたりで
買うに至らず。
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-12 21:54 | その他 | Comments(2)
2013年 04月 07日

映画、芝居を楽しんでいる

最近、ふと思い立って
DVDで「蒲田行進曲」を観た。すごくよかった。
ぜんぶ嘘でいいのよ、ステキな嘘なら世知辛い本当よりいい、と思ってしまう。
すべてにおいて肉弾戦。
最近のよくある映画のふやふやした感じと全然違う。
風間杜夫氏のダサくてめちゃくちゃな感じ、
平田満氏のダメな感じも迫力です。
でも何がすごいって松坂慶子氏の美しさ可愛さ色っぽさ健気さ。
松坂氏のためにある映画と言ってもいいんでは。
私らと同世代、またそれ以下はきっと観たことないんじゃないかな、観なよ、いいよ。
今、私の中では昔の大ヒット映画を観るブームです。
「E.T」も観た。
「E.T」はDVDだとスペシャルエディションだとかなんとかで
CG処理されていて、当時映画館で観た迫力がない。
いらんことするなよ。
当時多分、小学校1年とかで、開演を待ちきれず前の回の上映をすきま観て、
「E.T」のビジュアルに衝撃を受けた。
怖すぎて母に「観たくない」と訴えたところ、「ふざけんな!」と一喝され、
泣きながら席に着いた覚えあり。
でも終演後にはすっかりE.Tのファンとなり、後日例の自転車を買ってもらった。
その頃マウンテンバイクは珍しくて
近所のお兄ちゃん達が集団で見に来たっけ。タイヤがごつごつしていてかっこよかったっけ。
次に時間ができたら「グレムリン」観るんだ。
「バックトゥーザフューチャー」もいいな。


パルコ劇場へ行ってきた。
今年40周年だそうで、40周年ってすごいね。
そう言えばすっかり忘れていたけれど、昔パルコ劇場で歌ったことある。
映像も残ってる。どっかでまだ観れるかな、youtubeとか?
当時、
楽屋が畳の部屋で鏡に向かってメイクしていると「もしや美輪先生もここに・・・」と感慨深かった。
ステージ上ではなんだか広いなぁお客さんが遠いなぁと思ったが、
観てる立場になると臨場感たっぷりで全然そんなことなかったのでした。
ま、いい席取っていただいたからだけどね。

内容は大人のサスペンスコメディーで
よーく考えられたあらすじに隋所にちりばめられたアイディアと笑い。
名優さん達が奮闘しているエナジーが伝わってきて
大人が8000円払って観るに相応しいと思った。
大人が超気軽に8000円払って
「あぁ面白かった!いやなこと忘れた!さて感想を肴に一杯やりますか!」
って感じに早くしてくれ、日銀さんよ。
「趣味の部屋」というお芝居です。
地方公演もあるらしいのでぜひお楽しみあれ。

さて、mixも徐々に始まって、いよいよですよ。
頑張るぞう。と言っても頑張るのはエンジニアむとーさんですけどね。
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-07 22:49 | 映画 | Comments(1)