2009年 02月 03日

長老はサービス精神旺盛

昨日はうちのじいちゃんの92歳の誕生日だった。
まだ92かよ、と思う。
じいちゃんはここ数年自分の年齢を「数え」で計算するようになった。
だから当分前から92だって言ってる気がする。
人間、90前後まで長生きすると逆にサバを読み始めるよ。

母の携帯にじいちゃん宛のメールを送った。
おめでとう、もっと長生きしてください。
といったようなまぁありふれたメッセージです。
しばらくして返信あり。

「ぁりがとぅございます。百までいきます。」

母の携帯操作の稚拙さもあいまってかなり笑える。

そういえば、今年は正月に親戚一同が集まる宴の席。
毎年恒例のじいちゃん乾杯の音頭は
事前にうちの妹に仕込まれた通りびしっと決めたらしい。
「えー、それではー今年もみんな元気でーがんばりましょう!
 るねっさぁーんす!!」
[PR]

by santarablog1 | 2009-02-03 22:53 | その他 | Comments(3)
Commented by チャコ at 2009-02-04 09:46 x
キュートなおじいちゃん、お誕生日おめでとうございます!

私も、祖父が92才、祖母が96才まで長生きしたので
歳の数え方が適当になってくることわかります。(笑)

でも祖父はだんだんとぼけて可愛くなってくるのに
祖母は最後までしっかりと辛辣なこと言ってた事を思うと
女性の強さはいつまでも。。って言う感じです。
Commented by ゆきんこ at 2009-02-05 23:38 x
年寄りって90歳近くなるころから歳のかさが自慢になるらしいです
近所のおばあちゃんは94辺りから毎年あと一年で100やって会う度に言っていました
そして念願の白寿の祝いの段となったころ 良い具合に物忘れが多くなり 「わしゃまだ92じゃ」と白い帽子は被りませんでした。来年の百歳のお祝いが楽しみでございます。
Commented by at 2009-02-06 01:30 x
ひらがなのるねっさぁーんすが場を想像できてすごく面白いです。居合わせたかったー。


<< 明日の準備!      むじゃキング砂田観察 >>