サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2012年 11月 26日

晴れ女がゆく

一泊二日。女ふたりの小旅行。

予報では一日目が曇り時々雨。二日目が終日雨予報。
でも雨は降らないだろうと思った。
根拠はないけど、強いて言うなら「降ってほしくないから」である。
私は雨女ではない。むしろ晴れ女なのだ。
我々のライブの日に雨が降りがちなのは、私のせいではない。
雨男、雨女は、砂田くんか、もしくは来てくれるあなたである。
でもまぁいい。ライブはインドア活動だし。風流だと思えば許せる。
しかしガシガシ歩くと決めた日の雨は風流で片付けられない。
というわけで、傘は持たずに出かけた。

初めて日光東照宮を観た。
b0113844_21204447.jpg

とにかくカワイイ。すごいハイテンションなカワイイ。
b0113844_21211470.jpg

濃い、くどい、カワイイ。
さすが世界遺産登録。
拝殿の中に入る。
襖絵を見て「なにこれ」「ヘタクソ」
「将軍が描いたんじゃね?」「じゃなかったらここにあるの許されなくね?」とか言ってたら
狩野探幽作だった。
すいませんでした。
b0113844_21215860.jpg

しかしあぁでもないこうでもないと言いながら
この日光二社一寺を観るだけで3時間と少しかかった。
なぜかまったく喋らない外国人団体客の隣のテーブルで
遅いお昼(とビール)をゆっくり楽しんで、鬼怒川へ移動。
温泉、地酒、おしゃべり、爆睡。

翌日は日光そばまつりへ。
知ってる?そばまつり。めちゃくちゃ楽しいよ。調べてみてね。
大谷川沿いに細長く広がる公園で行われたのだが
蕎麦もさることながら、この公園が素晴らしく美しく、
オススメです。だいや川公園という名称。

他にも戦慄のなんとか病院みたいな恐怖感を味わせてくれる猿山や
幼少時大好きな薪を拾いながら稼業の本屋を手伝ったと言われる二宮尊徳翁の神社など
歩きまくり二日間だったが
やはり雨は一度も降らなかった。
一番言いたかったことは、予報が全部外れて「雨が降らなかった」ということである。
まいったか。
あと二日目の写真ナッシング。きれいな公園とか言いながら写真なし。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-26 21:27 | | Comments(1)
2012年 11月 12日

Harvestと鏡

雨の中、吉祥寺Harvestにご来場の皆さん、ありがとうございました!
心づくしの貢物もありがとう!
持ちこんだハープ用アンプがリハで調子悪くて困ったのですが
マンダラ2、PAの浅井さんがさっと修理してくれました。
b0113844_22554691.jpg

助かりました。感謝。
本番。
皆さんの身体がリズムを刻んでいるのがよく見えた。
新曲をいくつか歌った。
我々のトークの危うさをあんなにも当然のことのように楽しんでくれる東京は
まさにHOMEであることだ。
嬉しかったです。
2月に皆さんの前でリニューアル喉で歌えるのを楽しみにしています。
この調子で大阪、豊橋も楽しみたいです。

さて、
前にも書いたことがあるけど、私は物持ちがいい。
物を大事に使っているかと言われればそうでもない。
逆に物に対してこだわりがなさすぎて、普通に使えれば、
気に入らなかろうが汚れようが不便だろうがそのまま使い続け、
使っていることを忘れてしまう。
でももうオトナなのでそういうことはやめにしたい。
ちゃんと気に入った上等の物を購入して、長く愛しながら使うようにしたい。

中学生の頃から使っている鏡が
とうとう一昨日割れた。
この鏡を使っていることを私自体すっかり忘れていて、忘れながらにして毎日使っていた。
(妹がうちに遊びに来た時に指摘され、驚愕され、使っていることを思い出したのだが。)
割れた鏡を見る。
何度も何度も引越ししてるのに、なんで買い換えなかったのかと
自分自身情けないくらい、古びた、それでいて味が出るといった類のものでなく
改めて見れば見るほどしょうもない鏡である。
20年使っていてそれはないだろう。ごめんな鏡。

で、私は鏡を買います。
いいのを買うわ。20年持っていても恥ずかしくない鏡。
メイドインジャパンの。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-12 22:56 | その他 | Comments(2)
2012年 11月 05日

なんでか最後は酒の話となる

日本シリーズ面白かったです。
そりゃ愛するカープがCSに出れなくって当たり前だよ、と愛をこめて納得したよ。
レベルが違うよ。
あぁ楽しみだなぁ、カープが優勝する日が来るのが。
その頃私は何歳だろうか。
嬉しいだろうなぁ、自分が成し遂げることでないのに嬉しいとは得してるな私。
こういう喜び方はたまたま強いチームを愛してしまった人には無縁だろうなぁ。
庭に苗木を植えたような気持ち。

レコーディングは相変わらず続いております。
なかなかに順調、そして思わぬところで悩んでいる。
タイトルも私の中でだいたい候補出揃ったがどうだろう。
ジャケットはどうしようかな。
これは上記の人の喜びに乗っかるのとはまた違った喜びだ。

さて、前回の記事の関係で色々皆様に気を使っていただいて恐縮です。
一泊二日で申し訳ないわ。
リハもレコーディングも普通に歌ってます。
歌えるのよ、全然。
もうとっくにそこにあったもので、この半年以上は気付かずやってきたんですから。
じゃぁなんで手術するのかと言われれば、それは自己満足のためと言ってもいい。

目下の心配事ナンバー1は、
年末年始に飲めないのではないだろうか・・・ということです。
手術は12月の半ば後ろ寄り。
飲めないのではないだろうか・・・というか多分ダメよね。常識として。
けど、それは本当にリアルだと受け止めきれないのよ。怖すぎて。
手術するって決めてすぐにいつから飲んでいいか訊くのもちょっとなんかねぇ・・・。
他に訊くことあるだろうみたいなねぇ・・・。
あと問診表で一日の酒量を書くとこあるんだけど
あれってどー思う?
酒量は日に寄って違うじゃないすか。
まったく飲まない日だって結構あるよ。
けど飲む日の量を正直に書くと先生困ると思うよ。
せめぎあいですよ、医者と患者の。
まぁいいや。
もうあとはお楽しみだよ。術後のお楽しみ。
他にも色々ネタはあるんだけど
それは11日のライブでお話します。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-05 21:27 | その他 | Comments(1)
2012年 11月 01日

やっちまいました。っていうかもうだいぶ前からやっちゃってたことが判明。

年内にあと三本ライブがある。ツアー名は「Harvest」。
今月11日は吉祥寺。
12月は大阪、豊橋。
それが全て終わったら手術することになった。
人生初の入院&全身麻酔である。

今年の春あたりからなんか前と喉が少し違うなぁと思っていた。
声が違うのなら別にいい。
声なんか変わるものだし変わらなければ歌い続ける意味がない。
でも声が違うというより、喉が違う。
こういう力の入れたらこういう声が出る、という自分なりのいつもの計算が
とある域でほんの少し狂うのだ。
まぁでも狂うなら狂うで、公式を変えれば済むだけのこと。
実際春からこっちそれでずっと済んできた。
あと、気のせいだろうと思っていたというのはある。てへぺろ。
私は割となんでも気のせいだと思ってしまうタイプです。

レコーディングが始まって、シビアな状況で自分のプレイを聴いて
一度調べとこうかな、と思い立った。
プロっぽいだろう。
こういう時プロは声の専門医のとこに行くのである。

専門医のとこに行ってスコープを入れて判明しました。
気のせいじゃなかった!声帯ポリープでした!
先生によると、歌い手がよくやるポリープとは種類が違うのだそうだ。
なにそれ。
「たった一回の事故が原因。」だそうです。
「事故ってなんですか?」
「事故っていうのはね、要するに出血なんだけど、あなたの場合は杉花粉症であると・・・
で、さらに春くらいから自覚症状があると・・・。
これから考えてほぼ間違いないね。たった一回のくしゃみです。
くしゃみというのは皆さんが思う以上に声帯にとって負担なのです。」
えぇー・・・花粉、どこまで・・・。

歌う人がなるポリープではないので、このまま歌い続けても悪くなることはない。
そのかわり消えてなくなりもしない。
ポリープを温存して、付き合い続ける歌い手もいる。
そのポリープこそが声の個性だったりする場合も多々ある。
でもまぁ私自身はそういうタイプでないからさっさと取る。
入院するよ、というのが恥ずかしいくらいの一泊二日。
ポリープの写真見たい?グロいか。やめとくか。
見た目すっごく潰したい感じです。
赤くてぽちっとしてる。
ぽちっとしたものを潰すのがすごく好きだ。
手術自分でしたい。
男子中学生をたぶらかしてニキビ潰したい。

というわけで
私の今の喉とは年末までのツアー「Harvest」でお別れ。ぜひ見届けてください。
来年はリニューアルされた喉になるのです。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-01 12:11 | その他 | Comments(4)