<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 22日

鏡は好きですか?
好きか嫌いかは別として、なければ困りますね。
私は極度の近眼ですからコンタクトレンズを毎日使う。
だから一日一回は必ず鏡と向き合います。
その鏡は古い鏡。
思春期の頃から私と向き合ってきた鏡です。
鏡がどういう原理で物を映すのかよく知らないけど
気分的にはもうひとりの自分がそこにいるのが見えるわけで、
鏡のむこうの世界があるような気分になったり、
長年使った人の念がこもってそう・・・などと思ったりするのは仕方ないことだ。

ところで、最近知ったのだが日本の鏡の製造技術は世界でもトップクラスだそうです。
いい鏡は歪みが少ないし、また色も正確だって。
多くの美容院ではそういう正確ないい鏡を使っているのだそうです。
しかし私が長く通っている美容院の鏡は
まれにみる不細工鏡で、まぁそれは落ち込むほど自分がくすんで見えます。
私が知っている全ての鏡の中で一番悲しい鏡。
(でも美容師さんがいい技術をお持ちなので行く。)
いつも少なからずがっかりするんだけど、
他の人の鏡を横からみると、やはりご本人よりくすんで見える気がするので
鏡を正確だとするならばショック!
多分照明に関係してくすんで見えるんでしょう。きっとそうでしょう。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-22 23:20 | その他 | Comments(2)
2011年 02月 19日

泣ける話

最近すぐに涙が出るようになって困る。
悲しくて涙が出るのではなく、感動して涙が出るのです。
日々色んな対象に感動しているので、法則があるんではないかと思い
自分なりに分析してみたところ、
私が感動するポイントは「生命力の爆発」だということがわかりました。
もうね私、情報過多だから祖母ちゃんとか母さんありがとうみたいな話では
泣けないのよ。てへ。
いやー、しかし生命力の爆発か。言葉にすると岡本太郎のパクリみたいだな。
でも岡本太郎の作品には涙しないけどね。
どっちかっていうと胸がざわざわして直視できない感じ。

まぁ岡本太郎は置いといて。
例えばですね、
馬とか犬が思いっきり走っているのを見ると涙が出ます。
イルカの群が船に併走してる(併泳?)のとか泣けるでしょ?
ヌーの大移動もね。
あとは東南アジアや中米の遺跡が植物に侵食されてる感じも泣ける。
合唱は泣ける。下手でもいい。
歯を食いしばっているようなブルースマンのギターも泣ける。
去年のお誕生日にいただいた伊藤若冲の画集も泣ける。
描きたいからこう描いたんだというのがびしびし伝わってくる。
こないだ映画を観にいった時に予告編だけで泣きそうになった
「ダンシング・チャップリン」はきっと素晴らしい映画に違いない!という予想。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-19 00:26 | その他 | Comments(2)
2011年 02月 13日

お知らせばかりではなんですので

twitterでは随時新しい情報をお伝えしてますが色々と決定してます。
ツアーもさらに会場数が増えました。現時点で25公演っすね。
おなじみの街の皆さん、会えるのを楽しみにしています。
あと、初の東北シリーズね!
サンタラとしても初ですが、なんと仙台以外の東北、私の人生初です。
今まで何故か縁がなかったですがそのぶん勇んで参りますのでよろしく!
あぁ食べ物が美味しいんだろうなオイ!
17日まで全公演のweb先行予約受付けてますので
まぁみなさんそんな先の話はわからんよ、とお思いでしょうが
「サンタラのために空ける!」という方はぜひ。

そして急遽3月に決まったOTHERライブ。
サンタラではないライブです。Pot luck niteです。
Jay Kabiraこと川平慈英氏、われらがあたたん朝倉真司氏とともにお届けします。
そしてスペシャルゲストはなんと尾藤イサオさんです!
あぁ私の人生で尾藤イサオさんと共演させていただくことがあろうとは!
人生何が起きるかわかりませんよ、皆さん。

それから音声blog「TRICKSTERによろしく」はハイペースで更新されています。
聴いてね。大好評です。

以上。オフィシャルサイトでチェックしてね。

ではお知らせばかりでもなんですので
最近すごいと思ったことを書きます。
おでんは好きですか?おでんを作る際に出汁はどうしますか?
買う? 買わなくてよい!
あのね、昆布とかつおの出汁にオイスターソースを少し入れます。
で、塩しょうゆなどで味をととのえておしまい。
マジで二日目のおでんみたいなコクが出ますのでやってみて。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-13 19:30 | その他 | Comments(1)
2011年 02月 07日

TRICKSTERによろちく!

急に思いついて見切り発車で始めました。
ネットラジオ的音声blog「TRICKSTERによろしく」

ネットラジオと言うには型破りなまでに油断しているトークをお楽しみください。
初回は森俊之さんとの録音風景をお届け。
ちらりと新曲のムードも聴こえてくると思うよ☆
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-07 12:13 | お知らせ | Comments(1)
2011年 02月 06日

作品を作るとこんないいことがあります。

明日からいよいよNEWアルバムのTDに入ります。
TDというのはトラックダウン。
録音した音をうまい具合にMIXしてひとつの音源にする作業です。
昨年末から録音した数々の音がどんな風にまとまるのか、わくわくです。

こんなこと言っちゃっていいか、と言えばよくないのかもしれないですけど
デビューアルバムを録音してた頃は、
歌以外の楽器の音に関してあんまりわかんなかったね。
わかったことは違和感があるかないかということくらい。
あとはグルーヴしてるかどうかくらいかな。
また違和感をどういう言葉で表現したら人に伝わるか、というのも難しく
(音楽基礎知識の欠如により具体的な説明ができなかったのもひとつの原因。)
もやもやしたし、相手ももやもやしたと思う。てへ☆
しかしやはり積み重ねというのは素晴らしいことだ。
今はレコーディングやTDが非常に楽しい。

音楽業界では「やっぱミュージシャンたるものライブが重要!」という風潮になってきて久しい。
ライブは大事よ、と私も思う。
同じ空気を震わせてお客さんと過ごす瞬間は何にも代えられない。
でも私は作品を作りたい。
CDが売れない、不法ダウンロードが横行してる、どーせMP3に変換してみんな聞いてる。
だから音源制作にかける予算も時間も人も削減されがちな、そんな業界の風潮ですが、
それとは関係ない次元で、作品を作りたい。
音源にはライブにない羽根がある。
例えば
半世紀前のアメリカの音源を聴いて、いいなぁと今も思う。
だけどもちろん半世紀前に、さらにアメリカに私は存在しなかったわけでしょ?
音源は時も場所も超えられる。
作品を通して会えるはずのない人に会えるのよ。
絵も写真も映画も文学も同じことだね。

斜陽の音楽業界で何をなまぬるい甘っちょろいこと言ってんだと言われるかな。
でも胸の片隅にそんなロマンを住まわせて
タフにやっていこうと思うんだ。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-06 00:55 | お知らせ | Comments(1)