2011年 03月 15日

メッセージ

被災者の皆さん 全国の皆さんへ

メッセージと歌を録音してネットラジオ的音声blog「TRICKSTERによろしく」にUPしています。聴いてね!

ミュージシャンのできることはまだまだ後の段階だと思っています。
でも今、何もしないというのはできなかった。

Twitterでは随時報告していましたが
地震のあった時、私は実家、山口県岩国市にいました。
その後2日ばかり実家に滞在してテレビやラジオ、ネットで情報を得ていました。
画面には被災地の惨状が映し出されています。
会う人会う人、みんな一様に顔を曇らせて話していましたし、
できることは何だろうか、献血はどこでできるか、募金はどこで受け付けてくれるのか、
などと情報交換しあっています。
しかし山口県はぽかぽか陽気で交通も麻痺してないし物資も豊富、
(当たり前ですが)
大人は仕事に出かけ、子供は学校。いつもと同じ生活です。

西日本ができることは、日本の経済活動を支えること、
東日本のぶんまで働いて製造を頑張ることかもしれない。
縮こまっている場合ではありません。
復興は被災直後から始まっているんだ!
[PR]

by santarablog1 | 2011-03-15 17:09 | その他 | Comments(2)
Commented by chihiro at 2011-03-17 20:08 x
こんにちは。
岩手出身、岩手在住の者です。
内陸に住んでいたため、被害は最小限で済みました。
空港のまん前に住んでいいます。
夜中、真っ暗な中、搬送や救助のためひっきりなしにヘリの音、救急車の音が聞こえていました。
携帯では、充電が切れるまでとにかく友人は無事か何度も何度もつながるまでメールを送り、ラジオだけが情報源でした。
サイレンの音がずっとして眠れず、MDウォークマンとCDウォークマンの充電が切れるまでサンタラを聴いて口ずさんでいました。
サンタラの音楽だけで、余震や真っ暗闇の不安から救われました。
3日後、徐々に停電が復旧し、やっと家に電気が通ってテレビをつけた時、初めて被災地の現状を知りました。
ラジオで想像していた以上のもので、とてもショックでした。
私には、サンタラの音楽が救いになりました。
沿岸に比べたら超大したことないのに、命の危機を感じ、何度もくじけそうになったけど、サンタラがいたからくじけずに前向きでいられました。
今回は、どうしてもお礼が言いたくて書き込みました。
私の不安を取り除いてくれてありがとう。
音楽を届けてくれてありがとう。
Commented by santarablog1 at 2011-03-17 21:25
chihiroさん無事でよかった!「ありがとう」という言葉を私に届けてくれてありがとう!こんな非常時に役に誰かの役に立てたことを知って私らますます頑張れるよ。傷ついた仲間達を励まし支えてあげてください。私達もできることを考えることを止めないと約束します!いつか会える日を楽しみにしてます!


<< UNITE!      ライブの話 >>