サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 07日

異界へようこそ

花園神社の酉の市に行ってみた。
b0113844_23531255.jpg

花園神社ってこんな広かったっけ?と思うくらい人がいて店がある。
熊手というのは一番最初は大きいのを買ってはいけないんだって。
毎年、贔屓の熊手屋で、去年より大きな熊手を買うべきなんだって。
年々そうやって少しずつ大きくなるわけ。
怖いね。
来年儲けてフォークくらいのから始めよっと。

さてそんなヘタレな私の目的は見世物小屋でした。
あの小屋の中に一度入ってみたかった。
b0113844_23534149.jpg

見世物小屋のシステムはすごい。
客はいつ行っても開演時間まで待つ必要がないの。
どういうことかと言いますと
一度始まるとエンドレスで
いくつかの演目を順番に繰り返しやっていくのよ。
だから客は一度観た演目がもう一度始まったら
「ひととおり観たな」とわかって、ひととおり観た人から退場するの。
たいへん合理的なシステムです。

話には聞いていたものの
外観やネオンや呼び込みの口上とは裏腹に
中のムードはほのぼのしてます。
ニシキヘビが出てきたかと思えば、犬が輪をくぐったり、
ゆっるい手品があったり、
双頭の動物のミイラが登場したり。
繰り返しやっているだけあって
とくにクライマックスはない。
でも頭を落としても動いている死にたて(?)の蛇を食べる芸は
なかなかすごかった。
骨が砕ける音が聞こえた。

演者の高齢化で存続はもう無理かと諦めていたところに
若い人が入ってきてくれて、はりきってる!と
この方が言ってました。
b0113844_23541014.jpg

日本最後の見世物小屋なんだそうです。
ちなみに手に持ってるのは蛇です。
目がつぶらで可愛いです。
[PR]

by santarablog1 | 2010-11-07 23:56 | その他 | Comments(2)
Commented by あおけい at 2010-11-08 01:40 x
あらっ、私も今日いましたー☆キョウコさんにバッタリお会いしてみたかったです。
すごい人人人でしたよね!
熊手が大奥のように豪華絢爛で、眩しかったですね。
出店ご飯は何食べましたか?
Commented by Nori at 2010-11-08 21:51 x
熊手を持っているひとを街で見かけて、
「もう熊手!?」と思いましたが、
花園神社からの帰路だったのかもしれませんねー

(毒のない)へびとかトカゲの目って
つぶらでかわいいですよね!


<< 続 細胞画      秋の夜長は「いやいい」 >>