サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 30日

夏休みに涙はつきもの

8月も終わりに近づいて
秋の気配がしてくるとヤツらは足音もなく突然やってくるのだ。
そう。秋の花粉。
ブタクサとかヨモギとかそういう気の抜けたような名前の草で
今わたしは苦しんでいます。
むかつく。

世間の子供達の夏休みもあと二日ですね。

私は切羽詰らないと慌てない肝の据わった子供だったので
ちょうど今頃は泣きながら読書感想画を描いていましたよ。
しかしなんでしょうね、
読書感想文の意義はなんとなくわからんでもないけど、画って難しい。
感想を画にする・・・。
それとも名場面の挿絵を描くような感じだったかな?
とにかく切羽詰ってやってることなので記憶も曖昧だ。
今もあるのかな?読書感想画。

火の用心とか防犯のポスターを描くというのもありました。
記憶に残っているのは私の描いたポスターでなく
姪っ子の描いたもの。
ボーボーと燃えさかる赤や黄色やオレンジの炎をバックに
一羽の白サギが、もう恐竜の祖先みたいなテイストの巨大な白サギがばっさばっさと羽ばたいている画。
昔市民会館の大ホールにさがっていた緞帳の刺繍みたいな意味不明な迫力があった。
火の用心のポスターでなく環境保護のポスターだったところがポイントです。
彼女も追い詰められていたのだろうか。

工作というのもあったなぁ。
紙や粘土ならまだいい。木工ってのがあった。テーマは木工。
だいたいどこの家庭にも木工できるガレージや道具があるという前提でいる学校もどうかしてる。
しかしうちにはロハスな伯父ヒロシがいて
そんなふざけた宿題はヒロシにおまかせだ。
ヒロシは幼児用の椅子を作った。横から見ると耳の垂れた犬の形をした椅子。
ことわっておくがうちにはその時点で幼児はいない。
なぜ幼児用の椅子なのかは謎だ。
そして宿題であるからには現物を学校へ提出する必要がある。
写真で済ませるわけにはいかない。
幼児用の椅子だ。そこそこ大きい。
今では考えられないが、当時父兄が学校へ車で送り迎えすることは禁じられていた。
どうやって持ってく?
そう、私はその宿題の存在自体を忘れていたし、
ヒロシは宿題だということを途中から忘れていた。

幼児用椅子を泣きながら学校へ運び、泣きながら持って帰った。

夏の終わりに涙はつきものなのです。
泣け、子供達。泣いて大人になれよ。
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-30 01:03 | その他 | Comments(3)
2011年 08月 25日

世間観察日記

電車

都内で電車に乗っている時は音楽を聴かない。本を読まない。
なぜなら色々聞き逃すし見逃すからだ。
電車の中で感じることは今まで色々ネタになってきた。

今日乗った電車は空いてもいないし混んでもいなかった。
女の人が多かった。
肌の白い人がプラチナやシルバーのような銀のアクセサリーを着けているのは
とても素敵。ピンキーリングもいい。
つり革を持つので特にブレスレットや指環が目立つ。
ゴールドでは(服とのバランスもあるけど)はっとするほどではない。
日に焼けた人のサンダル、ペディキュアの蛍光色のピンクやグリーンは
とても素敵。
とってつけた感がない。
老年の女性が花柄を着ているのは最もいい。
明るい色だと人を勇気づける。

東京の電車では、
みんな人生や個性を上手に仕舞う。
薄手のカーディガンをくるくると巻いて鞄に入れるように、上手に仕舞って、
電車に乗っている。
終電間際になると酔っ払っている人が多くて
仕舞うのも下手になる。
だから電車が狭い感覚。
ミシュランのキャラクターみたいにもくもく膨らんで電車が狭い。
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-25 21:38 | その他 | Comments(0)
2011年 08月 16日

自信をなくすのも悪くないと言っとこう。

高校野球もいよいよ佳境ですね。
連日この炎天下で野球やってるだけで頭がさがる。
選手みんなが自分の力を出し切れますように。
そして強くなってカープに入団してくれますように・・・。

ここ最近自信をなくしている。
人間として大人としてちょっと自信をなくすような事が続いた。
私はしし座O型であるからして基本的に自分OK度が高い。
いい悪い好き嫌いは別として自分が世界の中心だ。
(同じくしし座O型の人、ひとくくりにしてごめん。)
では自信をなくすことなんて無縁かというと
それは違う。自分が世界の中心でも中心ごと落ち込む。

しかし幸せなことに
私には落ち込むことをほんのちょっと楽しめる部分もあって。
落ち込んでいる時にだけ
あぁこんなのをずっと待ってたなぁと思うような言葉に出会えるのだ。
そうすると「今は苦しくて悲しいけどよかった。」と思う。
もう少し追い詰められたらどんな言葉が出てくるかな、とまで思う。
因果なことですけど。
楽しい時、満足している時は言葉のことなんか忘れているからね。
そういえばお腹が満たされてるとあんまり歌う気持ちになれないんだけど
通じる感覚があるな。

自信をなくすともうひとついいことがあるよ。
人間年をとるとどんどん考え方がかたまってくる(傾向になる)。
一歩外の世界に足を踏み出せば
赤ちゃん同然に無力なことを
ついつい忘れがちになる。
そしてどこでも同じように自分の考え方や態度が通用するとついつい思ってしまう。
惰性で。
でも自信を揺すぶってくれる何かがあるとはっと気付く。これは惰性だと。

なぁんてね。
切ないような充実してるような気持ちの今日この頃です。
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-16 22:48 | その他 | Comments(2)
2011年 08月 07日

続 住について

一週間ぶりの更新です。
最近はこもり気味で曲を作ったりしてますYO。
こういう地味な時間あってこその新作やライブなのであります。

先週の続き・・・

小さいソファが見つからない。
ネットや店頭で探してみるのだが、私が希望する条件に当てはまる物がない。
金額は二の次だ。
サイズが幅120cm~130㎝で色はブラウンかグリーン。布製。
背もたれや座面にひし形のステッチが入ってないもの。
カバーが洗えるとなお良い。
肘部が木製でないもの。重過ぎないもの。
この条件がなかなか満たされない。

考えてみれば家具を買うというのはオトナの行為だ。
買うのは簡単でも使い続けられる自信が必要。
今までの私だったら「座りごこちがよければなんでもいい」と思っただろう。
いや、実際探し始めるまではそう思っていた。
だけどソファは大きい。小さめったってでかい。
もし気に入らなかった場合に、存在感がでかすぎて気に入らなさもそのぶんでかい。
そして気に入るのを諦めた場合に、簡単に捨てられるでかさでもないのである。
あーだんだんめんどくさくなってきた・・・。

やはり家具を欲しがるなんて十年早いのかもしれない。

さて音声blogでは砂田君のギター特集が始まっていますよ。
9月のライブまでには新曲をもうひとつ書けたらな、などと思ってます。
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-07 20:04 | その他 | Comments(2)
2011年 08月 01日

住について

住んでいる部屋に対して愛情を抱いてないなとひと目でわかる部屋に住んでいる。
絵を飾るとか好みの家具を置くとか
カーテンは何色でベッドカバーがどうのとかあんまり興味がなかった。
いつ捨てても後悔のない家具や家電でいい。荷物が増える方が困る。
ずっと仮暮らし気分。
だから衣食住の中で言えば住の優先順位は格段に低い。

例えば疲れて帰った寒い夜、しとしと雨が降っていて
暗い部屋にはカーテンの隙間から街灯の光が柔らかく入ってきて
その暗さに目が慣れる頃、私はベッドの上で
あぁこんな寒い雨の日に
屋根と壁があって清潔な寝具にくるまって眠れるって
なんて幸せー。家があって幸せー。としみじみ思う。
それが私の「住」の満足レベルである。


ところがどうでしょう、この頃は部屋でちゃんとくつろぎたいと思うようになった。
こんなこと今までなかったので意外です。
年でしょうか。
小さいソファが欲しい。

私の望みはささやかだ。なんと慎ましい。
あんまり慎ましいと悲しくなるので
本気の野望も書いておこう。

私がいつか大金を稼いだら
もちろん自分の家を作る。
(きっとその時こそ仮暮らしの終着点なのだ!)
その家にはバスルームの横に大きなパウダールームを作る。
ただの洗面所とは違います。
お風呂から出たらそのままバスローブだか浴衣だか、もしくは全裸で
ボディーケアしたりくつろいだりできる場所が欲しいの。
ちょっとしたエクササイズができるくらいの広さで
エクササイズDVDを見たり
メイクしたりボディーケアしている間に音楽を聴いたりしたいので
オーディオ関係も充実させる。
大きく北側に開けた窓があるといいな。(直射日光いらない)
換気空調は整えます。冬場は床暖マスト。
もちろんルンバは常時作動させて掃除いらずだ。

どう?女性の皆さん、それ欲しいでしょ?
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-01 01:08 | その他 | Comments(3)