サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2011年 06月 30日

東北日記 2

能代に別れを告げて青森へ。
時間が少し余ったので青森県立美術館に立ち寄る。
青森が生んだ著名な芸術家の作品が
ダイジェストで短時間で楽しめる美術館。
我々のニーズにはピッタリだった。
でも一番のみどころはシャガール。

青森のCRAZYHORSE SALOONという店の大きな窓からは船が見えた。
青森のライブを観に来てくれた方々は
ずっとサンタラを観たかったと思ってた人と
サンタラって知らないけど来てみたという人に分かれていて
知らないけど来てみた人の方が俄然主張が強く、
やるべきことはやりきったけど、どうだったかしら?
でもずっと待ってた派が喜んでくれていたのはすごく伝わってきたよ。
終演後、ホテルの近くの居酒屋で軽く飲む。
店員のお母さんが素晴らしいエンターテナーで
見事な津軽弁を披露してくれて大満足。
本日の酒は桃川、じょっぱり。

翌日出発前に青森駅前あたりで朝ごはん。
A-FACTORYへ。
ここのシードルめっちゃ美味いよ。
味が濃い。
そのまま仙台へ。と言いたいところだが盛岡へ寄って盛岡冷麺食って仙台。

仙台は色んな気持ちを込めて投げ銭スタイルにした。
もしも被災していて行けないって人が、せめて少しでも来易いように。
ごちゃっとした店内にぎっしりお客さんが入って
とてもパーソナルで熱いライブになった。
サンタラ二人で演奏するツアーのラストステージとして満足した。
近藤商店というお店はライブ以外では一見さんお断りで
ご飯も美味しく、店長は男前。
仙台の街中は震災が嘘のように明るく活気がある。
東京より明るい。
終演後出会った人が語ってくれた震災の話はとてもリアルだった。
お家が半壊している人、全壊している人、近しい人を亡くした人、
目の前まで津波が来たのに無事だった人、
福島の避難地域に実家がある人。
それぞれ違うストーリーだったけど
共通してるのは「パニック時、人の本性が見える」という事だったかもしれない。
お話ししてくれた皆さん、ありがとう。

翌日名取市閖上(ゆりあげ)地区に連れて行ってもらった。
連れて行ってくれた方のご親戚が亡くなった場所を見た。
がれきの山、手付かずの壊れた街、大きな大きな水たまり、錆びた車の群れ、陸にあがった船、
神社だった場所に簡易的に作られた鳥居、
そこに立てられたまだ新しい卒塔婆。
被災した子供達が植えたひまわり。
三ヶ月後になってしまってごめんなさい。
でも見ることができてよかった。
実際震災のことなんて忘れたいと思っている人がたくさんいる現地で
しかも三ヶ月後に、私なんかが涙を流してはいけないと思ったけど
我慢できなかった。

Life Gose onだ。
時は止まらない。
やるべきことをやろう!やりたいことをやるんだぜ!
7/3はツアーファイナル。
激動の2011年。私の前半はこれがファイナル。
みんな会場で会いましょう。
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-30 22:32 | | Comments(2)
2011年 06月 29日

東北日記 1

ただいま東京。暑い。
初の東北ツアー終りました。
ご来場の皆さん本当にどうもありがとう!
一度も訪れたことのない街で「ずっと待ってた!」と言ってくれる人がいる幸せ!

初日、山形。どしゃぶり。
東北ツアーをコーディネートしてくれるテリー氏と待ち合わせる。
リハ終わりで会場Noisy Duckのマスターが山形の話を色々聞かせてくれた。
山形市内は蔵王から来る水道水の地域と月山からくる水道水の地域に分かれていて
蔵王の水道水は美味しいんだそうだ。
実際お店のお水はミネラルウォーターのようにまろやかだった。
マスターから「即身仏」「草木塔」のことを聞き、
この雨がどーにかなったら、明日の移動は月山~湯殿山ルートで行こうということに。

頭に山が着く県民がひとつ所に集まるライブは和やかに温かく、ノリも良く。
しっぽりと楽しかった。
さて「山形大学の略称を探れ!」ミッションですが
なんと、最も懸念していた結果に終りました・・・。・・・「やまだい」・・・
山形大学は「がただい」ではなく「やまだい」と呼ばれているのだ。
山口とかぶってる!残念!

今日の打ち上げでいただいた日本酒。鯉川。銀住吉。
たくさんの山形人とお会いしたけども皆さん穏やかで優しい。
なまりもすごく素敵だった。
山形ぜひもう一度行きたい。

翌日どしゃ降り。
「即身仏」様とのご対面の願いもむなしく
月山~湯殿山ルートは通行止め。
というより秋田へ向かうルートはあちこち通行止め。
テリー氏のナビがあって助かった。
月山を迂回して濁流の最上川に沿って酒田へ。
この雨で本気の濁流。最上川沿いの集落では消防団が出ている。
酒田へ着いて酒田ワンタン麺の「満月」へ。
b0113844_17505654.jpg

あぁこれが酒田のワンタンかー。すっごく繊細。
とにかくワンタンとは雲呑と書くだけあるねぇ。薄くてつるり。
そこから急いで能代へ。

能代では能代のライブを主催してくれた皆さんと前夜祭。
能代の海の幸をいただきながら
「なぜサンタラのライブを企画主催するに至ったか」というお話や
(能代では好きなミュージシャンのライブを自主企画主催する文化が根付いている)
音楽やギターの話。
いただいたお酒は秋田・喜久水酒造のどれか(失念)。

翌日、午後いちからセッティングをしているというので
少し会場を覗きに行くと
昨日ダイニングバーだった場所に機材が運び込まれていて
たくさんの人々がせっせと設営している。
心待ちにしてくれていたのだなぁと引き締まるような気持ちだった。
ちゃんと盛り上がってよかった。
ライブ終了後、お客さんから能代名物べらぼう凧をもらう。
b0113844_17513599.jpg

どうですか、この強烈なふざけっぷり。
しかも夫婦なの。
芭蕉をかぶった方が男。牡丹が女。
その後ギターをもらった。テイラーの。

能代の皆さん、どうかしてるぜ!
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-29 17:52 | | Comments(2)
2011年 06月 21日

東北に関する想像と妄想2

前回の続き

能代の翌日はいよいよ本州の端っこ青森だ。
反対の端っこで生まれ育った私であるので感慨深い。
ってまだ行ってない。これからだ。
青森と言えば
ねぶた、恐山、八甲田山、三内丸山遺跡、太宰に棟方志功に寺山修司、三上寛。
うーん、なかなかにインパクトが強い。
ワイルドでアナーキーな感じが人を魅了しますね。
私がもし青森出身だったら、このパブリックイメージをおおいに継承します。
あと地図で見るとなんだか沼、池、湖が多い。
そこがまたミステリアスなムードをかもし出している。
しかし青森のホットなスポット(らしい)
ねぶたについて知ることのできる施設「ねぶたの家 ワ・ラッセ」というのは
今時のネーミングセンスですね。
個人的にはどうしても京都のパチンコチェーン「デ・マッセ」を思い出してしまう。
同じクラブの先輩達がよく通っていたものだった。
今回行くのは青森市だけでちょっと残念。
ってまだ行ってないから。これからだ。

さて青森の翌日は仙台。
仙台は今まで何度か訪れていますが
ちゃんとしたワンマンのライブというのは初めてです。
今回のツアー、サンタラ二人で演奏するのはここがラストステージ。
砂田君のblogの以前の記事にも載っていますが
今、東北6県で放送されているNHKのドキュメント番組「東北Z」。
仙台NHKさんが制作されています。
この番組のオープニングSEをサンタラが、砂田君が制作しました。
(その思い、いきさつは砂田君のblogで見てください。)
たった8秒のSEですが、我々の思いがこもってる。
東北にいるうちにちらりとでもTVで観たいな。

さて準備しなくては!
東北の皆さん、お会いできるのを楽しみにしてます。
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-21 22:22 | | Comments(3)
2011年 06月 20日

東北に関する想像と妄想

北海道から戻って休む暇なくすぐに渋谷でイベント。
東京うたの日ご来場の皆様、ありがとう。
東京うたの日は数日間に渡って行われましたが、そのうち2日間に参加しました。
イベント自体が久々だったのですごく新鮮だったよ。
東京の皆さん7/3のツアーファイナルでお会いしましょう。

さて東北へ向けてメンテナンス&準備。
山形、秋田、青森、仙台とまわるのだが
仙台以外初めて訪れる場所ばかりだ。
プライベートでさえ行ったことがない。妄想は広がるばかり。

例えば山形。私の地元は山口。そして砂田君の地元は山梨。
頭に山がつく県名が揃う。
ここで問題なのは県に一個ある国立大学の略称であります。
山口大学は「やまだい」と呼ばれている。
砂田君の話だと山梨大学は「なしだい」と呼ばれているらしい。
そこで山形に尋ねたい。山形大学はなんと呼ばれているのか。
やはり「やまだい」なのか、はたまた「がただい」なのか。
「がただい」だとしたらなんかすごい。
その辺を地元で探ってくるのが山口県民である私のミッションである。
今ここで、もしくはtwitterなどを通じて答えを聞かせないで欲しい。
あくまで地元の方の口から直接ききたい。
しかし酒田市と山形市がこんなにも離れているとは知らなかった。
今地図で見た。
なぜ酒田市なのかというと
私は酒田のワンタンに猛烈に憧れているからだ。
今回は寄れそうもない。いつか酒田のワンタンを!!

そして秋田の能代。日本海沿い。白神山地の横。秋田市よりだいぶ北だ。
今ちらりと地図を見たところ、東北道というのは割りあい太平洋側を走っているね。
どう通って行くのだろう・・・。
コーディネーターの方が同行してくれるので心配ない。
当日までのお楽しみだ。
能代のファンの方からいただく能代という日本酒は非常にうまい。
楽しみなのは方言です。
どんな町へ行っても人々は私達にわかるように話してくれるのですが
わからなくてもいいのでぜひ皆さんのステキな方言を聞かせてください。

妄想の続きは次回!
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-20 17:16 | | Comments(4)
2011年 06月 15日

北海道日記 2

札幌ファミリーのお宅でジンパ。
ジンパって何か知ってる?ジンギスカンパーティーだよ!
そんな言葉があるくらいジンギスカンしてるのか北海道民。
実際スーパーの生肉売り場では色んなメーカーのジンギスカン真空パックが売られている。
(ラムしゃぶ用の薄切りも味付けされていない羊肉も売ってる。)
ところで札幌ファミリーのお庭のハーブはものすごく元気でぼーぼー。
ぱっと見た瞬間から「これはモヒートを作るしかない!」と勝手に心に決めていた。
(なので芦別のディランで作り方を教えてもらってきた。)
モヒートは美味いですね。
皆さんも庭にミントがあったらぜひやってみてください。
適当に作っても結構美味い。
いるのはミント、ライムかレモン、砂糖、そしてホワイトラムと炭酸。
長い棒かなんかでミントと柑橘をグラスの中で突いて香りを出し、砂糖を加えて
ラム注入。氷入れて炭酸注ぐだけ。
砂糖だいじょうぶ。ちゃんと溶ける。
もちろんちゃんとしたバーで作ってもらう方が美味しいけど
お家でモヒートできるならこれでも全然OK。

旭川アーリータイムズ。
旭川に行く時はいつもライブ。だから店の外の旭川はあんまり知らない。
アーリータイムズも4度目となって初めて気付いたんだけど
この場所は時間が止まってる。
いや止まってるんじゃなくて、外の世界と関係なくゆっくりゆっくり進んでる。
外からの空気を連れてきて時空を歪めるのがミュージシャン。
でも演奏が終って打ち上げする頃には
嘘のように巻き戻されている時間。
いい意味でクローズな場所です。面白い。
しかし関係者各位と3時まで飲んで翌日10時半に朝ご飯がわりの旭川ラーメンが食える私ってすごい。

旭川から札幌へ移動。
途中、深川のあたりで北海道的規模の菜の花畑が見えた。
聞くところによると付近に深川油脂という会社があるとのことで
もしかしたら昨今ありがちな人寄せの為に植えたものでなく
本気で菜種油を絞る為の畑かもしれない。
しかし菜種油の国内自給率はいかほどなのだろうか・・・。
美しいお花畑を見ていてもそんなことを考える私には
もっと向いてる職業があるかもしれないYO!

札幌くぅ。
北海道ラストステージだと思うと寂しい。
どこの会場もそうですが、特に札幌は皆さんはすごくニコニコしてくれる。
相思相愛具合が分かりやすく嬉しかった。
会場の外はよさこい最終日。
祭りの最後は寂しいものです。という哀愁を漂わせながらマスターと一杯。
くぅは月の半分くらいジャズが演奏されるお店で
「ジャズの人達はどんな場所でも演奏する」
「ジャズの人達はどんな天候でも必ず来る」という話を聞いて
サンタラも基本アコースティックだからまぁどこでもできるっちゃできるけど
ジャズマン達のタフさには断然負ける。笑い励まされステキと思ったですよ。

旅の後半の写真が一切ないというのが自分でも悲しい。
よく歌いよく飲んだ8日間でした。
したっけ明日から週末にかけて二日間東京で歌うべさ。
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-15 21:48 | | Comments(2)
2011年 06月 14日

北海道日記

北海道滞在7泊8日を終えて帰宅。いやー当然楽しかったです。
まずは銭函、芦別、旭川、札幌とご来場の皆さんありがとう!
そしてFM NORTH WAVEの皆さんありがとう!
思い出の詰まった荷物は私を追っかけて明日着く。
b0113844_10575934.jpg


銭函は小樽市。小樽と札幌の中間にある。
その昔ニシン漁で儲けたらしく、それで銭函なんていう景気のいい名前がついているそうだ。
宿泊は石狩湾の目の前で
開演前に部屋から眺める夕陽は最高でした。
夕陽と満月が同時に空に浮かぶ時、水面がシルバーに光ることがあるんだって。

ライブのない日はほぼ毎日FM局にお邪魔してゲストに出た。
空いた時間でパーソナリティーの奥かおるさんとちょい飲みや
街歩きやドライブ。ちょうどよさこいやってた。
札幌ファミリーと呼んでいる親しい方のお家で何故か「王家の紋章」を読むことになり
滞在中に15巻まで読破。
そしたらまるきり「12時のデジャヴ」の歌詞みたいで面白かった。
笑うとこじゃないとこで笑える系ですが
テンションが高いということはやっぱりいいことだな!と確信できる名作です。

芦別では終演後の打ち上げ。
あぁあの道路の脇に死ぬほどはえてるでっかいヤツはやっぱりフキなの?!
とかなんとか言ってたら
山菜で一番美味いのはウドの葉っぱだということで
「はぁそれは食いたいですね。」
「あぁそれならきっと誰かんちにあるよ、ウドある?ウドあるひとー!サンタラさんが
葉っぱ食べたいってー!」
「よかったねー。この人んちウドあるって。アイヌネギもあるってよ。明日行って揚げてもらいな!」
というわけで翌日ウドのある人のとこへ行くの決定。
いやすごいでしょ。これが愛すべき芦別・富良野近辺のコミュニティーです。

果たしてウドを育てているお宅は
陶芸の窯&ギャラリーである「野良窯」さんでした。
ウドの葉っぱはマジ美味い。
b0113844_10593268.jpg

急遽ロクロを体験させていただけることに。
大変丁寧に教えていただけるので誰でもこんなのできます。
b0113844_1131861.jpg

b0113844_113593.jpg


続きは次回・・・。

あ、お知らせを!
16日は東京うたの日で歌います!
東京はツアー初日と二日目だったので、ツアーも20本超えたあたりの今日この頃、
多分進化したとこを見てもらえると思うよ。だといいな。
18日もちょっとだけ出ます。詳しくはオフィシャルサイトでー!
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-14 11:07 | | Comments(0)