2012年 11月 01日

やっちまいました。っていうかもうだいぶ前からやっちゃってたことが判明。

年内にあと三本ライブがある。ツアー名は「Harvest」。
今月11日は吉祥寺。
12月は大阪、豊橋。
それが全て終わったら手術することになった。
人生初の入院&全身麻酔である。

今年の春あたりからなんか前と喉が少し違うなぁと思っていた。
声が違うのなら別にいい。
声なんか変わるものだし変わらなければ歌い続ける意味がない。
でも声が違うというより、喉が違う。
こういう力の入れたらこういう声が出る、という自分なりのいつもの計算が
とある域でほんの少し狂うのだ。
まぁでも狂うなら狂うで、公式を変えれば済むだけのこと。
実際春からこっちそれでずっと済んできた。
あと、気のせいだろうと思っていたというのはある。てへぺろ。
私は割となんでも気のせいだと思ってしまうタイプです。

レコーディングが始まって、シビアな状況で自分のプレイを聴いて
一度調べとこうかな、と思い立った。
プロっぽいだろう。
こういう時プロは声の専門医のとこに行くのである。

専門医のとこに行ってスコープを入れて判明しました。
気のせいじゃなかった!声帯ポリープでした!
先生によると、歌い手がよくやるポリープとは種類が違うのだそうだ。
なにそれ。
「たった一回の事故が原因。」だそうです。
「事故ってなんですか?」
「事故っていうのはね、要するに出血なんだけど、あなたの場合は杉花粉症であると・・・
で、さらに春くらいから自覚症状があると・・・。
これから考えてほぼ間違いないね。たった一回のくしゃみです。
くしゃみというのは皆さんが思う以上に声帯にとって負担なのです。」
えぇー・・・花粉、どこまで・・・。

歌う人がなるポリープではないので、このまま歌い続けても悪くなることはない。
そのかわり消えてなくなりもしない。
ポリープを温存して、付き合い続ける歌い手もいる。
そのポリープこそが声の個性だったりする場合も多々ある。
でもまぁ私自身はそういうタイプでないからさっさと取る。
入院するよ、というのが恥ずかしいくらいの一泊二日。
ポリープの写真見たい?グロいか。やめとくか。
見た目すっごく潰したい感じです。
赤くてぽちっとしてる。
ぽちっとしたものを潰すのがすごく好きだ。
手術自分でしたい。
男子中学生をたぶらかしてニキビ潰したい。

というわけで
私の今の喉とは年末までのツアー「Harvest」でお別れ。ぜひ見届けてください。
来年はリニューアルされた喉になるのです。
[PR]

by santarablog1 | 2012-11-01 12:11 | その他 | Comments(4)
Commented by てん at 2012-11-01 16:18 x
東京行きます。
お大事に
Commented by あおけい at 2012-11-01 21:54 x
気持ち分かります!私も潰したいです。
うちの兄は扁桃腺取ってからとたんに太りだしました。
キョウコさんはどうかご無事で!
Commented by Nori at 2012-11-02 00:53 x
びっくりしましたぁ
くしゃみって、あなどれないんですね…
でも、そんなちっちゃいポリープを感知するキョウコさん、
スゴイです。

Harvest → 収穫 → 刈り取る → ポリープくんも刈り取り
などどいうしょうもない連想を一瞬しました、ごめんなさい。
一泊とはいえ、お大事にして下さいね。
Commented by あい at 2012-11-05 20:17 x
ポリープと聞いて、よくない想像をしてしまいましたが、想像したような状況じゃなくて良かったです…安心しました。
今回のツアーは行けそうにないですが、リニューアルされた喉のキョウコさんを待っています。


<< なんでか最後は酒の話となる      鍵と小鳥 >>