カテゴリ:その他( 305 )


2013年 11月 10日

訪問販売

さっき訪問販売が来た。
箸の訪問販売。

箸!

箸かよ!

あまりに
「箸かよ!」と思ったので、ドア開けてしまいました。
そこには笑顔の若い女性が立っていて、
何本もの箸を厚紙に貼り付けてラップで巻いた状態のサンプルを差し出して
どれがお好みですか、と訊くのです。
自由研究の押し花かと思ったわ。
本気で箸を売りに来たことがよくわかったのでもういい。
新調したばかりなので結構です、と応えたところ、
わぁ!いいですね!箸お好きなんですか?!って言われた。

いいですね!というリアクションも予想外だし
そもそも
お好きとかお好きじゃないとか
あんまりないよね、箸。

箸マニアの世界があんのかなって思って
「箸 大好き」で検索してみたけどなにもみつからない。

そうだろうね。
そう思ったよ。

明日はスタジオ。
[PR]

by santarablog1 | 2013-11-10 19:47 | その他 | Comments(1)
2013年 11月 05日

始まりました

あー。
また始まりましたよレコーディング。
もうなんか去年からずっとスタジオに来てる気がします。
今時こんな贅沢なことしているミュージシャンがいるでしょうか。
なんでそんな贅沢ができるかと問われれば
ずばり「ひいき」としか言いようがありません。
b0113844_15513294.jpg

手前、不真面目な砂田。
奥、エンジニーアであり今や共同プロデューサーと言っていいむとー氏。
左背中、アシスタントエンジニーアかっしー。
写真には写ってませんが
スタジオオーナー、ジョージ氏にも音関連アドバイザーとして
ご参加いただいております。
基本的にはこのメンバーで進めてまいります。
b0113844_15515382.jpg

スタンバっているヤモリ氏のドラム。
b0113844_15521929.jpg

ご自分のプレイを真面目にチェックする関西人ヤモリ氏。
背中が健気。
ジャイアンツファンっぽいTシャツだが
ジャイアンツファンではないそうだ。
ピグレットかといえば
ピグレットでもないそうだ。

ヤモリ氏についてはこのプロジェクトが完了し
発売になる頃にはまたちゃんと紹介することになろうかと思います。
えぇのん録れましたで。
[PR]

by santarablog1 | 2013-11-05 15:53 | その他 | Comments(1)
2013年 10月 30日

手帳

今年8月に来年8月の公演予定が入ってきた。
一年後ね。
多分生きてると思うけど。
今月は来年秋の予定が決まって
それを皮切りに
続々と来年の予定が決まりはじめた。

もうメモでは管理し切れない。

渋谷のLOFT。
地下の手帳売り場。
驚いたことに手帳売り場専門の案内窓口が設けられている。
みんな手帳が大好きなんだね。
すごい人出だ。
老若男女、誰もが真剣に手帳を選ぶ。


私はどの手帳にするかもう決めてあった。
昨年に引き続き、キャンパスのダイアリー
三百数十円。
軽くて薄くて丈夫で言うことない。
さっと買って早々に退散する。

渋谷はハロウィン間近の週末で
浮かれた人々とすれ違う。
あのゾンビや猫や魔女や足の太い妖精も
手帳を持っているのだろうか。
手帳の10月26日の欄に
「ハロウィンパーティー ゾンビ」
と書いてあるのだろうか。
[PR]

by santarablog1 | 2013-10-30 20:13 | その他 | Comments(1)
2013年 10月 25日

こたつとびねつ

マーティンクラブコンサートへお越しの皆さん、どうもありがとうございました!
って一週間前の話だぜ?

知ってる。
もう一週間も経ってたよ。
忙しかったの!

最近のできごと その1

買ってはいけない家具ナンバーワン。

こたつ。

買ってしまった。

これには色々わけがある。
だけどここはぐっと我慢して黙することに決めた。
言い訳することは男らしくないからな。

あぁ…
確かにアタシはこたつを買ったよ。
間違いないよ。
昭和な女だって言いたいんだろう?
だけどよぅ
最近のこたつって、ひと昔前のとは違うんだよ…。


最近のできごと その2

会員制メールマガジン初めて3号目。
明日届きます。
購読者数増えてきました。
反響もいただいてます。

blogと違って、
皆さんと会話するために共有する資料が遠慮なくばんばん貼れるし、
本音を書きやすいし、
楽しんでやってます。
まだ3号目だけど。
そのうちオマケつけたりしたいな。

今月中に申し込んでいただければ
創刊号から読めます。

それでは皆さん、雨にご注意。
[PR]

by santarablog1 | 2013-10-25 12:26 | その他 | Comments(1)
2013年 10月 14日

赤いなぁ


クライマックスシリーズ、
ファーストステージを勝ち抜いたカープ。

信じられない。
b0113844_21522751.jpg

私がきっちりカープファンになった1991年。
リーグ優勝を果たして日本シリーズに出た年だ。
それからずっと優勝してない。
優勝してないどころかAクラス入りしたのが16年ぶりだ。

親会社を持たない独立したチームだから
あんまりお金がない。
カープの選手の平均年俸は巨人や阪神の半分だ。
FAで選手を獲得したこともない。
それがえらいと言っているんではない。
金がないことは言い訳にならない。
だけど金がないからこそ、工夫するしかないし、育てるしかないし、成長するしかない。
そういう過程を見られるのがカープの魅力なのだ。
金がないからこその魅力。

とか言いながら、
今年Aクラス入りできたのは他球団の調子が悪すぎたからとも思うけどね☆
我らがカープはエリート巨人軍とどう闘うのか。


皆さんのまわりにカープファンがいたら、
16日からは
まともに会話できなくて、瞳孔が開いていて、
お茶こぼしたり、新聞逆さに読んだりしてしまうかもしれない。
暖かい目で見てあげてください。
まさに91年以来の晴れ舞台なんです。

さて、深夜スポーツニュースを観ていたら、阪神ピンチの瞬間のスタンドが映って、
「あぁっ!打たれたー!マジでー?」っていう気持ちを全身で表現している女性が大映しになって
それがどー見ても私の友人だった。
彼女は先日大阪で会ったこの人で、しかも数時間前甲子園から私に写メしてくれた人です。
写メこれ。
b0113844_21501247.jpg

いいリアクションだったぜ、R子。
ガラケーらしい写真が泣かせるぜ。私もガラケー。

メルマガ「微熱の世界」は明日の夕方配信予定。
今回は村上春樹氏と吉田拓郎氏について書いてます。
お見逃しなくー。
[PR]

by santarablog1 | 2013-10-14 21:55 | その他 | Comments(0)
2013年 09月 17日

歯の話

例年に増して凶暴だった夏は、簡単には終ってくれなくて
台風だの突風だのチンピラ風子分を連れて去っていく。
ひと雨ごとに季節が進む、なんて風流なことを
なかなか言えない時代になってしまった。

最近、思い立って歯医者に通っている。
先日歯を削った。
10年以上前に削って埋めて治した歯がどうもあんまりよくないと
気付いていたのはもう1年半くらい前からのことで
だけど痛くないので放っていたのです。
いまどきの大人は虫歯なくったって歯医者行ってメンテナンスしてるわ。
恥ずかしい。大人失格。
でも書くけど。

歯医者さんは、自分が世の中でわりと怖がられていることに気付いていて、
とても優しくしてくれる。
そして私の歯を誉めてくれる。

「親知らずが全部生えていて、しかも虫歯になっていないなんてすごいですよ。」
「歯磨きが上手ですね。いいですよ。歯石もあんまりついてないし歯の色も白いですね。」
「気になってるこの1本だけ治療すれば、他はなんの問題もありませんね。
痛くなかっただけあってそんなに酷くはありません。詰め物は一週間でできます。」

これで私はだいぶ機嫌をよくして、
あの嫌な治療も我慢できるってものである。

仮にゴムのようなセメントのようなものを詰める。
一週間の我慢だ。
軽い麻酔が切れたら、舌で何度も感触を確かめてしまう。
ざらっとしていて面白い。
こういうの癖になるよね。
ちゃんとした詰め物ができたら寂しく感じてしまいそう。
ばかじゃないだろうか。

二日後、蓮根を噛んだら取れた。
歯には穴があいている。
歯磨きしにくい。
病院へ。もっと取れにくい素材で詰めてもらう。
今度のはまた舌ざわりが違う。
「ガムとかお餅噛まないようにね。」と先生。
「蓮根です。」と心で思った。

二日後、もやしを噛んだら取れた。
病院に電話をかけるのも気が引ける。
でも歯磨きしにくいから病院行く。
先生は申し訳なさそうに少し首をかしげながら「ミルキー食べた?」と言った。
「食うかい!そんなわかりやすく取れそうなもの!」とつっこみたかったが
私は口を開けていたのでかなわなかった。
タダにしてくれた。
先生ありがとうございます。

で、今もうハイブリッドの本物詰め物が入ってる。
つるつる。
[PR]

by santarablog1 | 2013-09-17 00:25 | その他 | Comments(0)
2013年 09月 12日

神宮 再び

神宮へ行ってきた。

夕方5時。
同行者と待ち合わせ。
信濃町の駅前は野球ファンでざわざわしている。
プレイボールまであと1時間。
平日5時にここにいるってことは、きっとわざわざ休みを取っているのだろう。
みんな楽しそう。

駅から球場まで歩く。
左手に森のビアガーデン。
夕方5時にビアガーデンの前を平常心でやりすごせる人はえらいな。
私なんか野球が待ってなければ確実に吸い込まれてる。
でも森の中でビール飲んでると、すごく蚊に刺されそうだ。
お店はなにか対策しているのだろうか。
昔うちにいた犬は、犬用蚊取り線香に加えて
蚊の嫌がる色の電球と
蚊の嫌がる音が出るというあやしげなマシーンを設置してもらっていた。
もちろん蚊の嫌がる音は人間には聞こえないのだ。
でも犬には聞こえるんじゃね?
犬、平気そうだったけど。
長く生きてフィラリアにはならなかったわけだから、結局そこそこ効果があったんだろうか。
昔の一般的な犬の飼い方なんて雑なもんだったろうに。
うちの犬、結構大事にされてたんだな。

神宮外苑の中を通り抜ける。
右手にあるあの立派な建物はなんだろう。
調べてみた。
聖徳記念絵画館というらしい。絵が飾ってある。
ふーん。
だけど絵画館の前の舗装があり得ないくらい汚い。
飢饉の年の田んぼをイメージしてしまうくらいのひび割れようだ。
多分これは公道じゃないんだよね。
だからお金まわってこないのかね?想像。ただの想像。

球場に辿り着いた。
まだ人は少ない。今のうちにグッズショップへ行くのだ。
カープの帽子欲しい。
小学生の頃、男子が被ってたみたいなヤツ。

売ってなかった…。

神宮ではやたらとみんながソーセージを食っている。
ものすごい量のソーセージ。
多分名物。
買ってきた。
同行者達が買ってきた。
それで私に持たせて写真を撮った。
私が買ったわけじゃない。
b0113844_22433021.jpg


試合は勝ちました。
バレンティン選手がプロ野球記録タイの55号ホームランを打ちました。
私はこの目で見ました。
カープの応援席もみんな立ち上がって拍手喝采でした。
同行者達はソーセージを買いに行ってたので見逃してました。
そーゆーもんですよね、生球場は。
[PR]

by santarablog1 | 2013-09-12 22:26 | その他 | Comments(1)
2013年 09月 05日

蝉の声をききながら

もう9月ですってよ!マジかよ、バカみたい。
私の部屋の真横にでっかいでっかい木があって、
蝉が死ぬほどうるさい。
デモ録音してても蝉の声が入る。
蝉、おまえら今まで死ぬ前の打ち上げ花火だと思って大目に見ていてやったけど、
もう許さん。
ベランダで死んだりとかマジ許さん。
死んだ風に見せかけてちょっとつつくと復活してパニックとかマジ許さん。
朝の5時前から鳴くのやめてよ、もう!!しくしく。


最近はツアー「PORTRAIT」second seasonのために、打ち合わせしたり
個人練習したり、新曲書いたり、新しいことに色々取り組んで、
上記のそれらが思ったようにうまくいかなくて蝉に八つ当たりしたりしています。
さっさと旅に出たいわ。蝉どもから逃れたいです。
でも来週は神宮行くんだー。ふふふん。
きっとこないだ行った時より少し涼しくなってる。
カープは今日の時点で残り試合数24です。3位。
野球に興味ない人も聞いてください。
クライマックスシリーズというよくわからない制度があるんですよ。
野球にはセ・リーグとパ・リーグがあってそれぞれのリーグで6チームが競うんです。
で、最後に上位3チームがクライマックスシリーズに出て
それぞれのリーグの1位を決めるわけ。
別にわざわざそんなことしなくても1位のチームが1位でいいじゃんと思うでしょ?
ねぇ。私もそう思うけど。
でもとにかくクライマックスシリーズってのをやるわけ。
カープは現在セ・リーグの3位。
クライマックスシリーズに出れるかどうか、頑張りどころです。
そんなに出たいか?と思うでしょうが、出たいです。
なんせこの制度が始まって一回も出たことないんですから。

弱いチームを応援するのは結構楽しいことです。
勝った時にすごく嬉しいしね。
連勝なんかした日にゃ他人事ながら夢が広がります。
もしいつか「カープ、なんかしらんけど今年は強い!」って年が来るのをわくわくして
待っていられる。
つまりいつも物語の一番いい部分を味わっていられるわけです。
夢は叶った瞬間に終るのだから。
今まで巨人を応援したことが一度もないですが、
巨人みたいにだいたい常に強いチームのファンってどんな気持ちなんだろう?と
不思議に思います。
ね、だって「今年はミラクルの予感がする!」っていうのと
「今年も優勝よね。」というのと
どっちが映画になる?

…嫉妬ではない!
[PR]

by santarablog1 | 2013-09-05 21:49 | その他 | Comments(1)
2013年 08月 19日

四十九日

お盆休み終わりましたか?
皆さん、どんなバカンスを過ごしてらしたでしょうか。
我々はデモ・新曲練りに時間を費やしていました。
できるだけ早々に皆さんのお手元に届けられるよう頑張ります…。暑いけど…。

四十九日。
先日亡くなった祖父の四十九日だった。
生と死の世界の間にいたらしい祖父は、四十九日をもって無事出立ということだ。
法要中に玄関の扉がバタンと閉まった音がして
誰かおまいりに来てくださったお客さんかと思った妹が確認すると
そこは無人だったという。
旅立ちの合図かもしれない。
ねぇじいちゃん、私が四十九日の時、
じいちゃんとばあちゃんがるーとりき(犬2頭)を連れて迎えに来てくれるなら
目を閉じて、えいやっと飛び出せばなんとかなる気がするよ。

しかしだ。
遠距離恋愛するには相当な努力が必要であることと同じように、
このテンションを保持するのは難しい。
祖父の声は、脳内で何度でも再生できる。
自分で作ったシナリオで長い会話も再生できる。
一方、大好きな祖母だったが、亡くなって10年ちょっと経った今、
脳内で再生する祖母の声が、だんだんあやふやになっている。
脳内で投影する顔も、あやふやだ。
色んな時代の彼女の顔が浮かんでは消え、浮かんでは消え、
最終的には見慣れた遺影の顔になり、動かない。
ばあちゃんのエプロンやなぜかエプロンの前のポケットにいつも入っているティッシュや
二の腕が冷たくててろっとしていてよく触ったことや
半分に折っていつも頭に巻いていた青いスカーフや
どうでもいいことは鮮明に思い出せるのに。

私が死ぬまで、ずっとずっと前に亡くなった人達に対して
ちゃんと愛着を持ち続けることができるかどうか。

遺影って大事ですね。
ばあちゃんの遺影は素敵な遺影です。
ヒロシが撮った。
少し斜に構えていて、何か誰かと喋っているようで、表情に動きがある。
青い光沢のある生地のスーツを着ていて、うっすらと色のついたレンズの眼鏡をかけて
上品な老婦人っぽく見える。

じいちゃんのは、すごく可愛かった。
ひよこ色のポロシャツを着て目線ありでにっこり笑っている。
贅沢を言えば、バタ臭い顔立ちに似合うツイードのジャケットかなんか着せたかったが、
まぁいいか。
ごくごく最近、妹が年賀状用に撮ったそうだ。
じいちゃんくらい長生きだと、子供や愛犬の写真付年賀状みたいな感じで、
大変目立つし微笑ましいので、ネタになりますよ。
遺影にも使えるし!
このアイディアあげます。皆さんも大事なご長寿を撮るといいよ。

さてデモ&新曲練りは続くよ。
ツアーsecond seasonの情報などはオフィシャルサイトでね!
[PR]

by santarablog1 | 2013-08-19 21:50 | その他 | Comments(1)
2013年 08月 03日

渋谷duo

渋谷duo MUSIC EXCHANGE。
このステージに立つのは久しぶり。
今回はたくさんの協力会社の皆さまが
ただただサンタラを応援しよう!という気持ちだけで
採算度外視バックアップしてくれて、気がひきしまる思いでしたよ。
10年やってるとこういうこともあるんですね。
すべてはバンマス兼レーベル代表の砂田さんの実力、
そして私の魅力の賜物でしょうなぁ。
たくさんのご来場、ご声援、ありがとう!
b0113844_17552677.jpg

東京では次のライブがびしっと決まってまして、
森俊之さんとともに11/23。
ちょっと色が鮮やかになるでしょう。
お待ちしてます。

オンステージ。
1曲1曲、味わって歌いました。
照明の関係、会場の大きさ、集中力で
目の前に見えていないものを見ながら歌いました。
フィジカルには絶好調って感じでもなかったけど、すごくリラックスしてた。
しかし見えないものを見る集中力って
他であんまり活かしようのない能力だな。改めて。
東京という街、
このぐちゃぐちゃした街に生きる喜びや憂いや刺激や後ろめたさや
昨日の渋谷のでろでろした暑さを共有している皆さんの前で歌うのは
幸せだったよ。
そんなちっちゃな共通項に頼るのはよくない。
普段、別の街で歌う時は忘れている感覚だ。
でも本編最後の「写真」はやはり東京産の歌なのだった。

なんかしみじみしちゃった。
次回は遡ってテンション高めの北海道ツアー報告日記を書くぜ。
あ、9月末からのツアー第二弾、チケット発売になってます!よろしく。
[PR]

by santarablog1 | 2013-08-03 21:44 | その他 | Comments(2)