2009年 10月 01日

秋の雨と心のうちを暴露

本日は復帰後初で赤ジョニーとおでかけ。
雨が降っているのに革靴かい?と思う方もいるかもしれない。
大丈夫、ウエスタンの革は強いぜ。
カウボーイが履いてるぐらいだぜ。
しかし滑るぜ。それはもうコンバースぐらい滑るぜ。
よく考えたらカウボーイのいる場所は
雨があんまり降らないぜ。

久しぶりに生歌を聴きに行った。
とてもよかった。
歌は思想だ。
楽器だって本当はそうなんだけど
歌は言葉をともなうから思想が伝わりやすい。
だから自分で歌を作って歌う人はすごい勇気と覚悟を持って
歌っている。
それが私にとって普通過ぎて忘れていたのだけど
思い出させてもらった。
そして個人の思想からとき放たれた
人の作った歌を歌う喜び!
責任のない、いや、責任はあるけども遊べる領域というかね、
役者になりきれる嬉しさというかね。
それも確かにある。大胆になれる部分もある。
そういうのもやりたくて
密会マニアとかCLUB BASEMENTをやってるんだ。
どっちも楽しんでもらえると嬉しい。
それが我々ピエロの喜びであるから。
今日はピエロの心の舞台裏を暴露してしまった。
[PR]

by santarablog1 | 2009-10-01 00:03 | その他 | Comments(2)
Commented by ほうろう(ゆきぞう改め) at 2009-10-01 00:54 x
ああ、サンタラ初心者には「密会マニア」って名称がちょっと怖かったのですが、がぜん観たくなりました!10月のCLUB BASEMENTは帰省で行けないけど、密会マニアは観光がてら観に行こうかなぁ~。晩秋の京都は、寂しすぎてチョンガーのあっしの心情にはぴったりだしなぁ~(^^;
ではまた
Commented by うにょろ at 2009-10-03 06:24 x
好きなものを好きというには、それなりの覚悟と責任がのしかかる
~ とある方のうけうり

うたうたいのみなさまには いつも心うたれます


<< みんないびつな子供だった      赤ジョニー復活 >>