サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2012年 08月 31日

東北日記 その2

さて秋田は能代。
ライブを企画運営してくれた皆さんと待ち合わせ食事へ。
米代川沿いの「べらぼう」で秋田の幸を腹いっぱいごちそうになる。
b0113844_1523085.jpg

真ん中のグラスに入っているのはじゅんさい。
左の青い切子の器はとんぶり。
むかって右側の透明なガラスの器に入っているのは「みず」という山菜の実。
この「みず」美味しいのだ。
去年能代で初めて食べた。秋田以外でも食べるのかな?

美味しいものを食べながら、秋田の美味しいものの話。
今回音響でお世話になったHome Bound佐藤さんのおすすめは男鹿半島。
すっごい魚が釣れるし、すっごい美味しい生牡蠣が食えるそうだ。
私のような西の人間にとって「男鹿半島」という単語はだいぶ旅情をそそる。

その後、とある方のプライベートスタジオで
アンプを鳴らして数々のヴィンテージギターを弾いたり、
いいオーディオで色んな音源を聴き比べたり、酒を飲みながら。
オトナの遊びってこういうことよねぇー、ほんと。
あ、私は遊びじゃなかった。明日仕事だったわ。

翌日の能代ステージはお客さんもたくさんで盛り上がった。
能代の皆さんはもちろん、
今年行けなかった青森からお客さん達が来てくれていて嬉しかった。
差し入れもありがとう!
大曲の花火よりサンタラを選んでくれた皆さん、また来年会おうね。


能代に別れを告げて仙台へ。
約3時間半の移動。
会場はWaterrという気持ちのいいカフェ。
リハをみっちりやって音を作って、ホテルへ戻りさっと着替えてメイクして会場へ戻る。
疲れているのは暑さのせいだ。
でも本番前になるとちゃんと疲れていることを忘れる。
本番後も興奮しているので疲れを感じない。
アドレナリンってすごいね。
仙台のステージも大変盛り上がった。拍手がとっても長い。
すごく楽しかった。
ギター弾くようになってよかったなぁと思った夜だった。

再会はいつも終演後に判明する。
FM石川でいつもお世話になっていたパーソナリティーの庄子久子さん。
今はFM仙台で喋っていらっしゃる!
昨年お世話になったNHKチーム。
そして昨年、震災後の色んな気持ちを話してくれたお客さん達。
Waterrの美人店長ユカさんも去年のステージを見てくれていたから、
こちらも再会だ。
とても嬉しかった!継続しているとちゃんとご褒美があるんだ。

再会ってなんて嬉しい、なんて贅沢なことだろうか。
当たり前のことじゃない、再び会うまでお互いが生きてて元気で、
しかも心が通じ合っているということは。
去年、今年と東北が教えてくれたことはそういうことかもしれない。
Perfect Happiness!
[PR]

by santarablog1 | 2012-08-31 15:05 | | Comments(1)
2012年 08月 29日

東北日記 その1

帰ってまいりました東京。
暑かった、そして熱かった東北。
東北はやはりちょっと前までサンタラにとって遠い地だったから
正直他の地域に比べお客さんの数が少ない。
だけど終演後にはそんなことをまったく忘れてしまうほど盛り上がる。
ありがとうお客さん、お世話になった皆さん、ロケンローラー案内人テリー氏。
来年も行くからね。

山形Noisy Duck。
アンコールでは、まさかのスタンディングダンスタイムもあり
ほんとに盛り上がった。
沖縄のカチャーシーはこういう感じじゃないかと思ったよ。
終演後有志数人と打ち上げ。3時まで。
山形で観るべきものをみんなが教えてくれる。
だいじょぶ、飲んだけどちゃんと全部覚えてるよ。

翌日は砂田氏酒が残っているとのことで
この俺様が山道を運転して念願の大日坊まで。
b0113844_21111263.jpg

もっと大きなお寺を想像していた。
小さくて素朴でまさに山寺という雰囲気の山門。かやぶきだ。
あたりは絵に描いたような山村。セミの声しか聞こえない。
この文字読めるかな?
b0113844_21114490.jpg

即身佛木喰真如海上人と書かれてあります。

本堂に入ると読経、お払いがあって
さらにお寺の由来や即身仏様の紹介など、素晴らしい山形弁で語ってくれる。
マンツーマンです。平日だからね他に誰もいないもの。
私は話し言葉を聞き取るのが得意であり、あらかじめ大日坊のことを調べて参上つかまつったので
なんとか9割くらい聞き取れた。
それにしても即身仏様ひとりじめ。お坊さんのトークもひとりじめ。
なんちゅー贅沢。なんちゅープレッシャー。
お陰で即身仏様の肌の感じまでゆっくり拝ませていただきました。
ほんとにキレイよ。
いわゆる死後処理されたミイラとはまったく違います。

大日坊は昔はとても大きく栄えたお寺だったのだが
明治のはじめ廃仏毀釈の憂き目にあって、
今のような小さな寺になった、というトークのくだりで
西郷さん、薩長、明治政府などのキーワードが出てきて
薩長人の混血みたいな私はちょっとどきっとした。
ちなみに大日坊は徳川の庇護を受けていたから、葵の紋が許されている。
完全アウェー。
春日局は家光が将軍になれるよう願をかけに、ここまで来たという。
江戸時代にこんな遠く山深いところまで来るなんて
さすが春日局。ガッツが違う。
他にもたくさん知識を仕入れたが、もらった資料と自分で調べたことと
お寺の方のトークがちょいちょい食い違うのよね・・・
しかしこの日記は即身仏日記ではないのでこのへんで。

というわけで滞在時間30~40分くらいか。
マンツーマンで満腹になってしまったので、注連寺は来年だ。

東北日記は次回に続く。
[PR]

by santarablog1 | 2012-08-29 21:25 | | Comments(1)
2012年 08月 18日

来週末から東北ツアー

来週末の東北に向けてリハやってます。
山形→能代→仙台と行きます。

なにしろ去年の東北ツアーは私にとって初めての東北でしたから
(仙台以外ね。)
色んなことが新鮮でした。
美しい東北弁を聴かせてくれるお客さん。
うまい酒。うまい魚。
大雨の影響で濁流と化した最上川。
能代から見たひっろいひっろい日本海。
青森のかわいい美術館。覗き見たねぶた。
仙台の皆さんの元気な笑顔。
デビューしたての頃みたいな気持ちだったステージ。(←それ問題。)
今年も楽しむぞー!

さて今日は山形についての展望。

今年のルートはほぼ昨年と同じ。(残念ながら青森だけ都合がつかなかった)
昨年山形のステージ終了後、差し入れのさくらんぼをつまみながら、酒を飲みながら、
どのルートで能代へ移動するのが一番楽しいか、
地元の皆さんが色々考えてくれた。
中でも興奮したのは、月山湯殿山を経由するもの。
即身仏様のお姿を拝める大日坊もしくは注連寺に寄れるではないか!
テンションMAX!

※即身仏様について知らない方にちょっとだけ
素人の私、特定の宗教・思想団体に属さない私から、ちょっと書いておきましょう。
即身仏とは・・・
様々な修行を積んだえらいお坊さんが
天災、飢饉が多かった昔、
この世の中の色んな苦しみ悲しみをみんなにかわって背負い
修行を続けながら(動物性の栄養はもちろんのこと)穀物を絶ち、極限まで身体の脂肪を落とします。
一説には漆を飲んで水分を落としたとも言います。
身体を腐りにくくした状態で
多くの場合は小さな箱に入って地中に埋まり
生きながらにして仏になるのです。
つまりお経を唱えながら亡くなり、そのままミイラ状態となり、仏像のような姿になる、
というわけです。死んでからミイラになるんじゃないの。
ミイラとは違うんです。
詳しくはこちらのサイトが素晴らしい。
非常に詳しく、特定の思想に偏らず
リスペクトのあるガイドをしてくださっています。


さて、山形の夜は大変盛り上がって
散々飲んで俗世間の垢にまみれた私に罰が当たったのか。
翌日の朝、豪雨の影響で月山湯殿山ルート通行止めが判明。
残念ながら即身仏様とはお会いできなかった。
(そのかわり消防団が出動するような濁流最上川が見れたんだけど。)
今年はリベンジ!
ちゃんと日程も空けてある。

こないだ渋谷で飲んでいて、「8月は東北ツアー行くんだー」などと言いつつ
即身仏様の話をしていたら
同席していた友人、お店の方など即身仏自体を知らなくて
散々説明させていただいた。
みんなすごく感動していた。渋谷でちょっとした即身仏ブームが起きていた。
[PR]

by santarablog1 | 2012-08-18 21:54 | Comments(2)
2012年 08月 13日

アスリート達

オリンピック終わってめちゃ寂しい。
ここ2週間は
2時くらいまで起きていて数時間寝て4時前後に起きる、
7時くらいから1~2時間寝て、
昼間はまぁ時間があれば十数分昼寝する
みたいなフリーランス全開な変則的睡眠になってしまった。
今日からどうすればいいのだ。
オリンピック、年々好きになる。

選手達の、一瞬、世間の何事からも解き放たれた瞬間に心を動かされる。
例え、直接肌を触れ合って投げとばしたりしなきゃいけない競技だって
つきつめた瞬間、一瞬、自分と自分の対決になる。
その姿がたまらなくいい。
(だからこそ日韓戦の後味の悪さ。何事からも関係なくなれるのがアスリートの特権なのに。)
まぁなにはともあれ
4年後もっと私は楽しいって思えるんだろうな。
開閉会式も楽しかったー。さすがシェイクスピアの国。

まぁオリンピックとは全然観かたが違うのだけど
私の夜は秋までずっと心が忙しい。
カープ。今日現在リーグ3位です。
去年は色々あって結局定位置5位でした。
だけど今年は!今年はいけるんじゃないか!
優勝してとは言わない、CSに出てくれたらそれでいい。
未来に希望をつなげたら十分だ。
カープは独特なチームです。
オトナになってようやく気付いたことだけど、
成り立ちも維持の仕方も他のチームとは違う。

なんかがっかりしてる日、カープが勝ってたら気が晴れる。
カープが勝ったら「今日はいい日だった」って思える。
応援するチームがあるっていいねぇ。
[PR]

by santarablog1 | 2012-08-13 22:50 | その他 | Comments(1)
2012年 08月 02日

天秤

暑いですね。
ただひたすら夏休みだけを楽しみにしていた子供の頃は
私が鈍感だったのか、それとも世の中が暑くなったのか。

ここ最近の私。多分歌詞にはならないことをいくつか。

その1

私の携帯電話を見て
人はガラケーと言う。
ガラケーとはガラパゴス・ケータイのことだそうだ。
どういう意味なのか訊いてみたら
「ガラパゴス諸島にいる動物=生きた化石みたいな古さ」
と言われてちょっとむっとした。
が、調べてみたところ
「ガラパゴス諸島の生態系くらい独自の進化をとげた日本特有の携帯」という意味だった。
なーんだ。嘘ばっかり。
すぐにそいつに教えてやった。

その2

オトナになって久しいので
オトナの事情を理解できるようになってきた。
オトナの事情とはすなわちこれバランス。
ちょうどいいバランスを見つけることは決して悪いことじゃないと思う。
しばりょーは私の大好きな木戸ちゃん(木戸孝允)を評して
「天秤」と呼ぶ。
バランスは天秤であり政治。
家庭にひとり、地域にひとり、国家にひとり、天秤が存在すればどんなに助かるだろう。
それくらい天秤であることは難しい。

天秤になったつもりで
あっちこっちバランスを取る。
バランスを取る際、やってはいけないこと。
妥協と見せかけ。これ大原則。
しかし時間に追われ、プレッシャーに追われ、バランスをとることに夢中になっていると
大原則が守れない。それにも気付けない。あえて目をつぶることさえある。
あぁとりあえずなんとかなった、って思う時、
ほんとはなんとかできていないのだ。
数年経過するうちに、
経年劣化、事故、天災、悪意、その他諸々の原因で見せかけ部分がちゃんと破綻する。
家庭も地域も国家も世界もげーじゅつ作品も
ちゃんと綻ぶ。

私にもいつかちゃんと綻ぶ時が来るだろう。
私自身が好き勝手に生きてきて、
誤魔化してきたたくさんのことがちゃんと姿を見せる時が来る。
心優しくまっとうに生きてきた人々が心優しいがゆえにしてきた妥協も
やはりこれ見せかけであれば、
心貧しくズルばかりしてきた人々がしてきた誤魔化しと同様に
破綻がやってくる。

やはり天秤であることはとても難しい。

オリンピック。夜中まで観ちゃう。
オトナの事情もたくさん影響するだろう。
でもまな板の上のアスリート達はこの世の何とも関係ない表情をしている。
神々しい。
[PR]

by santarablog1 | 2012-08-02 22:05 | その他 | Comments(1)