サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 27日

タイプの問題

BYGにお越しの皆さん昨日はどうもありがとう!
よんでくれた松千のふたりどうもありがとう!
ハーピストかっちゅーほどハープを吹いた。
星影の小径、夜霧のブルース、港が見える丘など歌いました。
歌は珍しく低音がぶっこわれてコントロールが悪く
ちょっと不本意。ごめんちゃい。
でも皆さんのおかげで楽しかったよ!
昨日待ち時間にぼんやりとわかった。
歌うために歌があるのでなく
歌があるから歌手がいる、と私は激しく思っているのだと気付いた。
そういうタイプなんだね、私。
それはよいわるいの話ではなく
タイプの問題です。

ついでに今年の東京うたの日のちょっとした打ち合わせもしてきた。
サンタラとしてのステージもありながら
他の出演者の方々と絡むシーンもたくさんありそうです。
お楽しみにー。
次は渋谷のクラシックスよ。
[PR]

by santarablog1 | 2010-03-27 11:31 | その他 | Comments(1)
Commented by Nori at 2010-03-28 15:26 x
わー、渋い&素敵な選曲ですねー
キョウコさんの、ニュアンスのある声(へんな表現でごめんなさい)で
その歌の世界がまた広がったのかな^^
ひとり歩きする歌ってありますよね。
それはその歌の力なんだろなぁ、などと思ったりして。
あと、風景の見える歌。
聴いてる人ごとに違う風景を見てるんだと思うんですけど。
サンタラにも、そんな歌がいっぱいありますー


<< まちぼうけ      今日は歌謡曲を歌います >>