サンタラ・田村キョウコの続・失言注意報が出ています

kyoko724.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 17日

旅立ち前日にして赤ジョニーお見積り

君と出会ったのは、もう8年前の春だ赤ジョニー。
長髪のカウボーイ風店員がいる専門店、
メンズ用ブーツが売り場のほとんどを占めている
その一番奥の棚。
真っ赤な薔薇やイーグル、星条旗、バッファローといった飾りのある
冗談みたいに派手なブーツにまじって
君は静かにおれを待っていたのだった。

最初の数ヶ月、君はなかなかに手強かったね。
足首の曲がりにくさには辟易したものだったよ。
「アトムの履いてるブーツってこんなのかしら?
素材は多分メタルよね、固そうだものね、あ、アトム自身も素材はメタル。
履いてるっていうよりあれも含め足なのかしら?
だから脱げないんじゃない?それはつらいなぁ。パンツも多分メタル。」
とアトムに対してあらぬシンパシーを抱いたこともあった。

わかり合いたい。
その一心で履き続けて数ヶ月、
気づけば君はスニーカーより頼りになる相棒となっていた。
私はすっかり君たち西部の荒くれ者ファンとなり
初代黒ジョニーをも仲間に迎え、おれは思った。
もう他の靴はいらない。

それから8年経た赤ジョニー。
経年、過酷な旅、ステージ、千鳥足、盛り場での喧嘩、などなど
彼が傷むのも無理はない。
当初彼は入院を拒んだね。
「おれは本望だ、最後にせめて夏のツアーへ行きたい。路上で死なせてくれ。」
「何を言うんだ、赤ジョニー。頼む。医者へ行ってほしいんだ。
おれをひとりにしないでくれ!」
「おれは西部いちの荒くれものよ。よって国民健康保険に加入していないんだ。
ソール全取替えにかかる費用ははんぱじゃねぇ。この老いぼれに金を使うのはよすんだ。」
「赤ジョニー、見てくれ。この度のツアーグッズ、
るいちゃんデザインのティーシャーツだ。このモデルとなったのは
誰あろう・・・お前さんなんだぜ。」
拒む赤ジョニーと一晩やりあった。
b0113844_1648190.jpg

そして彼は今日修理お見積もりに出され
「4万2千円です。」という靴屋の笑顔に
あぜんとしたおれであった。
赤ジョニー、君本体より若干高いぜ。
なぜ国民健康保険に加入してなかったのだ?
一週間後、東京へいったん帰ってきたら
入院だからな!

金曜朝はアニキとランデブー。大阪の皆さん聴いてね。
メッセージも待ってます。
[PR]

by santarablog1 | 2009-06-17 16:45 | その他 | Comments(6)
Commented by ffffffred000 at 2009-06-17 16:51
訪問です。

良かったら私のブログに来てくださいね!

仲良くしてください。

これから、ちょこちょこ遊びにきます!よろしくです<m(__)m>
Commented by みとも at 2009-06-18 04:48 x

いやあいい話だわな。

Commented by WAQ at 2009-06-18 09:12 x
ぐはッ!?
た、高いっスね…
以前、僕がトレッキングブーツのソールを張り替えた時は、1枚で済みましたが…

まあ、初代黒ジョニーのように、手の施しようがないってんじゃないだけ良しとしますか。

そして大阪ッ!!
楽しみにしてましたぜ!!
Commented by hirari at 2009-06-18 09:24 x
あははは~~~~!天才!
Commented by ラムネーゼ2号 at 2009-06-18 18:37 x
私は某スポーツメーカーの赤い長靴が5年持ったのが最高でした 負けました。だって水が染みてきてしまってシモヤケになりそうだったですもん
私は入院させることは思いつきませんでした
Commented by リョク at 2009-06-18 23:02 x
赤ジョニー愛されてるなぁ!!
にしても治療費高っ!!
日頃から検診とか受けてるとよかったかもしれませんね・・・(笑)


<< 愛されることなんて簡単です      アニキのおかげ >>