サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2013年 04月 07日

映画、芝居を楽しんでいる

最近、ふと思い立って
DVDで「蒲田行進曲」を観た。すごくよかった。
ぜんぶ嘘でいいのよ、ステキな嘘なら世知辛い本当よりいい、と思ってしまう。
すべてにおいて肉弾戦。
最近のよくある映画のふやふやした感じと全然違う。
風間杜夫氏のダサくてめちゃくちゃな感じ、
平田満氏のダメな感じも迫力です。
でも何がすごいって松坂慶子氏の美しさ可愛さ色っぽさ健気さ。
松坂氏のためにある映画と言ってもいいんでは。
私らと同世代、またそれ以下はきっと観たことないんじゃないかな、観なよ、いいよ。
今、私の中では昔の大ヒット映画を観るブームです。
「E.T」も観た。
「E.T」はDVDだとスペシャルエディションだとかなんとかで
CG処理されていて、当時映画館で観た迫力がない。
いらんことするなよ。
当時多分、小学校1年とかで、開演を待ちきれず前の回の上映をすきま観て、
「E.T」のビジュアルに衝撃を受けた。
怖すぎて母に「観たくない」と訴えたところ、「ふざけんな!」と一喝され、
泣きながら席に着いた覚えあり。
でも終演後にはすっかりE.Tのファンとなり、後日例の自転車を買ってもらった。
その頃マウンテンバイクは珍しくて
近所のお兄ちゃん達が集団で見に来たっけ。タイヤがごつごつしていてかっこよかったっけ。
次に時間ができたら「グレムリン」観るんだ。
「バックトゥーザフューチャー」もいいな。


パルコ劇場へ行ってきた。
今年40周年だそうで、40周年ってすごいね。
そう言えばすっかり忘れていたけれど、昔パルコ劇場で歌ったことある。
映像も残ってる。どっかでまだ観れるかな、youtubeとか?
当時、
楽屋が畳の部屋で鏡に向かってメイクしていると「もしや美輪先生もここに・・・」と感慨深かった。
ステージ上ではなんだか広いなぁお客さんが遠いなぁと思ったが、
観てる立場になると臨場感たっぷりで全然そんなことなかったのでした。
ま、いい席取っていただいたからだけどね。

内容は大人のサスペンスコメディーで
よーく考えられたあらすじに隋所にちりばめられたアイディアと笑い。
名優さん達が奮闘しているエナジーが伝わってきて
大人が8000円払って観るに相応しいと思った。
大人が超気軽に8000円払って
「あぁ面白かった!いやなこと忘れた!さて感想を肴に一杯やりますか!」
って感じに早くしてくれ、日銀さんよ。
「趣味の部屋」というお芝居です。
地方公演もあるらしいのでぜひお楽しみあれ。

さて、mixも徐々に始まって、いよいよですよ。
頑張るぞう。と言っても頑張るのはエンジニアむとーさんですけどね。
[PR]

by santarablog1 | 2013-04-07 22:49 | 映画 | Comments(1)
Commented by エミ at 2013-04-09 23:10 x
「蒲田行進曲」、こういう感じの“映画”好きだなぁ~。
「E.T」…実は観たことないのです、触れずに来てしまった。
「バックトゥザフューチャー」、これ続けてまた観たい。

つい最近、映画何観ようかなとちょうどチェックしていたところでした^^。


お芝居はいろいろ行ってみたいとは思うのですが、なかなか…あまり行くことできないですね。。

パルコ劇場でのライブ、結構前かな?懐かしいな♪


<< 物欲      全録音終了! >>