2011年 08月 25日

世間観察日記

電車

都内で電車に乗っている時は音楽を聴かない。本を読まない。
なぜなら色々聞き逃すし見逃すからだ。
電車の中で感じることは今まで色々ネタになってきた。

今日乗った電車は空いてもいないし混んでもいなかった。
女の人が多かった。
肌の白い人がプラチナやシルバーのような銀のアクセサリーを着けているのは
とても素敵。ピンキーリングもいい。
つり革を持つので特にブレスレットや指環が目立つ。
ゴールドでは(服とのバランスもあるけど)はっとするほどではない。
日に焼けた人のサンダル、ペディキュアの蛍光色のピンクやグリーンは
とても素敵。
とってつけた感がない。
老年の女性が花柄を着ているのは最もいい。
明るい色だと人を勇気づける。

東京の電車では、
みんな人生や個性を上手に仕舞う。
薄手のカーディガンをくるくると巻いて鞄に入れるように、上手に仕舞って、
電車に乗っている。
終電間際になると酔っ払っている人が多くて
仕舞うのも下手になる。
だから電車が狭い感覚。
ミシュランのキャラクターみたいにもくもく膨らんで電車が狭い。
[PR]

by santarablog1 | 2011-08-25 21:38 | その他 | Comments(0)


<< 夏休みに涙はつきもの      自信をなくすのも悪くないと言っ... >>