サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2012年 10月 03日

梅酒その後&誰かこの葉っぱの名前知りませんか

秋だねぇ。
もう10月だって。
去年新宿で酉の市のポスター見かけて時の流れの速さに愕然としたんだが
今年も見かけたらびっくりしちゃう、多分。
だから前もって心の準備しとくわ。
酉の市は来月だYO!

秋と言えば果物が美味しい季節だね。
今日紅玉を見かけた。
紅玉は果実酒に向いているらしい。
八つに割って、皮は残して、レモンの果実部分とともに漬けるといいんだって。
そうだそろそろ梅を漬けた日本酒は果実を取り出してもいい頃だ。
こんな色です。
b0113844_2047138.jpg

まぁ見事な琥珀色。
たった3ヶ月でこうなりますかねぇ。
実をひとつ取り出して食べてみる。
ぶよぶよ。はっきり言ってたいして美味しくありませんな。
なんかチョーヤの梅酒に入ってるヤツはもっと食べ甲斐がある感じじゃね?
ぷりっとしてるもんね。
今年の夏は暑かったからかなぁ?
酒部分はすごく美味いからまぁいいか。
これから瓶に移し替え、酒部分だけで熟成を続けます。
その前になくなるかも。なくなりませんように。


さて明日からまた続けてスタジオ。
スタジオへの道のりでこんな生垣を見つけた。
b0113844_20472688.jpg

なんてことない。こんなというほどではない。
でもね、この葉っぱは私にとって特別な葉っぱ。
なんという名前か知らんけど、この葉っぱのくるっとした感じ、写真で伝わるかな?
これね、つるっとくるっとしてる。
指でしごいても形状記憶されてるみたいにまっすぐにならない。
無理にまっすぐにしようとするとそっくりかえるか、割れてしまうの。
これ幼い頃、どっかにあったのよ。
どっかはわからない。
うちじゃなかった。近所の家とか友達の家とか学校の帰り道。
とにかくこんなどこにでもありそうな葉っぱを覚えてしまうほど
そこで誰かを待ってて、待ちぼうけくらい待ってて
手持ち無沙汰にこの葉っぱをちぎった、指の感覚を覚えている。
一度や二度の記憶じゃない。
私がいつも誰かを待っている場所に植わっていた木なのだ。
スイミングスクールの駐車場かな?
それとも学校行くのに友達と待ち合わせた十字路か?
その頃、この葉っぱの形も大きさもだんご虫に似てると思っていた。
背中の光沢もそっくりだと思っていた。

オトナになって、初めての再会。
初めての再会ってなんか変だね、でも初めての再会。
おう、お前、相変わらずだね。
お前もな。
[PR]

by santarablog1 | 2012-10-03 20:48 | その他 | Comments(2)
Commented by メェ~ちゃん at 2012-10-12 13:43 x
写真の植物は、M小学校の校庭にはあったと思う。
Commented by 通りすがりファン at 2012-10-19 07:05 x
玉ツゲ?


<< なか休み      録音始まる >>