<   2012年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 27日

君達がいて僕がいる

皆さんが呼びかけに応えてくれて「Perfect Happiness」の画像たくさん送っていただいております!
新鮮な気持ち。こーゆーコールアンドレスポンス。
ライブではコールアンドレスポンスあんまりっていうかほとんどしないけど、
こういう形もできるんだね。嬉しい。
どっかで集めてみんなに見てもらえるような場を作りたいな。

さて最近の読書。
前はいわゆる純文学が一番身近だったんですけど
しばりょー読んだらもう止まらない。
なんかねぇ、歴史物読むと
純文学のひたすら己の心と向き合う姿勢が小さく見えちゃってね、ダメね。
お前ひとりのコンプレックスだの惚れただ振られただとかに付き合ってるムードじゃねぇんだよ!
とつっこんでしまうの。
おのれの書いてる詞とおんなじじゃねぇか。その通り。おっしゃる通りでございます。
全てはスケールの問題です。
そーよ、ミュージシャンは心のヒダに寄り添う感じじゃなくちゃ。
それが正解。
しばりょー読後はスケールを切り替えないと。
巻き取り式のスケールから15センチのプラスティックのものさしにね。
どっちも人間の有様なのだ。

そんな変遷がありながら、とうとう「翔ぶが如く」の最終巻(全10巻)まで来てしまった。
10巻への道のりは辛いよはっきり言って。
修行ですよ。受験勉強みたい。
でも終わると寂しいので大事に読んでます。

読んでいてふと思ったのです。
私の先祖はその頃何をしていたのだろう?
早速うちの生き残り95歳(母方祖父)に訊いてみた。
95歳のその父(つまり曽祖父)は
山口県の上関室津というとこから今の北朝鮮に渡り、通信関係の技師だった。
(95歳は北朝鮮で生まれ育った。)
今でいうITだな。
引き揚げる途中で亡くなった。
そのまた父はアメリカに移民していたそうだ。知らなかった。
移民前は場所柄、第二奇兵隊にでも入ってなかったか訊いてみたが、入っていないとのこと。
当時は海路が交通手段として盛んだったため、地の利を生かして旅館を経営していたとのことだ。
花街の真ん中にあったので遊郭だったのか、と訊いたけど激しく否定した95歳。
遊郭というと我々からすると現実離れしていて、別に実家がもと遊郭でも気にしないが
95歳の感覚では激しく否定という結果。

父方祖父は今の下関あたりの生まれの人だが
私がよく聞かされた話では、祖父の叔母だか、大叔母だかが
温泉芸者で伊藤博文公の愛人だったらしい。
父方祖父が亡くなってしまった今では詳しく話を訊ける人がいない。残念。
父方祖母は広島江田島の出身。
全くそんな話をしないまま、60代で亡くなった。すごく後悔している。

まさかの続く。
[PR]

by santarablog1 | 2012-03-27 22:26 | その他 | Comments(1)
2012年 03月 18日

お知らせ&おいでませ山口

3月中盤。
真冬とは風の種類が違うけど、コートを仕舞うほどではない。
暦は決められた通り、例年通りに進んで行くので、
なんだか置き去りにされるような、焦るような気持ちになりませんか。

さて、まずはお知らせ。

「Perfect Happiness」の期間限定フリーダウンロードを記念して
サンタラOFFICIAL SITEトップページを飾る「Perfect Happiness」を募集しています。
皆さんの身近にある完璧な幸せを写真や絵にして送ってもらってます。幸せの共有。
早速素敵な画像が集まってます。ありがとう!
せっかく素敵なのにサイズが小さいと使えないから
ぜひサイズチェックして送ってくださいねー。
最近のジャケやグッズを一緒にやってくれているRuiちゃんの
「Perfect Happiness」ジャケ風アートワークも公開しています。
Ruiちゃんのイメージした「Perfect Happiness」
女の子の足取りが力強くて、すごくいいなぁと思った。
皆さんの「Perfect Happiness」待ってるぜ。


さて、私の地元山口県では
まさに今、県をあげての祭開催中です。
ずばり
ディスカバー!長州博 明治維新150年祭。

幕末明治あたりの歴史が好きな皆さん、砂田君、今年はぜひ長州へいらっしゃい。
パンフレットを見たんですけど(わざわざ実家から送ってもらった。)
大河ドラマ観ただけくらいの一般的幕末ファンの皆様が楽しめるようなライトなイベントから
すごーくニッチな層を狙った、というか誰が行くのか謎のイベントまで
幅が広いです。
生誕170年記念「吉田稔麿の生涯」ってのがあります。
吉田稔麿といえば松陰先生の秘蔵っ子ですけど、
一般的に何で有名かというと、池田屋で切られるということ。
池田屋事件を扱った映画、小説あまたありますが、どの作品でも毎回ひたすら切られる。
当たり前ですが。
そんな彼の生誕170年を記念して展示を行うという!ニッチ!
その他にも「維新の魁 毛利家永代家老・福原公を偲ぶ」というイベントあり。
福原越後。禁門の変の責任をとって切腹するんだ。
誰が来るのだ、っていうか誰が来てくださるのか。
いや私は知ってるよ。でも例えばこの町内で何人知ってる人がいるんだ福原越後!
そんなイベント。
他にも、周防の怪僧「月性」のイベント、伊藤博文ファッションショー展示など
県をあげてこのマニアックな祭りを開催するというその目の付け所に
久々、「えぇねぇ!山口!」と思った。

というわけで大変なマニアの欲求にも応えてくれそうなこの祭り。
ぜひ!今年は長州へ!
恐れず来てね!
他にも有名な人のイベントもいっぱいあるからね!
[PR]

by santarablog1 | 2012-03-18 20:39 | | Comments(0)
2012年 03月 02日

家電メーカーさん、ありがとう

皆様、「Perfect happiness」フリーダウンロード楽しんでいただけてるでしょうか。
まぁ瞬間的に楽しいという曲でもないような気がします。

これほどまでにシンプルな曲なのに、
じわじわと時間がかかってできた
精進の煮物みたいな曲なので
じわじわと楽しんでもらえたらうれしいです。
歌詞もオフィシャルで見てもらえるようになりましたのでね。併せてお楽しみあれ。
あ、ライブの情報もたくさん追加されてます。
東京大阪に加え、北海道、博多、広島、名古屋、金沢。
今年も旅するのねー。

さて、以前「小ぶりなソファが欲しい」ということをここに書きましたが
もちろんまだ買ってない。
買うってめんどくさいよね。
カーペットは新調したんだけどね。
当初買おうとして色々リサーチしたにも関わらず、リサーチ飽きして買う気が失せて
いつの間にかまったく別のものを買っているということは
よくあるね。
情報過多の弊害ね。

小さくて高性能なオーブンレンジもずっと欲しくて探していました。
今使っているのは大学に入る時一人暮らしするのに買ったもの。
なんとNEC製だ。
NECって調理家電作ってたのか!っていうくらいパソコンのイメージしかない。
今も作ってるのかね?作ってないんじゃないかな。
日本の家電の壊れなさといったらすごい。
ちょっとひび割れて感度が悪くなってるから、
操作パネルをいじるのに若干コツを要するくらいのものですよ。
10年以上前の製品なのに。
NECさん、すごいいい仕事されてます!
しかし
こちらは食欲、実験欲に直接結びついているから
ソファとは違う。
というわけで買ったんですよ、新しいオーブンレンジグリル。
すごいねぇ、最近の機器は。
キッチンの文明開化ですよ。ターンテーブル回りませんよ。
いまどき当たり前か。
料理する方はおわかりでしょう、レンジグリルという業があってね、
例えば肉の塊を焼く場合、中まで火を通すのはレンジ、外をかりっと食感よく焼くのはグリル
っつーのを自動切換えしてくれるのです。
揚げ物の温めにも適している。
すごくない?
日本の家電メーカーの努力ってほんとすごいなぁ。
どきどきわくわくさせてくれる。
円高で色々厳しいことも多いだろうけどぜひ頑張っていただきたい。
心からそう思うよ。尊敬してます。
[PR]

by santarablog1 | 2012-03-02 21:49 | めし | Comments(1)