2013年 03月 11日

あれから

江ノ島に行ってきた。
江ノ島の神社には弁天さんがいる。
昨年秋に「術後も変わらず歌えますように。」とお願いした。
願いを叶えてもらったのでお礼参り。
ありがとう弁天さん。
何かをお願いしてそれが叶ったならお礼に行く。
それが大事って京都のどっかのお寺の人が言ってたのを覚えている。

風が強くて波が荒かった。雲は吹き飛ばされていた。
モンシロチョウのようなヨット達。
家族連れ。恋人同士。ハイキングサークルらしき団体。はしゃぐ学生諸君。
犬。猫。大道芸。貝殻細工のすすけたお土産。
てっぺんあたりの茶屋でビールを飲んだ。
もしも津波がおこったら、この幸せは一瞬で消えてしまうのだなぁ。
悲しみや苦しみは覚えていてもらえる。
だけど幸せは消えてしまったら忘れられてしまう。
確かにそこにあったものなのに。

幸せがあったことを忘れたくないから
昨年は「perfect happiness」を書いた。
ずっとそんな気持ちでいられたら、それが悟りの境地なんだろう。
もちろん私だってみんなと一緒。ずっとそんな境地ではいられない。


河津桜が満開だった。
100%の幸せ。
b0113844_18481511.jpg

[PR]

by santarablog1 | 2013-03-11 18:52 | その他 | Comments(1)
Commented by Nori at 2013-03-14 00:12 x
最近の初詣のお願いは、
身近な人や友人の健康だったり就職だったり…
それも、「神様いっぱいあってごめんなさい」状態 ^^;
自分の分はしごく当たり前のお願いということは
幸せなんだということを忘れちゃいけないと思うのです。

私も、ちゃんとお礼を言おうと思いました。


<< 続く      京都そして恵比寿 >>