2008年 04月 08日

ジョニーがいっぱい出る映画

絶賛デモ制作中。雨がすごい。

ところで、去年から楽しみにしていた
コーエン兄弟の「ノーカントリー」を観た。

すごいかっこよかった。とても個性的だ。
似てるものがない。
この温度も湿度もねじれ方もリアリティーも。
そのバランスが個性的。
前評判通り、ハビエル・バルデムはすごかったよ。
(ニューヨークドールズのデヴィッド・ヨハンセン似のジョシュ・ブローリンもセクシーだった。)

世の中春休み。
シネコン内にはファミリーが溢れている。
子供達が駆けまわって、ロビーはハッピームードなのです。
一方、映画の中では金と麻薬でトラブって、
ばんばん人が撃ち撃たれ、野垂れ死ぬ。
トミー・リー・ジョーンズは「この国の缶コーヒーは美味い」とは言わず
「いつからこうなっちまんたんだこの国は・・・」
なんて嘆くのだけど、
どっちかというとロビーのハッピームードよりも
映画の中の殺伐としたムードの方が
実は今の日本の現状に近いんじゃないかと思った。

というわけで面白かった。
おすすめだよ。R-15だよ。
そういえば登場人物がみんなジョニーを履いていたなー。
[PR]

by santarablog1 | 2008-04-08 00:37 | 映画 | Comments(0)


<< 情熱のクール宅急便      お知らせとHugの報告 >>