2011年 10月 13日

秋の夜長にとりとめのない話 2

私は歴史が好きです。
学生の頃から好きです。
中学生の頃、瞬発的な記憶力はあっても長期的な記憶力に欠ける自分の素質に気付いて
インディージョーンズのような考古学者になることは諦めました。
年号とか覚えた端端から忘れてしまったもの。
(そもそも考古学者の代表をインディージョーンズだと思うのが大間違い。)
それでも歴史の授業は楽しかった。
浪漫がありました。
数学に浪漫を感じる人、科学や物理に浪漫を感じる人、色々いるでしょう。
でもあの頃はみんなセンシティブだったから
思った通りのことを友達に話せなかったりしたよね。

高校の時の世界史の先生(お名前を失念してしまった・・・)の授業は
とても楽しかった。
クラスの半分強くらいは寝ていて、半分弱くらいは前のめりで聞いているという
わかりやすい感じでした。
先生の授業は時々、いやむしろ大いに
世界三大宗教の概要、その歴史に時間を割いていました。
イスラエル、パレスチナの問題はレポートを書いたりしたな。
歴史の授業からはみ出しているけど、歴史なしには語れない
そんな話をいっぱいしてくれました。
現代に起きている世界の紛争の原因のいくつかが、なんとなくわかるようになりました。
先生は映画がお好きだったようで、
たまにレンタルビデオ屋さんでお見かけしました。
その時先生はいつもおすすめ映画を教えてくれました。
「アラビアのロレンス」「さらば我が愛 覇王別姫」とかね。
しかし先生のお名前は失念したという記憶力の悪さ・・・。
やはり私は歴史には向いてない。でも好きなんだ。

あの時日本史を選択していなくて
今になって勉強してるけど、今になってそれでもしている勉強ってほぼ娯楽だ。
職業柄、各地を巡ってその土地土地で、地元の方々の話を聞くととても面白い。
だから今、学生さんで、受験のため仕方なく歴史を勉強してる人に言いたいことは
将来、もしもあなたが色んな場所を旅する人になっていたら
その勉強はやがて大きな楽しみの糧になるかもしれない。
ちょっとした知識があるだけで、旅は数倍楽しくなる。
英語や数学みたいにグローバルな矢印じゃないかもだけど
一生楽しめる娯楽に通じる道なんだ。

さて、週末は歴史の宝庫、京都名古屋でAs You Like!
旅が楽しみで仕方ない!
あぁ地元山口県の萩あたりもじっくり旅したいなー!
[PR]

by santarablog1 | 2011-10-13 22:25 | | Comments(0)


<< 秋の夜長にとりとめのない(美味...      秋の夜長にとりとめのない話 >>