サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2012年 11月 26日

晴れ女がゆく

一泊二日。女ふたりの小旅行。

予報では一日目が曇り時々雨。二日目が終日雨予報。
でも雨は降らないだろうと思った。
根拠はないけど、強いて言うなら「降ってほしくないから」である。
私は雨女ではない。むしろ晴れ女なのだ。
我々のライブの日に雨が降りがちなのは、私のせいではない。
雨男、雨女は、砂田くんか、もしくは来てくれるあなたである。
でもまぁいい。ライブはインドア活動だし。風流だと思えば許せる。
しかしガシガシ歩くと決めた日の雨は風流で片付けられない。
というわけで、傘は持たずに出かけた。

初めて日光東照宮を観た。
b0113844_21204447.jpg

とにかくカワイイ。すごいハイテンションなカワイイ。
b0113844_21211470.jpg

濃い、くどい、カワイイ。
さすが世界遺産登録。
拝殿の中に入る。
襖絵を見て「なにこれ」「ヘタクソ」
「将軍が描いたんじゃね?」「じゃなかったらここにあるの許されなくね?」とか言ってたら
狩野探幽作だった。
すいませんでした。
b0113844_21215860.jpg

しかしあぁでもないこうでもないと言いながら
この日光二社一寺を観るだけで3時間と少しかかった。
なぜかまったく喋らない外国人団体客の隣のテーブルで
遅いお昼(とビール)をゆっくり楽しんで、鬼怒川へ移動。
温泉、地酒、おしゃべり、爆睡。

翌日は日光そばまつりへ。
知ってる?そばまつり。めちゃくちゃ楽しいよ。調べてみてね。
大谷川沿いに細長く広がる公園で行われたのだが
蕎麦もさることながら、この公園が素晴らしく美しく、
オススメです。だいや川公園という名称。

他にも戦慄のなんとか病院みたいな恐怖感を味わせてくれる猿山や
幼少時大好きな薪を拾いながら稼業の本屋を手伝ったと言われる二宮尊徳翁の神社など
歩きまくり二日間だったが
やはり雨は一度も降らなかった。
一番言いたかったことは、予報が全部外れて「雨が降らなかった」ということである。
まいったか。
あと二日目の写真ナッシング。きれいな公園とか言いながら写真なし。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-26 21:27 | | Comments(1)
Commented by Nori at 2012-11-29 00:11 x
私の初日光東照宮は、小学校の修学旅行でした(古い ^^;)
当時はなんかよくわからず、
眠り猫を見て ”小さい…”と思ったのを覚えています。

「雨は降らなかった」んですね、まいりましたー
私も雨女ではないハズなのですが、最近自信がなくなってきました(-_-)
しかし、サンタラ仲間数人のなかで、
「彼が参加したライブは雨が降ってない!」人がいることを発見。
彼は最近都合が合わず、参加できないでいるのです。
2月に晴れ男の実証ができることを期待!


<< ビフォアアフターのビフォア部分...      Harvestと鏡 >>