2007年 12月 23日

甲府そして名古屋日記 3

ライブ終わりでTokuzo近所の中華料理屋ピカイチでメシ。
ピカイチは中日ドラゴンズファンの聖地である。
お店のママが
なんと例のオリンピック予選(at台湾)を観に行かれたとのことで
貴重なお話を聞かせてもらい盛り上がる我々。
マネージャーの市川さん(巨人ファン)イベンターのチャーリーさん(中日ファン)
ピカイチスタッフの皆さん(中日ファン)
口を揃えて「カープ、マジで来年どうすんの?」と私にたずねる。
私は単なるファンであって、
当たり前の話だが球団の事情はまったく知らないのである。
しかしその場においてカープの代表は一応私ということになるので一所懸命答える。
楽しくもあり奇妙でもある打ち上げだった。
そのまま阪神ファンのマスターがいるお店に移動。
阪神を代表したマスターに新井選手の件でありがたがられる。
しつこいようだが、
単なるファンにも関わらずその場においては一応カープ代表なので
「その恩忘れるな!」と一喝しておいた。
来年は広島市民球場が最後の年。(新球場ができるのです)
試合観に行きたいなぁ。

翌日は午前中お仕事一発、
昼飯食って東京に戻るというスケジュール。
昨日たくさんの名古屋人にあんかけスパゲティーを食って帰れと
念を押されたが
我々は揃ってヘタレなのでえびふりゃーでお茶を濁す。

帰りの新幹線ではマネージャー市川さんからまわってきた鬼平犯科帳を読む。
漫画の方。
さいとう・たかを氏の絵は顔の描きわけがバラエティーに富んでいて素晴らしい。
が、結果ものすご~く変な顔の人がシリアスな台詞を言ったりするので
読み方として間違っているかも知れないが
所々しみじみ笑える。
特に私が気に入っているキャラは馬蕗の利平治という人で
死人のような顔色だが、死人ではない。
[PR]

by santarablog1 | 2007-12-23 00:51 | その他 | Comments(3)
Commented by mike at 2007-12-23 10:37 x
鬼平犯科帳、小説とTVドラマの大ファンです。池波さんの小説はどれも読んでいてイメージが明確で、その場面が想像できるのがすごい。マンガに描いてあったかもしれませんが馬蕗とはゴボウのことで、色が黒く顔が長いのでそのあだ名がついたとか。
ニューアルバム、そしてツアー楽しみに年を越します。
Commented by D.I.シアター at 2007-12-23 23:30 x
そう言えば田村さんってカープファンでしたよね。
私は全く野球に興味がないので話に着いていけませんが、福岡のラジオパーソナリティに[甲斐田貴之]と言うパーソナリティが居て、かなりのカープファンでトークが面白いんですよ。
福岡へ来た際はプロモーションそっちのけで甲斐田さんとカープで熱くぬる-く語ってください!
ソレをラジオ越しに聴きたいので是非!
Commented by pukuta at 2007-12-24 09:20 x
私は広島で学生時代を過ごし、今は名古屋で会社員。。
同じようにカープはどうするのかと聞かれ、
同じように新井選手の礼を言われます。。

広島の選手にはハングリー精神があるのだよ♪
だから薄給で頑張って成り上がっていくわけだよ♪
優勝なんかしなくてよいのだよ。
今のプロ野球を支えているのはカープなんだよ。
それでよいのだよ(¨ )(.. )(¨ )(.. )!!

などと通ぶって見せるのが常々♪

今はたまに名古屋ドームにいく程度で、
なかなかカープ事情に疎くなってきつつありますが、
いつまでたっても飲み会ではカープ応援団長として
熱く語り続けるわけでございます♪

あんかけスパは是非栄 東急ホテル裏の”そーれ”へ。
25時までやってます♪


<< 歌いおさめ      甲府そして名古屋日記 2 >>