サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 01日

充実した週末

春のイベント出演情報が出揃ってきました。
ぜひ遊びに来てください!
ちなみに京都は本日から電話のみの受付です。

フィギュアというスポーツは不思議なスポーツですね。
芸術的な表現力が不可欠な要素であるスポーツって
他になんかあるかな?
しかしキムヨナ選手はすごかった。
リンクに入ると別人のような顔になる。
それだけでもう他の選手と違ってた。

確定申告もやっと終わった。
週末は友達に誘われて東京ワンダーサイトへ。
楽器をファイターに見立てて
闘うアートパフォーマンスを観た。
言葉で説明するとわかりにくいけど
とても面白かった。
入場料が500円、時間は30分くらいという手軽さは素晴らしい。
どんな人が何をやるか全然知らなくても
時間もあるしちょっと寄っていこうかしら?
というような場所がもっと増えたらよいのにな、と思う。
なんでも芸術と呼んでしまえば
芸術になるわけですが
芸術を芸術だと感じられる
または芸術と呼ばれているけどくだらないものだと感じられる
そういう自分なりのセンスを楽しめるようになるには
いっぱい観たり聴いたり触ったりしないとね。
b0113844_20135064.jpg

そのまま神保町の喫茶店でビール。
幸せー。
[PR]

by santarablog1 | 2010-03-01 20:15 | その他 | Comments(2)
Commented by ほうろう at 2010-03-02 02:57 x
確かにフィギュアスケートは芸術的ですね。どの選手も自分の個性を表現していて、感動しました♪
ところで、写真に写ってる中南米音楽ってのが気になるー。キョウコさんは中南米音楽もお好き?(*^^*)
ではまた
Commented by Nori at 2010-03-03 20:47 x
キム選手は確かにすごいですよねー。
技術も、メンタルも、もう感嘆、っていう感じ。
でも、どちらのプログラムに心を揺さぶられるかというと、
私は浅田選手です。
日本人の身びいきも入ってるかもしれませんが。
スパイラルシーケンスとツイズルのところは、
何回観ても涙が出てきます。
曲も、生オーケストラ一発録りの迫力。
それに負けていない浅田選手。
浅田選手以外も、日本人選手全員、メダルと入賞ですもん、
がんばりましたよねー


<< 春の活動解説      数日前から異常にばってらが食べ... >>