<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 30日

E.T.

姪っ子からもらったお土産。
E.T.だ。めちゃめちゃかわいい。
b0113844_0215413.jpg

私が初めて映画館で観た洋画はE.T.だった。
母親と一緒に行って、前の上映が終わるのが待ちきれずに
ドアを開けてチラ見したのだが
E.T.の顔が怖すぎて驚愕。
「無理!帰る!」と暴れて母激怒。
思えば私は子供の頃から極度の怖がりだし、
母はそういう甘えた行動を絶対許さない人であった・・・。

そして無理矢理観せられたE.T.の顔にもそのうち慣れて
宇宙に帰るころには大ファンになっていた。
そのあと、E.T.の自転車を買ってもらった。
子供用のマウンテンバイクだった。
近所のお兄ちゃん達が見に来たくらいかっこいい自転車だったぜ。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-30 00:22 | その他 | Comments(4)
2008年 05月 26日

大おすぃらせ 詳細決定


EXPRESS 3 "ANOTHER SIDE" @大阪心斎橋 dig me out

2008/06/14
心斎橋 dig me out
open 17:30
start 18:00
料金(税込): 前売予約\3,000/当日\3,500
問い合わせ先 : GREENS 06-6882-1224
予約メールアドレス:チケット予約アドレスdmo0614@yahoo.co.jp

その際に、
  1.お名前
  2.お申し込み枚数
  3.ご連絡先電話番号
  の3点を必ずご記入ください。

だ、そうでございます。
夕暮れ時に待ってます。

それで先日のライブのフォトレポートがUPされています。
写真はいつものnaoaki okamuraさん。
okamuraさんの写真かっけぇよ。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-26 22:39 | お知らせ | Comments(2)
2008年 05月 24日

大おすぃらせ 急遽ワンマン

昨日のライブ来てくれたみなさん、どうもありがとうーー。
久しぶりの吉祥寺ムード楽しかったな。
6月には東京で2つイベントに出演します。

そして
突然ですが大阪にて決まりました!ワンマン!

6/14(土)EXPRESS 3 "ANOTHER SIDE" @大阪
心斎橋 dig me out

急遽決まったので、まだ詳細決めてませんの。
夕方とか夜とかの時間帯になる感じだと思うよ。
決まったらすぐお知らせするわね。
ぜひ予定空けといて。会いに来てちょうだい!

じつはその前々日イベントでちょっと歌うのよ。
1000000人のキャンドルナイト@オオサカシティCandle Park 2008
Twinkle Love Live 茶屋町ナイト
06/12 NU chayamachi 3Fテラス特設ステージ
start 18:00 (遅めの登場になる予定です)
入場無料
※雨天時は翌日13日(金)に順延
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-24 13:26 | お知らせ | Comments(5)
2008年 05月 21日

ライブ

今週金曜日は久々吉祥寺でライブです。

プラスティックモードと2マンで。
プラスティックモードは大阪のバンドです。
かっこいいのよ。ファンキーよ。myspaceで聴いてごらんなさい。
もちろんメンバーの兄さま方みんなそれぞれ素敵なんだけどね、
おれは特にベースのかずやファン。
っつーわけで楽しみ。

サンタラは二人でやります。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-21 01:37 | お知らせ | Comments(2)
2008年 05月 17日

人生の目的は幸せになることです

こないだのくさやBBQ大会で
久しぶりに沼口さんに会った。
沼口さんは私とタメだ。イーストプレスで編集のお仕事をしてる。
飲みながら近況を語り合って
そして彼女がダライ・ラマ14世の言葉集を担当したことを知った。

ちょうど数日後に
中国から胡錦濤主席が来日するって日で、
それにあわせてチベットの抗議集会やデモが行われることなど
教えて貰ったりして
女子っぽくないよねーなどとお互いを茶化しながらも
硬派な話題で盛り上がった。

私たちは
本は著者が作ったものであると思って読むし、本に著者の姿を見るじゃない?
だから
本当は著者一人だけの作品じゃないってことを忘れがちよね。
著者の発するエネルギーに共鳴しサポートする人達がたくさんいて
初めて本になるのよね。
そのことにあらためて気付いて、すごくいいなぁと思った。
ミュージシャンも同じだよ。
音源を作って発売して公演する行為には
裏方の存在がすごく大きいのよ。
だからクレジット読むと面白いよ。

全然難しくない本です。素敵な写真とともに
どこまでも懐の深いダライ・ラマ14世の言葉が集めてあります。
新書サイズでビニールカバーが付いてて、持ち歩いて繰り返し読める。
こんな風にカジュアルに読める仏教思想の本って今まであったのかな?
私たちやそれよりもっと若い世代にもきっと人気があるんだろうな。
だって2006年に発売されて
今年の4月でもう第7刷目だもの!
b0113844_053373.jpg

「抱くことば」著ダライ・ラマ14世
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-17 00:06 | 読書 | Comments(3)
2008年 05月 15日

目覚め

今日、友達と
「幼いながら音楽の魅力を知った瞬間」について話していた。
振り返れば何度かこれぞと自覚する瞬間がある。
しかも童謡やクラシックじゃなくて歌謡曲ね。
好きなアイドルが歌っていたから好きな曲ではなく
歌っている人の魅力を飛び越えて、曲自体に惚れる瞬間。

記憶の中で、物心ついた私が最初に気に入った歌は
杉山清貴&オメガトライブの「ふたりの夏物語」ね。
「おっしゃれー!!」と思ったなぁ。
まだ小学一年とか二年とかそんなもんだったと思うけど
あぁいうAOR的な魅力を理解できるんだね、子供って。
歌詞だって「ルームナンバー砂に書いて誘いをかけた」とかなんとかで
かなりの大人風味なのにね。
あなどれないな。
聖子ちゃんのSWEET MEMORIESもすっごい好きだった。
誰かにとってのそんな曲が私にも作れたらいいなー。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-15 02:25 | その他 | Comments(3)
2008年 05月 09日

気絶睡眠についての考察

みなさん、GW明けのお仕事おつかれ!
いやいや、長く休んでると仕事モードに入るのが大変でしょう。
そらそうでしょう。

人間、疲れた時は寝るのが一番。
以前にも書いた通り、私は寝るのが好きだ。
(この時期にぴったりのパジャマも手に入れて快適。くひひ。)
平均して布団に入る時間はだいたい2時過ぎ。
面白い本を与えられたらもう最後まで読まないと絶対寝れないし。
歌詞を書くのもなぜか深夜の方が盛り上がるし。
多分これ以上は早くならない。
その上寝入りが非常に悪い。
電気を消して
三十分から一時間くらいぼーっとくだらないことや
時にはくだらなくないことや、とにかく考え事をしていて、
おっとやばいやばい、早く寝ないと!みたいなことばっかり。
でもって寝るのが趣味だから、
親が聞いたら嘆くほどのお寝坊さんだ。
いや、だったのだ。

ここ最近、私は人並みに早く起きるようになった。
正確に言うと無理やり起こされる。
というのも、私の部屋には西側にしか窓がなくて
お寝坊さんにはお似合いの部屋なのだけど、
その西側に道路を隔てて大きなマンションが建った。
冬の間は日没が少し早まるくらいでかい。
そのマンションの外壁が白いのだ。
察しのよい方はもうおわかりだろうか・・・。
そう、巨大マンションの白い外壁に朝陽が反射して
朝っぱらからものすごい明るい部屋になってしまったの・・・。
最初は疑ったけどね。
西側にしか窓ない部屋なのに「昔より朝陽が入るようになったわ!」
ってだいぶお馬鹿発言じゃん。
気のせいだと思ってたのよ。
私は「気のせい」だと思っていたことが結構「気のせい」でない
っつーことが多くてねぇ。
でも朝帰りした日のこと、巨大マンションの外壁が
窓ガラスとともに光っているのをこの目で確認して納得した。

それで睡眠時間が足りてないらしく
昼間、ふとした拍子に気絶するように寝てしまっていることが多い。
先日はカーテンを開けたまま2時間くらい気絶していて
直射日光を顔面全体で受けとめていて、若干日焼けした。
今日はクローゼットの前で着替え途中に気絶してしまって
服半脱ぎで数十分・・・。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-09 23:14 | その他 | Comments(4)
2008年 05月 06日

くさや大会開催

朝8時過ぎに友人のりのり宅へ向かう。
自転車のカゴには精肉約2㎏と各種キムチ。
材料を仕込んで多摩川へ行くのだ。
くさやを焼くついでにバーベキューをしてしまおう、
と人をつのったら十数人が参加を表明。

というわけで、のりのり宅にて朝から仕込み。
仕込みながらのガールズトークが盛り上がる。
最終的には「我こそは食いしん坊自慢」大会になり
「冷奴やそうめんを薬味なしでは絶対食わない。食うヤツは馬鹿である。」
「美味しくないものでカロリーを摂取することほど腹が立つことはない。」
などなど飽食日本で産まれ育った人間らしい迷言・珍言が飛び出した。
いや、例え材料に限りがあってもね
工夫して食べる喜びはやはり大事だよ、と急いで言い訳。

一足先に男性陣が場所を確保し、炭をおこしておいてくれたおかげで
スムーズに乾杯。
b0113844_0553095.jpg

スムーズに肉を焼く。
食いしん坊が集まったおかげで、大人のバーベキュー。
メインステージの網があらかた落ち着いたところで
b0113844_0554949.jpg

サブステージで本日の案件、くさや登場。
b0113844_056756.jpg

プロカメラマンであるのりのりが「ひとりずつ食った瞬間顔おさえるから!」
と号令し
この場にいる誰もがくさやチャレンジから逃れる事はできなくなった。
風向きが変わると牧場のような香りが漂う。
こ、これは・・・。
東京のような貧しい住宅事情において
台所のコンロでくさやを焼く事は確かに困難であろう・・・。

すごくこんがり焼けている。
見た目は大変美味そうだ。
食う。
b0113844_111269.jpg

果たしてくさやは美味かった。ナンプラーを強力にしたような旨み。
塩辛にも近いかも。
しかし匂いはくんと鼻を抜けてなんとも言えない不思議な食べ物。
くさやは産地、業者によってかなり味も香りも異なるようだ。
今日のくさやは神津島産。
これをほぐしてご飯にのせてお茶をかけたい。
最後に10人中、最もリアクションがすばらしかった、
本日のリアクションキング市川氏の表情ご覧下さい。
b0113844_0564877.jpg

といったわけで私の好奇心と腹が満たされた素晴らしいGWが終わったの。
みなさんのGWはいかがだったでしょうか?

photo by のりのり よーなか
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-06 00:50 | めし | Comments(4)
2008年 05月 02日

彼女の姿

自宅で作業中、一休みするためにお茶を入れてTVを観る。
夕方でどこのチャンネルもニュースの時間。
フジTVでは
香港での聖火リレーの様子をレポートしている。
香港は難しい土地だ。中国にとっては。
パニック状態のデモ隊にマイクを奪われる女性レポーター。
ちょっと危険な状態だ。はらはらする。
あれ?彼女・・・。
このレポーター見覚えがある!
あ、水美だ!間違いない!水美だ!
大学時代、出席番号が私の直前で
だからいっつも席は私の前で
ノート貸しあったりふざけあったりしたあの水美だ!
彼女がレポーターになったという話は
風の便りにきいたことがあったのだけど
初めてその姿をTVで観たのだった。
元気そうで嬉しかった。
でもあんな状況の中、怪我などしなかっただろうか?
まぁ、もし何かあったのらキャスターが伝えるだろうから
きっと大丈夫だったのだろう。

水美はちゃんと学生時代に学んだことを活かして仕事しているのだった。
私はというと、
もし皆さんが「よりぬき失言注意報」を読んでくださっているのなら
ご存知の通り、
っつーかそうでない方々もご存知の通り。
学生時代に、本来なら趣味で終わらせるべき音楽に
首まですっぽりうずめているのであって、
初志貫徹の彼女の姿は感慨深い。
水美、会いたいなぁ。
今ならお互いどんな話ができるだろう?
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-02 23:44 | その他 | Comments(1)
2008年 05月 01日

ボブ・ディラン

東京は今日も暑かった。
アイム・ノット・ゼアを観に映画館へ。

ボブ・ディランをモデルにしたフィクション。
ディランの半生の色んな時期をモデルにした6人のキャラクターが設定され
それぞれの物語が展開していきます。
わかりにくいよね、この説明・・・。
そーなんだよ、もうそれだけでだいぶわかりにくいんだよ。
デビュー前のディラン、フォーク時代のディラン、エレキを持ったディラン
などなど6種類のディランが出てくるわけ。
(しかも誰一人としてボブ・ディランという名前ではないの。
あくまでディランはモデルなので。)
ディラン好きなら知っていることだけど
年表作れるくらいキャリアと多面性を持った人ですよ。
ありきたりの伝記ではディランワールドは表現できない。
っつー発想は素晴らしいんだけどね・・・。
あと、ケイト・ブランシェットもかっこいいしね。
でも・・・
あくまで私の感想ですけど、なにしろやっぱりやりすぎ感が否めなかったなぁ。
やりすぎなわりにボブ・ディラン自身のおもしろ度に追いついてないかも。
ディラン好きの私でさえ
散りばめられた彼の欠片ににやりとできなかった。

ディランの歌詞は日本語に訳せない。
私はいっぱい彼に影響を受けていると思うが
そのうち9割以上が、耳から入ってくるメロディーや語感の面白さからもらったものだ。
もちろんそれで十分楽しめる。
だけど彼の世界をもっと知りたいと欲が出た時に
訳詞を眺めるだけでは彼のトラップを理解できない。
音を聴きながら英語歌詞と対訳を並べて
ようやくその仕掛けの一部を理解するっていう感じ。
時代背景やキリスト教についての深い知識がないと難しいところがいっぱいあるしね。
だから字幕も同じことじゃないかって思うよ。

みなさんも観てみたらどうでしょう。
ディランを知らない人の方がかえって面白く観れるのかもしれないよ。

しかし映画の予告編観ていると
たいがいひとつやふたつ観たいと思わせられちゃうものだが
今日観たこの夏あたり公開の予告編はどうでもいいものばかりで
首をひねりながら帰ってきた。
水曜どうでしょうの予告の方が全然面白い。
[PR]

by santarablog1 | 2008-05-01 23:38 | 映画 | Comments(1)