サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2011年 12月 28日

しめとして

今年も終わろうとしています。
貴重な一年だった。

今年は自分のこともさることながら、
会ったことのない見たことすらない人たちの無事や幸せを痛いほど願う
という、途方もない、なんというか今までにない経験をした年だった。
思う相手の姿が
頭の中にぼんやりとしか浮かばない人々のことを
こんなに考えた年は今までなかった。
きっとみんなそうでしょう。
だからすごく心のエネルギーを使ったね。
復興にはまだまだたくさんの心のエネルギーがいる。
だから来年も生きる喜びをたくさんチャージして、たくさん放出させようと思う。

サンタラとしては
「愛しのTRICKSTER」を出して、長い長いツアーもやって
さらには後半もう一回短いツアーやって
非常に充実した一年でした。
あれだね、少し経ったら古臭く感じるような音作りも言葉作りもしていないので
末永く、忘れがたきこの一年に生まれた「愛しのTRICKSTER」を可愛がっていただけたら
うれしく思います。
As You Likeツアーのうち数ヶ所ではお話したことなんだけど
自分の中でね、
ずっと前に作った歌で
今歌っても心の中に違和感のない歌と、そうでない歌とあるね。
あまりに長く歌っていられる歌って、それはそれでどーかと思うけどね。
(自分の一瞬を切り取るという意味で。)
まぁすっとその時の気持ちに戻れる曲とそうでない曲があるんだね。
あぁそうだオフィシャルサイトでAs You Likeツアーの全会場セットリストを公開しております。

今年もたくさん応援してくれてほんとにありがとう!
新しい出会いもうれしかった。
よいお年を。
来年いっぱつめにみんなへの年賀状blogを書くよ!
[PR]

by santarablog1 | 2011-12-28 23:29 | その他 | Comments(1)
2011年 12月 19日

青春が片付かない私とヒロシ

歌い納めから早くも一週間。
なんかそんな気がしないまま一週間。
なぜそんな気がしないかというと、すでに来年のことを企画しているからだよ。
来年というからすごく先のことみたいだけど実際は数ヶ月先でしかない。若干遅い。
これぞ年末マジック。
というわけで来年も歌うだろう。

数年前に「卒業」という曲を書いた。
数年前の大晦日から元旦にかけて飲みながら書いた。
(正確には後日砂田くんに聴かせ協力してもらって調整・追加した。)
学校はいいよ。この日までに卒業、それができなければ留年ね!と決めてくれるものね。
だけど大人になったら卒業は自分で決める。
私は「卒業」という曲を書いて、自分で潮時という存在を確認したにも関わらず
いまだ卒業していない、つまり
私の青春は片付いていない。
この「青春が片付かない。」という言葉は
色んな人に自慢気に話して色んな人が褒めてくれたので、
きっと死ぬまでに貯まる私の名言100選にランクインするだろうね。
青春って片付く時が来るんだろうか?
今「片付く時が来るんだろうか?」と書いて、語尾が「老化」と変換されたことに軽く傷ついたぜ。
何が言いたいかというと
とりあえず来年前半あたりに片付く気はしないってことです。

さて青春が片付かない仲間、叔父ヒロシの畑の近況。
ヒロシの猫の額ほどの家庭菜園では今、周囲の反対を押し切ってビーツが栽培されています。
なぜビーツが彼の琴線に触れたのか、まったくもって不明です。
赤いから?
そのうち私のところにも大量のビーツが届くでしょう。
ご存知の通り私はロシア人ではないし缶詰業者でもありません。

最近ヒロシから送られてきたものと言えば
大量の乾燥させたセージ。
セージの使い道を検索してみました。
ソーセージはセージを使うからソーセージ。
ご存知の通り私はソーセージ業者ではない。
水晶を浄化する時にはセージを燃やすらしいよ。
まさかのスピリチュアル路線。
ヒロシよ、それしか思いつかないから入浴剤として風呂に入れるけどいいね!?

彼の名誉のため、つけくわえます。
落花生はすごーく美味しかった。
[PR]

by santarablog1 | 2011-12-19 21:57 | その他 | Comments(1)
2011年 12月 12日

As You Likeツアー終了

As You Likeツアー、札幌にて無事終了しました。
東名阪のみの軽いツアーにするつもりが
結局3公演追加することとなり、毎ステージごとにテスト前の学生気分でした。
不思議なもんだねー。
全部リクエストとは言え、全部自分達が作った曲なのにさ!
こんなに気分が違うものとは。正直自分でも戸惑いました。
でも、皆さんからのリクエストやメッセージには皆さんそれぞれの思いがたくさん詰まっていて
こんな企画がなかったらそれを知ることもなかった。
かつてない幸せな気持ちも味わえました!勉強にもなった!やってよかったよー。
さて札幌ベガーズハーレムにご来場の皆さん、ありがとう!
前回のツアーで約束した(のを思い出した)プレゼントはいつかやるぜ。
そして全国の会場にご来場の皆さん
あらためてたくさんのリクエスト、メッセージありがとう!

各会場のセットリストってどうかな、見たいですか?
ちなみにどこの会場でもリクエストが多かった曲はありました。数曲。


札幌As You Likeの翌日、小樽銭函では今年最後のステージ。
満員御礼!
ステージから見て左側の皆さんは情熱心に秘め系で
右側は完全ラテン系だったことが非常に印象的でした。
盛り上がったライブの後に
お客さんもスタッフも出演者の我々もみんなで空を眺めた。
途中何度も雲がかかったけど、雪もちらついていたけど
ちゃんと欠けていく月が見えた。

北海道へはデビュー間もない頃から何度も通って、色んな出会いが積み重なって
行けば会いたいと思う人が増えていく。
長い付き合いになればなるほど、互いの人生の変遷を見守りあっていく。
そこには見守るって言葉以外みつからないと思うほどのリアリティがある。
と、ぼんやり考えながら
いくらのしょうゆ漬けを買って帰ったのであった。
[PR]

by santarablog1 | 2011-12-12 21:12 | | Comments(4)
2011年 12月 07日

広島・博多As You Like

先週末は広島・博多とAs You Likeでした。
広島はヲルガン座で。
ヲルガン座は古いビルの2階にある。
女の子のおもちゃ箱をひっくりかえしたみたいなお店だ。
店長のゴトウさんが大いなる情熱を持って作った場所だなぁと思う。
すがすがしいもの。
おもちゃ箱をひっくりかえしたみたいなのにすがすがしい。

ライブは和やかに。
広島のライブは毎回そうなんだけど、
お客さんみんなが同級生とか親戚に見えちゃう瞬間があって
その瞬間というのは、とても愛しく、同時にすごく照れくさいんです。
そのたび、いかんいかん、他の街と同じようにフラットに!プロとして!
と思うんだけどさ!
だからいつも特別なライブです。
楽しんでもらえたようでうれしかった。
カープの話もいっぱいしたしね。
いやーでももし黒田が帰って来ることがあれば年俸足りんけぇこりゃ樽募金復活せんといけんと
思ったんじゃけどね。
黒田はまだメジャーで頑張ってくれるみたいじゃけぇそれはそれで楽しみじゃ。

さて日曜は博多。
博多RIVERSIDEは九州一古いジャズバーです。
楽しかったー。
すごーくハートフルでした。なんだろう?あの感じ。
会場と皆さんと私達の調和が非常にバランスが取れてる感じ。
私達がおすし屋さんで、カウンターに皆さんが座ってるようなイメージ。
場所の大きい、小さいは関係なくて人数も関係なくて、
そういう印象のあるライブは何回かある。
今回はそんな風でした。
あぁ博多でまた歌いたい。
今週末優勝パレードだね!賑わうんだろうな!

東京に戻って旅の余韻を味わう間もなく北海道へ旅立ちます。
冬の北海道は久しぶり。
最低気温氷点下!
北のホーム札幌でAs You Like最終日。
そして小樽は銭函で今年最後のライブ。
[PR]

by santarablog1 | 2011-12-07 22:53 | | Comments(0)