サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 01月 28日

タイトル問題

こないだたまたま八代亜紀さんの「雨、雨ふれふれもっとふれ・・・」という
あの有名な曲を聴いたのだけど
タイトルが「雨の慕情」だと初めて知った。
それに対して「舟歌」は「舟歌」というタイトルだと知っていた。
なんで知ってるかというとサビの最後に「舟歌を・・・」と歌っているからだと思う。
こういうことってあるね。
(ふたつとも阿久悠さんのウルトラ印象的な歌詞!)

理屈で言うと、
曲の中でリフレインされている部分や歌いだしやサビの最後の言葉が言いたいことを置くべき場所なので、
それをそのままタイトルにすると心に残るタイトルになる。
理屈で言いましたが、これは本能です。
Beatlesの「Help!」が「Help!」というタイトルじゃなかったらみんな困るでしょう。
しかし「雨の慕情」に関しては、
「雨、雨ふれふれ」ではタイトルとして語感が悪く、「雨」だと印象に残らない。
というわけで「慕情」をつけたんだろうという想像がつきます。

阿久悠さんには遠く及ばずながら
私も歌詞を書いたりタイトルをつけたりすることを生業としているので
いつも考えてる。タイトルというのは最後の悩みどころです。
「舟歌」とか「Help!」みたいに歌詞の一部がふさわしい曲ばかりというわけには
いかんのです。
今まで一番悩んだのはセカンドアルバムに収録されている「美しい人」というタイトル。

それで曲が全部できたら今度はアルバムタイトル。
よくあるのがアルバムのリードトラックがそのままタイトルになっているタイプ。
アルバムの内容を包括できるようなリードトラックタイトルだといいけどね。
そうでない場合はまた新たに考える。
収録曲を包括できる言葉・・・。今の気持ちを一言で表す言葉・・・。
今回はわりとあっさり決まりました。

「愛しのTRICKSTER」

TRICKSTERとは・・・
神話や民間伝承に現れるいたずら者。
善と悪、創造と破壊など相反する矛盾した性格の持ち主。
ストーリーを引っ掻き回し、前進させていく役割。
シェークスピア「真夏の夜の夢」の妖精パックや「ゲゲゲの鬼太郎」のねずみ男などがその典型。

みんなのストーリーにTRICKSTERがひとりいれば楽しいじゃん。
収録した一曲一曲が、私が誰かのTRICKSTERになれたらうれしいな。
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-28 17:57 | その他 | Comments(5)
2011年 01月 26日

MUSIC LIFE その魅惑の世界 最終回

前回までのあらすじ

スタジオでの待ち時間に出会ったほぼ骨董品の音楽雑誌MUSIC LIFE。
そこには憧れのロッカー達が血気盛んであった70年代の空気が
閉じ込められていたのだった・・・。
と同時に手作り感満載の楽器屋広告事情も閉じ込められていたのだった・・・。
さらにすごいのが読者投稿ページなのだった・・・。

ペンフレンド募集のコーナーもさることながら
その他にも自分の考えたダジャレやミュージシャン宛てのメッセージを
投稿するコーナーもある。
その名も「He saids,She saids」

b0113844_121641100.jpg

ロックなぞなぞ。

b0113844_12182896.jpg

純粋なヤングの悩みに、汚れちまった私を痛感。

b0113844_12214147.jpg

b0113844_12215520.jpg

パール会の京子。危険人物。

b0113844_12224733.jpg

ねぇなんで?なんでそう思ったの??
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-26 12:24 | 読書 | Comments(1)
2011年 01月 15日

MUSIC LIFE その魅惑の世界 3

前回までのあらすじ

スタジオでの待ち時間に出会ったほぼ骨董品の音楽雑誌MUSIC LIFE。
そこには憧れのロッカー達が血気盛んであった70年代の空気が
閉じ込められていたのだった・・・。
と同時に手作り感満載の楽器屋広告事情も閉じ込められていたのだった・・・。


雑誌には読者投稿ページがつきものだ。
その微笑ましさは現代のものと比較にならない。

まずはペンフレンド募集のコーナーからの抜粋。
モザイクの部分にはばっちり住所と本名が書いてある。
のどかな時代だ。

b0113844_20542730.jpg

 ござんす。

b0113844_20432043.jpg

 男の子ちゃん。

b0113844_20451158.jpg

 会話風。ギリシャ神話と漫画・・・。

b0113844_20472117.jpg

 ハードロックを形容する言葉として「ギンギラギン」

b0113844_2050070.jpg

 手製の封筒・・・。
 
 
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-15 20:55 | 読書 | Comments(5)
2011年 01月 13日

MUSIC LIFE その魅惑の世界 2

前回までのあらすじ

スタジオでの待ち時間に出会ったほぼ骨董品の音楽雑誌MUSIC LIFE。
そこには憧れのロッカー達が血気盛んであった70年代の空気が
閉じ込められていたのだった・・・。


雑誌には広告ページがつきものだ。
その味わい深さは現代のものとは比較にならない。
b0113844_14321316.jpg

確かイシバシ楽器の広告。思い出アルバム風。

b0113844_1433527.jpg

しりあがり寿風。

b0113844_1433367.jpg

筆ペンで書いちゃった。
b0113844_1434141.jpg

謎の楽器ピアニックス。とても欲しい。
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-13 14:35 | 読書 | Comments(1)
2011年 01月 11日

MUSIC LIFE その魅惑の世界 1

スタジオ作業粛々と進行中です。

スタジオ内では「待つ」というのもひとつの仕事です。
自分がブースに入らない時、エンジニアさんがデータをいじっている時、
機材調整中の時、何かにつけ待つ。
スタッフに至ってはほぼ待っている状態と言ってもいいでしょう。
その間、PCを持ち込んで仕事する人もいるし、
本を持ってきて読む人もいます。
そのどちらも用意してきていない人の為に
雑誌が置いてある場合があります。
やはり音楽系のマニアックな雑誌が多いですね。

今お世話になっているBSTスタジオコントロールルームにも
雑誌が置いてあるのですが、それがすごい。
70年代中頃のMUSIC LIFE。音楽専門誌。
(98年廃刊)
ほぼ骨董品です。
b0113844_12591398.jpg

我々ロックミュージシャンが憧れるたくさんのヒーロー達の
若くてかっこよかった時代の写真がたくさん載ってる。
ジョンレノンは生きてるし、クイーンも絶賛売出し中。
カーリーサイモンは美しく、ストーンズは昔からずっとスターです。

そして時代を感じさせる数々の言葉。

ここで一部を紹介しようと思います。

まずは露骨な単語のチョイス。
b0113844_130730.jpg

なんとなく田舎人間の方には選ばれたくない。
b0113844_1312345.jpg

横溝的ロマンを感じる。
b0113844_1344220.jpg

ストリーキングが流行ってたらしいよ。
b0113844_137423.jpg

郡山フェスと超能力・・・
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-11 13:09 | 読書 | Comments(1)
2011年 01月 08日

きたるべき2月に備えて

東京はずっと晴れ。空気カラカラです。
皆さんの街はいかがでしょうか?
なんだかずいぶん大荒れの地域もあるようで気をつけてくださいね。

一年の中で冬が最も苦手です。
12月、1月は年末年始のお祭り気分でなんとか乗り切れるけども
2月だよ問題は。
2月は節分。バレンタインデー。うぅ・・・地味。
大人は受験がないだけありがたいと思え。
だから2月こそ楽しいことをしよう。
2月に誕生日の人はパーティーに呼んでください。
生牡蠣を食べに行く人も誘ってください。

2月の曲作ったよ。
2月の持ついいムードをさりげなく歌った曲。
NEWアルバムに収録するから
プライベート2月大好きキャンペーンソングにしてね。
まぁアルバムの発売は2月に間に合わないけどね。
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-08 19:05 | その他 | Comments(2)
2011年 01月 04日

謹賀新年

あけましておめでとうございます!
新年メッセージたくさんありがとう!
東京は年が明けてから晴天が続いています。
昨日浅草の神社でいただいたお屠蘇が甘くてびっくりした。
スカイツリーも伸びてます。
b0113844_10481114.jpg


さて
なんと言っても今年は早々に新しい作品をお届けできそうで
とても嬉しい。ドキドキしてます。
一緒に楽しい一年にしましょう!
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-04 10:48 | その他 | Comments(1)