2011年 06月 29日

東北日記 1

ただいま東京。暑い。
初の東北ツアー終りました。
ご来場の皆さん本当にどうもありがとう!
一度も訪れたことのない街で「ずっと待ってた!」と言ってくれる人がいる幸せ!

初日、山形。どしゃぶり。
東北ツアーをコーディネートしてくれるテリー氏と待ち合わせる。
リハ終わりで会場Noisy Duckのマスターが山形の話を色々聞かせてくれた。
山形市内は蔵王から来る水道水の地域と月山からくる水道水の地域に分かれていて
蔵王の水道水は美味しいんだそうだ。
実際お店のお水はミネラルウォーターのようにまろやかだった。
マスターから「即身仏」「草木塔」のことを聞き、
この雨がどーにかなったら、明日の移動は月山~湯殿山ルートで行こうということに。

頭に山が着く県民がひとつ所に集まるライブは和やかに温かく、ノリも良く。
しっぽりと楽しかった。
さて「山形大学の略称を探れ!」ミッションですが
なんと、最も懸念していた結果に終りました・・・。・・・「やまだい」・・・
山形大学は「がただい」ではなく「やまだい」と呼ばれているのだ。
山口とかぶってる!残念!

今日の打ち上げでいただいた日本酒。鯉川。銀住吉。
たくさんの山形人とお会いしたけども皆さん穏やかで優しい。
なまりもすごく素敵だった。
山形ぜひもう一度行きたい。

翌日どしゃ降り。
「即身仏」様とのご対面の願いもむなしく
月山~湯殿山ルートは通行止め。
というより秋田へ向かうルートはあちこち通行止め。
テリー氏のナビがあって助かった。
月山を迂回して濁流の最上川に沿って酒田へ。
この雨で本気の濁流。最上川沿いの集落では消防団が出ている。
酒田へ着いて酒田ワンタン麺の「満月」へ。
b0113844_17505654.jpg

あぁこれが酒田のワンタンかー。すっごく繊細。
とにかくワンタンとは雲呑と書くだけあるねぇ。薄くてつるり。
そこから急いで能代へ。

能代では能代のライブを主催してくれた皆さんと前夜祭。
能代の海の幸をいただきながら
「なぜサンタラのライブを企画主催するに至ったか」というお話や
(能代では好きなミュージシャンのライブを自主企画主催する文化が根付いている)
音楽やギターの話。
いただいたお酒は秋田・喜久水酒造のどれか(失念)。

翌日、午後いちからセッティングをしているというので
少し会場を覗きに行くと
昨日ダイニングバーだった場所に機材が運び込まれていて
たくさんの人々がせっせと設営している。
心待ちにしてくれていたのだなぁと引き締まるような気持ちだった。
ちゃんと盛り上がってよかった。
ライブ終了後、お客さんから能代名物べらぼう凧をもらう。
b0113844_17513599.jpg

どうですか、この強烈なふざけっぷり。
しかも夫婦なの。
芭蕉をかぶった方が男。牡丹が女。
その後ギターをもらった。テイラーの。

能代の皆さん、どうかしてるぜ!
[PR]

by santarablog1 | 2011-06-29 17:52 | | Comments(2)
Commented by 山形アラフォー女子 at 2011-06-29 18:49 x
東北ツアーお疲れ様&はるばる来てくれてありがとうございました!生サンタラ聴けてホントにいがったず~。まさに雨嵐と共に去りぬ、でしたが、これに懲りずにまたのお越しをお待ちしておりま~す。まだ来てけろな~
Commented by ほうろう at 2011-06-30 00:45 x
お帰りなさいー!いやー、しかし暑いっすね。お元気ですか?
東北ツアー満喫されたようで、うらやましいです。当然LIVEも盛り上がったことでしょう。お客さんも超うらやましい。
能代では夫婦のTRICKSTER?が出迎えてくれたんですね。盛り上がらないわけない!(^^)
「やまだい」だけ、ちょっと残念でしたが、まあそうかなってね。
音声blog更新はオーラス後かなぁ?そちらも楽しみにしてます♪(^^)
ではまた


<< 東北日記 2      東北に関する想像と妄想2 >>