サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 19日

泣ける話

最近すぐに涙が出るようになって困る。
悲しくて涙が出るのではなく、感動して涙が出るのです。
日々色んな対象に感動しているので、法則があるんではないかと思い
自分なりに分析してみたところ、
私が感動するポイントは「生命力の爆発」だということがわかりました。
もうね私、情報過多だから祖母ちゃんとか母さんありがとうみたいな話では
泣けないのよ。てへ。
いやー、しかし生命力の爆発か。言葉にすると岡本太郎のパクリみたいだな。
でも岡本太郎の作品には涙しないけどね。
どっちかっていうと胸がざわざわして直視できない感じ。

まぁ岡本太郎は置いといて。
例えばですね、
馬とか犬が思いっきり走っているのを見ると涙が出ます。
イルカの群が船に併走してる(併泳?)のとか泣けるでしょ?
ヌーの大移動もね。
あとは東南アジアや中米の遺跡が植物に侵食されてる感じも泣ける。
合唱は泣ける。下手でもいい。
歯を食いしばっているようなブルースマンのギターも泣ける。
去年のお誕生日にいただいた伊藤若冲の画集も泣ける。
描きたいからこう描いたんだというのがびしびし伝わってくる。
こないだ映画を観にいった時に予告編だけで泣きそうになった
「ダンシング・チャップリン」はきっと素晴らしい映画に違いない!という予想。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-19 00:26 | その他 | Comments(2)
Commented by 50iron at 2011-02-22 21:52 x
プロフェッショナルが技と才能を思う存分発揮している姿も泣けます。それで思い出すのは映画『バベットの晩餐会』、そしてサンタラLIVE!
Commented by さかな at 2011-02-25 13:38 x
動物が全力で走ったり…で泣けるってなんか凄くわかります

最近自分勝手で惨めな涙を流しました…惨めな気分です。

感動の涙は昨年「フラッグ」を聞いてながしました。
感謝です


<< 鏡      お知らせばかりではなんですので >>