サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 06日

作品を作るとこんないいことがあります。

明日からいよいよNEWアルバムのTDに入ります。
TDというのはトラックダウン。
録音した音をうまい具合にMIXしてひとつの音源にする作業です。
昨年末から録音した数々の音がどんな風にまとまるのか、わくわくです。

こんなこと言っちゃっていいか、と言えばよくないのかもしれないですけど
デビューアルバムを録音してた頃は、
歌以外の楽器の音に関してあんまりわかんなかったね。
わかったことは違和感があるかないかということくらい。
あとはグルーヴしてるかどうかくらいかな。
また違和感をどういう言葉で表現したら人に伝わるか、というのも難しく
(音楽基礎知識の欠如により具体的な説明ができなかったのもひとつの原因。)
もやもやしたし、相手ももやもやしたと思う。てへ☆
しかしやはり積み重ねというのは素晴らしいことだ。
今はレコーディングやTDが非常に楽しい。

音楽業界では「やっぱミュージシャンたるものライブが重要!」という風潮になってきて久しい。
ライブは大事よ、と私も思う。
同じ空気を震わせてお客さんと過ごす瞬間は何にも代えられない。
でも私は作品を作りたい。
CDが売れない、不法ダウンロードが横行してる、どーせMP3に変換してみんな聞いてる。
だから音源制作にかける予算も時間も人も削減されがちな、そんな業界の風潮ですが、
それとは関係ない次元で、作品を作りたい。
音源にはライブにない羽根がある。
例えば
半世紀前のアメリカの音源を聴いて、いいなぁと今も思う。
だけどもちろん半世紀前に、さらにアメリカに私は存在しなかったわけでしょ?
音源は時も場所も超えられる。
作品を通して会えるはずのない人に会えるのよ。
絵も写真も映画も文学も同じことだね。

斜陽の音楽業界で何をなまぬるい甘っちょろいこと言ってんだと言われるかな。
でも胸の片隅にそんなロマンを住まわせて
タフにやっていこうと思うんだ。
[PR]

by santarablog1 | 2011-02-06 00:55 | お知らせ | Comments(1)
Commented by ほうろう at 2011-02-06 23:35 x
えらい!よく言った(寅さん風)
なんて偉そうな発言してしまいました。すみません(_ _)
キョウコさん、頼もしいっす!いい音楽は時を越えますよね。本物のアーティストは時空を超越した感性を持っていると思うんです。自分を信じて、いいものを追求してこそ本物だと思うし、尊敬します。カッコイイ!(^^)
ではまた


<< TRICKSTERによろちく!      タイトル問題 >>