2013年 08月 06日

北海道日記 その1

遡ってのご報告。

7/27

羽田。土曜日。大混雑。
旭川へ向かう便もレジャーの皆さんでいっぱいだ。
みんなウキウキしている。
搭乗口前のカフェで早くも一杯やり始める団体。
走り回る子供達に手を焼くパパママ。
なかでも一番心惹かれたのが、女性の四人連れ。
「お母さん明日から北海道だからね!冷蔵庫にカレー入ってるから!」
と家族に言い残してきたであろう、奥様四人。
JK並みのテンションの高さだ。楽しくて仕方ないのだ。
わかるわかります先輩。旅は女子旅に限るよね。
とてもかわいかった。

旭川着。奥様四人発見。羽田より更にテンション高い。
預けた楽器を引き取りバスで市内へ移動。
時間があったので遅い昼。
噂の生姜ラーメン。美味い。冬の寒い日に食べたいなぁ。暑いもんなぁ夏の旭川。
札幌から移動してきたスタッフM氏と合流。会場入り。
会場アーリータイムスは、レンガ造りの古い蔵。
北海道でよく見るタイプ。
札幌あたりならとっくにリノベーションされてシャレオツなカフェとか雑貨屋とかになるタイプ。
それをしてないとこがいいのだ。
オンステージは楽しく、盛り上がって、CDもたくさんお持ち帰りいただいた。
ご来場の皆様ありがとう!
終ってそのままジンパ。

7/28

9時出発で芦別へ。
芦別は通常のツアーのステージではなく野外イベント。
詳しくはコチラのページをごらんください。
芦別のディランというライブハウス30周年記念を兼ねた
町ぐるみの手作りフェス。
だだっぴろい空き地のトラックがステージだ。
b0113844_2243838.jpg

風が吹いて、見渡す限り山・山・山。
MCの花田さんの声、フロントアクトの方々の演奏、会場をぐるりと囲む素朴な屋台。
控え室はテント。さっそく運ばれてくる差し入れの生ビール。
お客さんはまさに老若男女。
スタッフの方々の顔に見覚えが…
あ!いつもディランで歌う時、観に来てくれる町の人々だ!
こんだけ書いても全然伝えられないけど
本当に本当に北海道っぽい。
山田洋次監督の映画じゃないだろうか、と頬をつねりたくなるような
北海道感である。
もちろん一生懸命ステージをつとめたけど、正直言うと
伝わったかとか音的にどうだとか、そんなことはきっとどーでもいいんだ。
ギターの音がして歌声が聴こえて、それで十分気持ちいいんだもん。
と、思いました。
これが成り立つのは芦別だから。芦別だからOKなんだ。
ライブは出演者と場との共同作品だからね。
サンタラは出演者一番の若手だったので出番も早く、
後は芝生に座ってビールでも飲みながら大先輩達の演奏をのんびり楽しめばいい。

というわけで、昼間からずっと飲んでいた。
ホテルの部屋で打ち上げに呼ばれるのを待っている間、
うとうとしながらNHKの「深海のサメ王国」を観ていた。面白い。

打ち上げでは北の誉。
美味いんですよ、北の誉。次回へ続く。
[PR]

by santarablog1 | 2013-08-06 22:05 | | Comments(1)
Commented by Nori at 2013-08-08 00:10 x
いーなー、北海道。
いーなー、野外イベント!
ブログで読んでいるだけで楽しい。
あ、奥様がたもかわいい ^^
たっぷりおしゃべりもしたんでしょうね~
続きも楽しみにしてます。


<< 北海道日記 その2      渋谷duo >>