サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2013年 06月 24日

うたの日

アルバム皆さんのお手元に続々と届いているようで
少しずつ感想もいただいてます。
とても好評なようで嬉しいです。

昨晩はうたの日。
東京うたの日はBYGが主となって毎年この時期に行われます。
もう5回目くらいになるんだろうか、このイベントに参加するのは。
今年はスケジュールの都合上、サンタラとして参加できず私個人で。
渋谷クアトロでBYG BLUES BANDとともに数曲歌いました。
年を追うごとにただのゲストボーカルから、毎年恒例のゲストボーカルに変化していってると
勝手に思う。
それはサウンドがどうこうではなく「お、今年もまだ音楽やってますね!」「あんたもね!」
というお互いの因果を確認しあうことの蓄積。
愛着というか、仲間意識がようやく芽生えたような気がする。
そうしようと努力することなく。極自然に。
数年の蓄積は無駄ではないのだ。
b0113844_17194096.jpg

ちょうどPORTRAITが出て、10年について色んなところでお話する機会が多い。
サンタラが超マイペースに10年やっている間に
たくさんの方々が音楽そのもの、音楽業界から離れていった。
長くやりゃいいってもんでもない。
短くとも濃いものはいくらだってある。
美意識としてはそっちの方が好きなくらいだ。
でも長く続けると、色々いいことあるんだなぁと
思わせてもらった夜だった。

前半、合唱団の子供達が出演した。
BYG BLUES BANDとゴスペルの競演。
控え室に響く子供の声。
本番10分前にケンカして泣く。
本番はちょっと緊張して、かたくなる。
さっきまでののびのび感はなんだったんだ?
客席でぴょんぴょん跳ねながら聴いている姿。
ステージからいじられた時の反応。
心の動きをコントロールしない彼らの姿は本当に素敵だった。
大人はかっこつけてやだねー。
でも大人の役割はかっこつけることだったりねー。

さて、大人の私は今週末東北ツアーです。
かっこつけるために頑張るよ。
今日もちょっと打ち合わせして軽くリハーサル。
[PR]

by santarablog1 | 2013-06-24 22:18 | その他 | Comments(1)
Commented by Nori at 2013-06-28 01:23 x
今年は、うたの日に行けなかったのてすが、
子供たちが参加とは!
それはなかなか面白そう。

続けることだけがいいというわけではない、
でも
続けることにも意味があり、
続けることでわかることもあり、
と思います。実感します。
写真、いい雰囲気ですね~(確かに主役!)


<< 東北ツアーとPrivate S...      本日発売にて >>