2011年 01月 11日

MUSIC LIFE その魅惑の世界 1

スタジオ作業粛々と進行中です。

スタジオ内では「待つ」というのもひとつの仕事です。
自分がブースに入らない時、エンジニアさんがデータをいじっている時、
機材調整中の時、何かにつけ待つ。
スタッフに至ってはほぼ待っている状態と言ってもいいでしょう。
その間、PCを持ち込んで仕事する人もいるし、
本を持ってきて読む人もいます。
そのどちらも用意してきていない人の為に
雑誌が置いてある場合があります。
やはり音楽系のマニアックな雑誌が多いですね。

今お世話になっているBSTスタジオコントロールルームにも
雑誌が置いてあるのですが、それがすごい。
70年代中頃のMUSIC LIFE。音楽専門誌。
(98年廃刊)
ほぼ骨董品です。
b0113844_12591398.jpg

我々ロックミュージシャンが憧れるたくさんのヒーロー達の
若くてかっこよかった時代の写真がたくさん載ってる。
ジョンレノンは生きてるし、クイーンも絶賛売出し中。
カーリーサイモンは美しく、ストーンズは昔からずっとスターです。

そして時代を感じさせる数々の言葉。

ここで一部を紹介しようと思います。

まずは露骨な単語のチョイス。
b0113844_130730.jpg

なんとなく田舎人間の方には選ばれたくない。
b0113844_1312345.jpg

横溝的ロマンを感じる。
b0113844_1344220.jpg

ストリーキングが流行ってたらしいよ。
b0113844_137423.jpg

郡山フェスと超能力・・・
[PR]

by santarablog1 | 2011-01-11 13:09 | 読書 | Comments(1)
Commented by ほうろう at 2011-01-11 23:37 x
遅くなりましたが、あけおめ~ことよろ~(^^)
70年代の単語。確かに既に骨董。。そんな単語に一種郷愁を覚える私は、人間骨董かな。間違いない。(^^;
ヨーコさんにアドバイスする人を聞くなんて、みえみえの質問しちゃうインタビュアーと、見事にすかすヨーコさん。ロックだなぁ。超能力、そういえばブームがありました。懐かしいー
待ち時間にMUSIC LIFE読んで、リラックスしていい歌録ってくださいね!期待してます♪
ではまた


<< MUSIC LIFE その魅惑...      きたるべき2月に備えて >>