2017年 03月 21日

名古屋大阪ありがとう&100号記念

名古屋、大阪 COFFEE TIME LOVER 無事終了!
ご来場の皆さん、どうもありがとう!

名古屋OYS。
リハと本番の合間にぶらりと大須観音へ。
古物市を冷やかす。
味噌煮込みうどんを食べ
青柳でういろうを買い求め
その後コメダで珈琲を飲みながら打ち合わせ。
これほどベタな名古屋での過ごし方があるだろうか。
あったら教えてください。
もっとベタに名古屋するアイディア。
b0113844_15272783.jpg
準備の合間にフロントアクトの皆さんの演奏をちらりと観る。
人の演奏を観るといつも思う。
音楽とはなんだろうな。
演奏者本人がやりたくてやる音楽、
セラピーとしての音楽に近いような、
まぁそういうのは初期衝動としてありだと思う。
でもステージに立つからには
他人にとってそれが面白いものでなければいけないわけで
その辺が上手にできればできたで
時にあざとくなるし
逆に傾くと自慰に溺れてしまうことになり
つまりのところ大事なのは匙加減なのか?と思うと
それはそれでつまらない。
匙加減が音楽だと思われると困る。
かと言ってこれが音楽でございます、というようなタイプの音楽には
よほどの力量がないと思想を滲ませることが難しく
よって受け取る側の力量も試されると、こういうわけです。
なんだろうな音楽って。
だから面白いんだけどさ。

私は直感的に物事をとらえてしまうクセがある。
それを後から「なんで私はそう思ったんだろう?」と考えるんですね。
いつも。
瞬発力に欠ける。
だから何かを観た感想をすぐに言葉にできない。
直感を口に出すとロクなことにならないもんなぁ。

大阪。
まさに理想の珈琲タイムと言うべき天気と
シチュエーションでした。
リラックスしつつ楽しい時間でした。
名古屋で皆さんの演奏を観たことで
なんかこう、自分の中を整理できた感じ?
b0113844_15273013.jpg
ライブというのは本当に全部違うもんです。
例えセットリストが同じでも全然違う。
当然だけど改めてそう思った小さなツアーでした。

さて会員制メールマガジン「微熱の世界」ですが
3月配信分で100号記念プレゼント企画の概要を配信しました!
今月中に申し込めば3月配信分は全て読めますので
今からでも間に合うよ。

会員制メールマガジン田村キョウコの「微熱の世界」好評配信中。
濃い話はこちらでどうぞ。
登録初月は購読料free!





[PR]

by santarablog1 | 2017-03-21 15:35 | Comments(1)
Commented by Nori at 2017-03-29 00:19 x
匙加減が音楽… う~ん、それはちょっと ^^;
それは、プロとして(ありていに言えばお金をいただく立場で)は
衝動だけではいかんし、やっていけないでしょうとは思いますが…

受け取る側の力量… どきっ
いいのだ、受け取る側なんだから、こちらが思う、感じるとおりで!
と言い訳 ^^;

全部違うから、またライブに行きたくなるんですよね ^^
そのいっかい限り。
CDは、いつも繰り返し味わえる安心感、
というか大事なもの…かな?
もちろん、こちらの気持ちや状況で
いつもいっしょ、ではないんですけどね~


<< 先週末は長野にいました      COFFEE TIME LOV... >>