サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 10月 26日

鍵と小鳥

秋本番。
レコーディングやデモ録音や病院や来月11日のライブ準備や諸々。

この忙しいのに自転車の鍵を失くしてしまった。
自転車は私の身体の一部であると言っても過言ではない。
できることなら何処へでも自転車で行きたい。
そんな風に言うと、
まるで昨今流行している、ロズウェル事件みたいなヘッドギアや
ズボンの裾を留めるバンドが必要なタイプの自転車乗りみたいに聞こえますか?
違います。
高校生が乗ってそうな自転車に乗っている。
だから鍵って言ったって、ごくごく簡易なものだ。
大きさなんかネイチャーメイドのビタミンCの粒とそんなに変わらない。
あの粒は日本人には大きすぎると思います。
まぁネイチャーメイドに関してはまた今度じっくり検証するとして
問題は自転車の鍵なのだ。
どんなに鍵が小さかろうが、なければ車輪は動かないのだ、当たり前だ。

鍵を失くしたのは三度目で、もうスペアはない。
仏の顔は三度までだが自転車鍵業界に置いて三度目はDEATHを意味するわけだね。
なるほど仏より一回少ない。
仏はさすがに仏であることよ。
最後の鍵は、つまり3個目の鍵は不思議な鍵で
何度なくなっても帰ってくる鍵だった。
思いもかけないところから見つかる。
文庫本のページの間、タンスの中、財布の中、何度も探したはずの鞄の中。
きっと小鳥が届けてくれるのだと思っていた。
いつか小鳥の命を救ったことでもあるのだろう。覚えてないけど。
小鳥ははかないので、多分もう死んだのだ。

今日はいい天気で気分がよかった。
自転車のハンドルを押し、後輪部分を持ち上げて最寄の自転車屋さんまで行った。
自転車屋さんは、でっかい鋏のようなものでロック部分をぶった切り
新しい鍵を装着して、850円。
小鳥。たった850円の鍵を届ける為に命をすり減らしたのか。
それとも
b0113844_2162625.jpg

小鳥を食べたのお前か?
[PR]

by santarablog1 | 2012-10-26 21:08 | その他 | Comments(1)
2012年 10月 10日

なか休み

スタジオに入るとあっという間に時間が過ぎる。
もうオトナなので朝までってこともなかなかないけど
終わりはやはり深夜1時、2時。
それから帰って風呂入って寝る頃には
もう夜というより朝に近い。
ベッドに入ってすぐには眠れなくて
夢と現実の境にいる時間がいつもより長い。
さっきまで聴いてたギターの音。増幅された私の声。
新聞を配るカブの音、猫のケンカ、通りが絶えない国道の音、鳥の声、雨、風。
どれが現実の音で、どれが夢の音なのだろう。

で、今週は中休み。
レコーディングをスムーズに進めるための宿題や
新たな曲作りや
諸々作業を進めながら、同時に身体のメンテナンスを始める。
私の身体はありがたいことに基本的に強い。
命にかかわるような病気をしたことがない。
そのかわり
ちょっとした、しかし日常生活にちゃんと支障をきたすようなアレルギーが
ちょくちょく起こる。
それをやはりちょくちょく修正しなければならない。
ヨガとかマクロとかで体質改善したらって?
無理言うなよー。普通に生きてくだけで精一杯だよー。
というわけで
ライブとレコーディングと修正を年末から来年初頭にかけてやってくつもり。

さてライブについて。
年末までの小さなシリーズ「Harvest」。
ささやかではありますが、今年の収穫をみんなに聴いてもらえると嬉しいです。
東京、大阪、豊橋。
オフィシャルサイトで確認お願いします。
ちなみに大阪は早くも残り少なくなっていますにょでお早めにな!
[PR]

by santarablog1 | 2012-10-10 21:55 | その他 | Comments(1)
2012年 10月 03日

梅酒その後&誰かこの葉っぱの名前知りませんか

秋だねぇ。
もう10月だって。
去年新宿で酉の市のポスター見かけて時の流れの速さに愕然としたんだが
今年も見かけたらびっくりしちゃう、多分。
だから前もって心の準備しとくわ。
酉の市は来月だYO!

秋と言えば果物が美味しい季節だね。
今日紅玉を見かけた。
紅玉は果実酒に向いているらしい。
八つに割って、皮は残して、レモンの果実部分とともに漬けるといいんだって。
そうだそろそろ梅を漬けた日本酒は果実を取り出してもいい頃だ。
こんな色です。
b0113844_2047138.jpg

まぁ見事な琥珀色。
たった3ヶ月でこうなりますかねぇ。
実をひとつ取り出して食べてみる。
ぶよぶよ。はっきり言ってたいして美味しくありませんな。
なんかチョーヤの梅酒に入ってるヤツはもっと食べ甲斐がある感じじゃね?
ぷりっとしてるもんね。
今年の夏は暑かったからかなぁ?
酒部分はすごく美味いからまぁいいか。
これから瓶に移し替え、酒部分だけで熟成を続けます。
その前になくなるかも。なくなりませんように。


さて明日からまた続けてスタジオ。
スタジオへの道のりでこんな生垣を見つけた。
b0113844_20472688.jpg

なんてことない。こんなというほどではない。
でもね、この葉っぱは私にとって特別な葉っぱ。
なんという名前か知らんけど、この葉っぱのくるっとした感じ、写真で伝わるかな?
これね、つるっとくるっとしてる。
指でしごいても形状記憶されてるみたいにまっすぐにならない。
無理にまっすぐにしようとするとそっくりかえるか、割れてしまうの。
これ幼い頃、どっかにあったのよ。
どっかはわからない。
うちじゃなかった。近所の家とか友達の家とか学校の帰り道。
とにかくこんなどこにでもありそうな葉っぱを覚えてしまうほど
そこで誰かを待ってて、待ちぼうけくらい待ってて
手持ち無沙汰にこの葉っぱをちぎった、指の感覚を覚えている。
一度や二度の記憶じゃない。
私がいつも誰かを待っている場所に植わっていた木なのだ。
スイミングスクールの駐車場かな?
それとも学校行くのに友達と待ち合わせた十字路か?
その頃、この葉っぱの形も大きさもだんご虫に似てると思っていた。
背中の光沢もそっくりだと思っていた。

オトナになって、初めての再会。
初めての再会ってなんか変だね、でも初めての再会。
おう、お前、相変わらずだね。
お前もな。
[PR]

by santarablog1 | 2012-10-03 20:48 | その他 | Comments(2)