サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 26日

鍵と小鳥

秋本番。
レコーディングやデモ録音や病院や来月11日のライブ準備や諸々。

この忙しいのに自転車の鍵を失くしてしまった。
自転車は私の身体の一部であると言っても過言ではない。
できることなら何処へでも自転車で行きたい。
そんな風に言うと、
まるで昨今流行している、ロズウェル事件みたいなヘッドギアや
ズボンの裾を留めるバンドが必要なタイプの自転車乗りみたいに聞こえますか?
違います。
高校生が乗ってそうな自転車に乗っている。
だから鍵って言ったって、ごくごく簡易なものだ。
大きさなんかネイチャーメイドのビタミンCの粒とそんなに変わらない。
あの粒は日本人には大きすぎると思います。
まぁネイチャーメイドに関してはまた今度じっくり検証するとして
問題は自転車の鍵なのだ。
どんなに鍵が小さかろうが、なければ車輪は動かないのだ、当たり前だ。

鍵を失くしたのは三度目で、もうスペアはない。
仏の顔は三度までだが自転車鍵業界に置いて三度目はDEATHを意味するわけだね。
なるほど仏より一回少ない。
仏はさすがに仏であることよ。
最後の鍵は、つまり3個目の鍵は不思議な鍵で
何度なくなっても帰ってくる鍵だった。
思いもかけないところから見つかる。
文庫本のページの間、タンスの中、財布の中、何度も探したはずの鞄の中。
きっと小鳥が届けてくれるのだと思っていた。
いつか小鳥の命を救ったことでもあるのだろう。覚えてないけど。
小鳥ははかないので、多分もう死んだのだ。

今日はいい天気で気分がよかった。
自転車のハンドルを押し、後輪部分を持ち上げて最寄の自転車屋さんまで行った。
自転車屋さんは、でっかい鋏のようなものでロック部分をぶった切り
新しい鍵を装着して、850円。
小鳥。たった850円の鍵を届ける為に命をすり減らしたのか。
それとも
b0113844_2162625.jpg

小鳥を食べたのお前か?
[PR]

by santarablog1 | 2012-10-26 21:08 | その他 | Comments(1)
Commented by よしころ at 2012-10-30 12:36 x
もしくはうちの犬かもしれない。


<< やっちまいました。っていうかも...      なか休み >>